美容や健康だけでなく、社会と人とのつながりまでも変革する可能性を秘めたコスメにフォーカスする新連載。第1回は、環境と自然への意識の高まりから、この10年でより広い世代に浸透してきた「オーガニック化粧品」。次なるステージ、“効果実証つき”オーガニックの現状とは?

BY NAHO SASAKI, PHOTOGRAPHS BY SHINSUKE SATO

 オーガニックの化粧品を手にするとき、あなたはどんな基準で選んでいるだろうか。精油が奏でる香りのハーモニー? 自然素材らしさを感じる心地いいテクスチャー? いずれにしても、感覚や好みに頼るところが大きいのではないだろうか。

 ところが最近は、“エビデンス”――つまり、肌にどんな効果をもたらすかの科学的根拠を備えたオーガニックコスメティックが増えている。いわば「効果実証つき」のオーガニックだ。もう“気分だけ”とは言わせない、攻めのオーガニックコスメを厳選してピックアップ。感覚だけでなく、肌への確かな実感をもたらしてくれる先端オーガニックで、植物の底知れないパワーに開眼しよう。


画像: (左から) ヘマトコッカス藻の天然のルビー色も美しい枠練り石けん「エレメンタリー フェイスソープ」<約80g> ¥10,000 有用植物を効果的に配合した「エレメンタリー スキンローション」<125ml>¥18,000。ナチュラルで深みのある心地いい香りにやみつきになる人も

(左から)
ヘマトコッカス藻の天然のルビー色も美しい枠練り石けん「エレメンタリー フェイスソープ」<約80g> ¥10,000
有用植物を効果的に配合した「エレメンタリー スキンローション」<125ml>¥18,000。ナチュラルで深みのある心地いい香りにやみつきになる人も

 たとえば、昨秋デビューした新ブランドの「イトリン」。天然の植物からとられた精油ひとつひとつの香気成分がもつ“効果”や“機能”はアロマテラピーでも実証されてはいる。だが、化粧品という「完成品」がどう肌に作用するかを一品一品実証したのが、イトリンの新しさ。圧倒的にパワフルな精油の作用で、エイジング肌に結果を出せるオーガニックを追求しているのだ。

 リラックス効果のあるメリッサ精油、抗炎症にいいベチバー精油、収れん作用や保湿効果にすぐれた長崎のビワ葉エキスや夕張メロンの種子油などをキー成分として、効果を生み出す巧みなブレンドを編み出している。

問い合わせ先
ITRIM(イトリン)
フリーダイヤル: 0120ー151ー106
公式サイト

画像: 「エイジ ソリューションクリーム」<30g>¥9,600 高度なAGEs生成阻害効果もあわさって、黄ぐすみのない健康的なハリ肌へ

「エイジ ソリューションクリーム」<30g>¥9,600
高度なAGEs生成阻害効果もあわさって、黄ぐすみのない健康的なハリ肌へ

 美容界のみならず医学界でも話題の”糖化“に挑んだのは、本気のオーガニックに取り組むブランドとして人気の「アムリターラ」だ。酸化、光老化と並んで老化の三大要因とされる糖化は、体内で糖がたんぱく質と結び付いて変性し、「AGEs(糖化最終生成物)」が生まれる現象を指す。シワやたるみの元凶となるだけでなく、糖尿病や骨粗しょう症、脱毛など、全身老化への影響も懸念されている。

 アムリターラは、ニガヨモギやクロモジ、クマザサなど、糖の吸収やAGEs生成を抑制する25種の植物をクリームに配合。「エイジ ソリューションクリーム」は、4週間の使用で乾燥による小ジワが目立たなくなる効能が認められた。さらに内と外から糖化にストップをかけるべく、サプリメントも展開している。

問い合わせ先
アムリターラ
フリーダイヤル: 0120-980-092
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.