“アレ、ブレ、ボケ”と形容される独自の表現で、写真界に衝撃を与え、また世界的に高い評価を獲得してきた写真家・森山大道。彼が「なくてはならないもの」だと語る『記録』にフォーカスした展覧会が開催中だ

BY MASANOBU MATSUMOTO

森山大道『記録』|AKIO NAGASAWA GALLERY GINZA / AOYAMA

 写真家・森山大道が「電気、水道、ガスと同じで、なくてはならないもの」と語る一連のプロジェクトがある。1972年に森山が創刊した私家版写真誌『記録』だ。曰く「日常で撮ったものをすぐに焼いて、近くの⼈たちに⼿渡しで⾒せるという最⼩限のメディア」を模索するなかではじめた写真誌で、特徴は、写真集のように撮り溜めたものを選び、まとめ上げるのではなく、撮ったものを片っ端から恣意的にプリントし、すべて1冊のなかに入れてしまうスタイル。73年にオイルショックの煽りを受けて休刊を余儀なくされるが、2006年に復刊し、以降、現在も継続的に発行されてきた、森山のライフワークでもある。

画像: 『記録』の表紙。長年、森山の仕事を支えきたAKIO NAGASAWA GALLERYの長澤章生が声をかけたのをきっかけに2006年に復刊。現在、第50号までが出版されている COURTESY OF AKIO NAGASAWA GALLERY

『記録』の表紙。長年、森山の仕事を支えきたAKIO NAGASAWA GALLERYの長澤章生が声をかけたのをきっかけに2006年に復刊。現在、第50号までが出版されている
COURTESY OF AKIO NAGASAWA GALLERY

 街に出て、歩き、見て、撮る。その繰り返しーー自身が“シンプルな日々”と語る毎日のなかで、世界に衝撃を与えるスナップ写真を生み出してきた森山。たびたび彼はこの『記録』について、カメラマンとしての「ライフライン」「根拠地」と語ってきた。仕事の撮影に追われる日々に押し流されそうな危機感を覚えたとき、制約もなく、自由で直感的に写真(あるいは日常)に向き合える『記録』が、「気持ちの大きな支え」として存在し、自分自身を見つめ直すためのプロジェクトとしても機能していたということだ。見る側にとっても、それは森山の写真家としての生々しい直観、本当の日常のようなものを目の当たりにできる、他にはないシリーズだと言えるだろう。

 今年は、創刊から50年、偶然にも第50号がリリースされた『記録』の記念的な年。それを祝して、AKIO NAGASAWA GALLERYでは、銀座と青山の2つのペースで、それぞれ『記録』にフォーカスした展覧会が行われている。銀座のスペースでは、『記録』の50号ぶんの全カットをギャラリーの壁面全体にスライド形式でランダムに投影。それぞれのカットが撮影された時間や場所を超えて隣り合い、響き合い、写真誌とはまた違う『記録』のすがたを鑑賞者に体験させる。

画像1: AKIO NAGASAWA GALLERY GINZAでの展示風景 COURTESY OF AKIO NAGASAWA GALLERY

AKIO NAGASAWA GALLERY GINZAでの展示風景
COURTESY OF AKIO NAGASAWA GALLERY

画像2: AKIO NAGASAWA GALLERY GINZAでの展示風景 COURTESY OF AKIO NAGASAWA GALLERY

AKIO NAGASAWA GALLERY GINZAでの展示風景
COURTESY OF AKIO NAGASAWA GALLERY

 青山のスペースでは、『記録』の最新号である第50号に掲載されたカットを中心にプリント作品を展示。この第50号は、これまでの『記録』とは異なり、一人の女性を被写体にしたシリーズで、AKIO NAGASAWA GALLERY GINZAのスペースと周辺の銀座、有楽町のストリートが舞台になっている。

 以前、森山はいつものようにコンパクトカメラを片手に持ちながら「“なぜ同じような写真ばかり撮るのか”とよく聞かれるけれども、街は変わっているし、僕も変わっている。毎回、みんなこれまでとは違うんだよ」と話していた。次の第51号はまた街に出て、撮る予定だという。「きわめてシンプルな日々」ーーそうした50年のタイムスケールをもった写真のなかにある森山大道の本質が、この展覧会で感じ取れるはずだ。

画像: AKIO NAGASAWA GALLERY AOYAMAでの展示風景。どちらの会場でも、復刻版・愛蔵版を含め『記録』を販売する(在庫があるもののみ) COURTESY OF AKIO NAGASAWA GALLERY

AKIO NAGASAWA GALLERY AOYAMAでの展示風景。どちらの会場でも、復刻版・愛蔵版を含め『記録』を販売する(在庫があるもののみ)
COURTESY OF AKIO NAGASAWA GALLERY

森山大道『記録』
会期:~9月3日(土)
会場:AKIO NAGASAWA GALLERY GINZA
住所:東京都中央区銀座4-9-5 銀昭ビル6F
開廊時間:11:00~19:00(土曜のみ13:00〜14:00はクローズ)
休廊日:日・月曜、祝日
入場料:無料
電話:03-6264-3670
公式サイトはこちら

※東京・青山にあるAKIO NAGASAWA GALLERY AOYAMAでは『記録』の最新号である第50号からの作品を中心にプリントを展示。
会期:~8月6日(土)
会場:AKIO NAGASAWA GALLERY AOYAMA
住所:東京都港区南青山5-12-3 Noirビル 2F
開廊時間:11:00〜19:00(全日13:00〜14:00はクローズ)
休廊日:日〜水曜、祝日
入場料:無料
電話:03-6427-9611
公式サイトはこちら

※新型コロナウイルス感染予防に関する来館時の注意、最新情報は各施設の公式サイトを確認ください

T JAPAN webメルマガ会員限定!
Amazonギフト券1万円分プレゼント

応募する
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.