新型コロナウイルスの出現とともに、私たちを取り巻く社会は一変。ウイルスとの共生が求められるなか、私たちの日常はどのようなものになってゆくのか。先の見えない世界を生きてゆくヒントを、さまざまな分野で活躍する識者の方たちが一冊の本を通じて語る

BY JUN ISHIDA

  第2回は、映画監督、安藤桃子さんが登場。現在、拠点とする高知で出会ったという東城百合子さんの『家庭でできる自然療法』を取り上げます

生とし生けるものの生命の再発見

 新型コロナウィルスに向き合ってみて気づいたのは、自分の根っこに触れるということでした。今回、本を選ぶにあたり、ならばいっそ振り切ってしまおうと東城百合子先生の『家庭でできる自然療法』をご紹介します。この本は、ずっと日常に寄り添ってきてくれた一冊で、一家に一冊あっても良いのではと思うほどです。コロナ禍の中で、スーパースターが自宅からインスタグラムのライブ中継をしたり、一方でSNS上での誹謗中傷が原因で命を亡くした方もいました。両方の出来事から私が感じたのは、本当の自分というものに出会い、持って生まれた姿で生きていくことが、これから先にあるのかなと。そして、何より大切な「命」を感じられるのが、この本です。

 健康に生きたいのは、誰もの願いですが、願いのようでなく、心のように成るのも自然の成り行き。自然のいのちを大切に、身近な日々の食物、薬草などをはじめ、海の幸山の幸で早めに無理なく、生命力を強めることこそ大事な事と私は体験を通して思うのです。
(東城百合子『家庭でできる自然療法』より)

画像: 『家庭でできる自然療法』 東城百合子 著 ¥1,600/あなたと健康社 PHOTOGRAPH BY YUMI HOSOYA

『家庭でできる自然療法』
東城百合子 著
¥1,600/あなたと健康社
PHOTOGRAPH BY YUMI HOSOYA

 初めて読んだのは7~8年前に高知に移住した頃でした。東京では本に紹介されているような植物になかなか出会えませんが、高知には野草を用いた民間療法が根付いていて、街中で転んで膝をすりむいた子供に、通りかかったおばあちゃんが「よもぎを擦り込んどきな」と渡す場面にも出会ったことがあります。コンビニに行って消毒液と絆創膏を買ってではないことに、すごく衝撃を受けました。高知には山間部が約83%残っています。そこら辺に生えている野草が食卓に並ぶことも日常で、そうすると子供もその薬効を知って育ちます。よく遊びにゆく家にこの本が置かれていて、どんな本かとたずねると、「子育てにこれがあると安心だよ!」と言われて読み始めました。

 映画監督の資質として、なんでもやってみたい、自分の体で実験したいというのがあって、小さい頃から田んぼがあれば飛び込むし、虫がいたら口に入れてみました(笑)。怪我をすることもありましたが、それで本能が磨かれることもあるし、体験したことから生まれる表現は真似ではない自分のものになります。この本に書いてあることにも「エーッ!」と驚いたので、まずは自分で試してみました。そうしたら、びっくりするほど効く(笑)。もちろん個人差もあると思います。子育てで悩んだ時に、今の情報社会では調べれば調べるほど様々な説が出てきます。ありとあらゆる情報を360度すべてきちっと見て聞いて読んで、その中で自分が一番違和感なく素直に受け入れられることを選ぶのが大事だと思っています。高知ではこの本に書かれていることが最も実践しやすかった。『自然療法』の読み方はいろいろあると思いますが、医学的な情報として紹介したいわけではありません。私がすごく感動したのは、読んで「楽しい」ということで、この本を読むことで、世界の見え方が変わりました。身体と自然は直結していて、必要なところには必要なものがきちんと組み合わさり、この地球は作られているということが理解できるのです。

封印を解いて書き進めた物語

 今年は1月から高知で集中的に自分の作家活動をしていました。去年10月に「カーニバル00 in 高知」を開催する前から翌年はどうするかを考えはじめて、2020年の前半は執筆活動をすると決めていました。ここ二年くらい、今思うと自分自身のクリエイティブな時間や作業を我慢していたんですよね。外へ外へというのが増えていました。これまで自分で小説を書き映画にするという流れでやってきましたが、書き始めて放っておいたものを、去年やっとやれそうだなと思えたんです。カーニバルを終えたら内面に向けて漕ぐぞ! みたいな。

