アメリカと日本を行き来しながら、各地で都市的建築物を手がける建築家の重松象平。コロナ禍を受け、新たな都市づくりが議論される中で、重松が考察するこれからの都市と建築の可能性とは?

BY KEI WAKABAYASHI, PHOTOGRAPHS BY YASUYUKI TAKAGI, EDITED BY JUN ISHIDA

「頼まれていない空間をつくる」。そんな言葉を建築家の重松象平はインタビュー中に何度か口にした。それは、今、建築家の仕事に課せられている困難を、的確に指し示した言葉のように思える。その根底には、重要だけれども見すごされがちな認識がある。

 重松は、「Office for Metropolitan Architecture」という名称にも表れているように、世界各地で都市的建築物を手がける建築事務所OMAのNY事務所を率いる。コロナ禍の中、拠点とするニューヨークを離れ、東京に長期滞在せざるを得なくなった重松は、ポスト・コロナの都市と建築のありようが盛んに議論される状況に、やや辟易(へきえき)としながら次のように語った。「そもそも都市と建築は対極にあったと思いませんか? 建築に比べて都市にはコントロールできない自由度があったはずなんです」

画像: 重松象平(SHOHEI SHIGEMATSU) 1973年福岡県生まれ。OMA(Office for Metropolitan Architecture)パートナーおよびNY事務所代表。1998年OMA入所、2006年NY事務所代表に就任。2008年よりパートナーとなる。担当した主なプロジェクトに中国中央電視台新社屋、コーネル大学建築芸術学部新校舎など。写真は、内装デザインを手がけた「森ビルアーバンラボ」にて。都市と東京の未来を考えるための森ビルの研究施設で、巨大な都市模型が設置されている

重松象平(SHOHEI SHIGEMATSU)
1973年福岡県生まれ。OMA(Office for Metropolitan Architecture)パートナーおよびNY事務所代表。1998年OMA入所、2006年NY事務所代表に就任。2008年よりパートナーとなる。担当した主なプロジェクトに中国中央電視台新社屋、コーネル大学建築芸術学部新校舎など。写真は、内装デザインを手がけた「森ビルアーバンラボ」にて。都市と東京の未来を考えるための森ビルの研究施設で、巨大な都市模型が設置されている

 言われてみれば、「都市づくり」という言葉が聞かれるようになったのはいつ頃からなのだろうか。都市開発と建築の設計は、いつからかニアリーイコールなものとなり、建築をつくる作法でもって「都市」をつくることは可能であるとする考え方が、いつの間にか当たり前のものとなった。そして、自分も含め世間の多くは、そのことをあまり深く考えることはなかった。「今の建築は、高度な市場経済を反映して効率至上主義に陥っているといえます。結果、各プログラムの精度(註:用途から決まってくる必要面積や高さなどのプログラムの諸条件)が上がりすぎて設計の自由度が低くなっている。言い換えると建築空間の多様性が失われてきているわけです。建築単体では百歩譲って仕方なくそれを受け入れるとしても、都市は常にその対極となる大きな受け皿として自由度が高いことが魅力でした。でも残念ながら今の都市は、同じような内容の開発や、AI、ビッグデータ、自動運転などで制御過多になってきていると思うのです」

 計画主義とでもいうべきものの隘路(あいろ)が、ここにはある。すべては計画可能で、プログラマブルであるという考え方は、20世紀的なアイデアとして反省、再考されていたはずだが、デジタルテクノロジーの普及は別のかたちで、計画主義を甦らせているのかもしれない。もちろん建築は、アプリを扱うようにはつくれない。建築は制作のタイムスパンが長く、一度最終案が決まってからは修正を加えていくようなこともできない。「計画」は不可避である。そうした計画性を「都市」というものに適用すること自体が本当に可能なのかは、一考すべき余地がある。

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.