京都の北、昔ながらの住宅街に建つNISHINOYAMA HOUSE。妹島和世が設計したこの集合住宅には不思議なコミュニティが存在する。国籍も世代も家族構成も異なる住人たちのあいだで自然に育まれていった人々のつながりとは?

BY JUN ISHIDA, PHOTOGRAPHS BY GION

 京都の北、住宅街の細い道を上っていくとコンクリートとガラスが印象的な建物が現れる。「NISHINOYAMA HOUSE」(以下・西野山ハウス)と表示された建物は、建築家の妹島和世が設計した集合住宅だ。ここにはすべて間取りの異なる10棟の住居がある。

 私がこの集合住宅の存在を意識したのは、昨年、T JAPANの取材でSANAA(妹島和世と西沢立衛による建築ユニット)が手がけたコンサートホール「荘銀タクト鶴岡」を訪れたときだ。オープンを祝い開かれた妹島主催のディナーには、東京から2組のアート関係者が参加していた。話していると、「窓が開いていたから閉めておいたわよ」「次の週末はどうするの」といった家族のような会話が飛び交い、妹島もそこに参加する。このつながりはなんだろうと思っていると、彼らが西野山ハウスの住人であることがわかった。果たして西野山ハウスでは何が起きているのか? 興味を惹かれ、この建物とそこに住む人々を訪れた。

画像: 建築家・周防貴之の家のテラスで週末の昼食をともにする住人たち ほかの写真をみる

建築家・周防貴之の家のテラスで週末の昼食をともにする住人たち
ほかの写真をみる

 西野山ハウスが完成したのは2013年。妹島の建築事務所の元スタッフで、この集合住宅の設計に関わっていた周防貴之は、1年ほど前からここの住人となった。「自分が設計に関わった家に住むという機会はめったにありません。実際に住んでみるとどう思うのだろう、と考えて居住を決めました」という。

画像: 妹島和世建築設計事務所の元所員で、この建物の設計にも関わった建築家の周防貴之とアート関係の仕事に携わる妻の紗弥香。バスルームと書斎のスペースへはテラスからも入ることができる ほかの写真をみる

妹島和世建築設計事務所の元所員で、この建物の設計にも関わった建築家の周防貴之とアート関係の仕事に携わる妻の紗弥香。バスルームと書斎のスペースへはテラスからも入ることができる
ほかの写真をみる

画像: キッチン&リビングの奥にもテラスがある。床置きしているガラス棚と食器は、京都の骨董市で購入した ほかの写真をみる

キッチン&リビングの奥にもテラスがある。床置きしているガラス棚と食器は、京都の骨董市で購入した
ほかの写真をみる

画像: 玄関スペースにある棚は、居住者であるガラス作家の三嶋りつ惠がディスプレイ。ここでの住まい方をアドバイスしてくれる三嶋を、「Beauty先生」と紗弥香は呼ぶ ほかの写真をみる

玄関スペースにある棚は、居住者であるガラス作家の三嶋りつ惠がディスプレイ。ここでの住まい方をアドバイスしてくれる三嶋を、「Beauty先生」と紗弥香は呼ぶ
ほかの写真をみる

 妻の紗弥香とふたりで暮らす家は、各部屋がテラスでつながる4DKの住宅だ。四方がガラスとなった透明の家で暮らすことについて聞くと、「最初は胆力が必要でした。でも不思議と慣れてくるんです」と紗弥香が笑う。「ここは場所も機能も生活もシェアしている感じがします。もはや買い物に行く車もシェアするぐらい(笑)。住まい方もお互いにアドバイスしあうようになりました」。

 まるで昔の長屋を思わせる話だが、住人間のコミュニティが生まれることは、設計当初はここまで想像していなかったという。「設計段階では、建物のオーナーである長谷さんは京都の新しい集合住宅を考えてほしいということでした。漠然と、住み手同士のつながりができればというイメージはありましたが、住んでみると想定以上に有機的なコミュニティができあがっていて、逆に驚いています」と周防は語る。

 

This article is a sponsored article by
''.