  緊急事態宣言の期間中は、全く外に出ませんでした。免疫を上げるにはまず身体の掃除をと思い、四日間断食をして、それから家もデトックスしようと思って、掃除、掃除、掃除、掃除で。そうしたら気持ちも含めてどんどん元気になりました。家や身体の掃除をすると汚れが剥がれ落ちて、蓋をしてきたいろいろなことを思い出すんですよね。本当の心と向き合う時間が始まりました。

 今、書いている小説は出産直後に書き始めたものです。書けないのに振り絞って書いて、もう二度と見たくない、向き合いたくないと思って封印していたのですが、もう一度引っ張り出して、手術というか治療してあげたかった。東京と大自然の両方を通して「母性」を描いています。コロナ禍の最中に書きましたが、一時間おきに変化してゆく状況をニュースで見ながらも、不思議なことに小説の内容には全く影響しませんでした。それ自体が大きな発見でしたね。やはり、生命という普遍を描いていたからだといます。

画像: 安藤桃子(MOMOKO ANDO) 1982年東京都生まれ。2010年『カケラ』で監督・脚本デビュー。翌年、初の長編小説『0.5ミリ』を出版し、2013年に映画化。報知映画賞作品賞など多数の賞を受賞。2014年より高知に移住し、映画館「ウィークエンドキネマM」の代表および「表現集団・桃子塾」塾長を務める。最新作はオムニバスのショートフィルム『アエイオウ』(2018年)。また、子どもたちの輝く未来を共に描くチーム「わっしょい!」のリーダーも務めている COURTESY OF MOMOKO ANDO

安藤桃子(MOMOKO ANDO)
1982年東京都生まれ。2010年『カケラ』で監督・脚本デビュー。翌年、初の長編小説『0.5ミリ』を出版し、2013年に映画化。報知映画賞作品賞など多数の賞を受賞。2014年より高知に移住し、映画館「ウィークエンドキネマM」の代表および「表現集団・桃子塾」塾長を務める。最新作はオムニバスのショートフィルム『アエイオウ』(2018年)。また、子どもたちの輝く未来を共に描くチーム「わっしょい!」のリーダーも務めている
COURTESY OF MOMOKO ANDO

コロナ禍で生まれた地球人という意識

 コロナ禍が私たちに見せたことからまず言えるのは、もう以前に戻ることはないということです。もうすでに、私たちはひとつのボーダーを超え“た”。高知に移住した理由の一つでもありますが、私たちは本当はこうじゃないのにと心の奥底で不自然に感じていることを、「こうあるべきだ」と、自分に思い込ませて生きてきたわけです。そうした歪みや違和感を、一気に叩きつけられた。そうして芽生えたのは、蛹が蝶になるように新しい姿に「再生」することだと思います。コロナ禍は、どんな生き物でも共通して真ん中に鎮座しているのは命だという、大切な私たちの中心を思い出させてくれました。これからは、社会、文化、全ての分野が、命を中心とした本来の姿に戻ると思います。命がなければ、経済も文化もありませんから。まず命があり、そして経済という順番になって初めて、本当に必要なところに、必要な人に、経済がきれいに回ってゆくのではないでしょうか。  

 私たち一人一人に存在意義があり、すべての命が呼応し合って循環が生まれます。そしてこのことがコロナ禍によって可視化されたともいえる。日本は、一人一人の自粛という、個人の意識が連鎖してコロナ禍を収束させることに挑戦しました。この世界は私たち一人一人の意識の繋がり、集合体であることに気付くきっかけにもなったと思います。コロナ禍は瞬時に、世界を繋げました。地球全体を一挙に巻き込んだ。それが今までのウイルスとは異なる点です。ここで生まれた新しい意識、「丸ごと地球」という意識が、一般的になりつつあるというのは、大きな変化だと思っています。よく「俯瞰で見る」と言いますが、太陽系の中の地球というお母さんの船に乗せてもらっているのですから、人種差別をしている場合でも、どの国がと言っている場合でもなくて、地球人として、これから私たちがいかに命を大切に、育んでいけるかを、子供たちのまなざしの先を描いてゆきたいですね。

 

This article is a sponsored article by
''.