かつてないリアルな“没入感”で人々の心を奪うバーチャル・リアリティー。その世界を強大な力でリードするのがアダルト・コンテンツだ。日々進化する技術を背景に、その存在は人間関係の根幹までも変えようとしている

BY ALYSON KRUEGER, PHOTOGRAPHS BY GRAHAM WALZER, TRANSLATED BY G. KAZUO PEÑA

 2014年が明けて間もなく、31歳のポルノ女優であるエラ・ダーリングは、初めてVR(バーチャル・リアリティー)用の撮影をすることになった。舞台はメリーランド大学の学生寮の部屋、衣装は映画『スター・ウォーズ』のR2-D2風の水着と、スポーツ用のハイソックスだ。木製のデスクの隣に置かれたツイン・ベッドに座り、生身の人間に話しかけるようにカメラに向かって話しかける。台本はなく、ほかの出演者もいない。

画像: リアルボティクス社のVRラボで作業中のマット・マクマレン

リアルボティクス社のVRラボで作業中のマット・マクマレン

 22歳からポルノ作品に参加しているダーリングは、この仕事と真剣に向き合ってきた。視聴者には、身も心も自分と繋がっていると感じてもらうというのが、彼女の仕事上のポリシーだ。そのためにはあらゆる方法を試してきた。ボンデージ・フェティシズムの役を演じたり、女性同士の電気プレイ(いわゆる「エレクトロセックス」)をしたり、生真面目そうな不動産業者に扮したこともあった。だが、どんなにファンを誘惑し魅了しようとしても、ダーリングと彼らのあいだにはスクリーンという壁があることには変わりはなく、のぞき趣味の域から脱することはなかった。

 ところが今回は違っていた。VRでは多くのカメラを用い、同じシーンを何百ものレンズで捉える。その映像を編集でつなぎ合わせると、視聴者は180〜240度の視野で室内を見ながら、その行為に自分が参加している気分を味わうことができるのだ。録画を見た瞬間、ダーリングはVRが自身の仕事とアダルト業界に著しい変化をもたらすと確信した。

「誰もが、ベッドルームで、夢中になっている相手と一緒にいる気分になれる。その“体験”のただ中にいることができるのよ」

画像: エラ・ダーリング PHOTOGRAPH BY MOLLY MATALON

エラ・ダーリング
PHOTOGRAPH BY MOLLY MATALON

 VRポルノというとSF映画に出てくるもののように思うかもしれないが、アンダーグラウンドではすでに強大な存在となっている。アダルト動画配信サイト「ポーンハブ」によると、2016年の夏に配信を開始して以来、VRポルノの再生回数は2.75倍に増加。同サイトの一日あたりの平均再生回数は50万回前後(2017年10月現在)で、2016年のクリスマスには90万回をマークした。

 米国の投資銀行のパイパー・ジェフレー社の推定によると、2025年までには、VRのコンテンツ市場においてポルノ分野は三番目に大きなカテゴリになるという。同社は、VRゲームとNFL(アメリカン・フットボール・リーグ)関連に次ぐ10億ドルの市場規模になると予測している。

「VRポルノのコンテンツは日々増加しています」と言うのは、この業界に属する「AVNメディア・ネットワーク」のシニア・エディターであるマーク・カーンズだ。「VRの技術革新を牽引しているのは、私たちアダルト業界です。セックス・コンテンツはお金になる。そしてお金になるビジネスがあれば、そこで儲けようとする起業家は必ず現れますからね」。無料でコンテンツを公開し、クリック数を稼ごうとするサイトもすでに存在している。

 最初に印刷機の発明を促したのも、インターネットやネット決済システムや、その他のテクノロジーの発達に拍車をかけたのも、いずれもポルノだった。次はバーチャル・リアリティーだとカーンズは言う。「いずれ、ふつうのVRコンテンツよりVRポルノのコンテンツのほうが多くなると言ってまず間違いないでしょう」

 

This article is a sponsored article by
''.