笹生優花(さそうゆうか)

2001年生まれ、フィリピン出身。日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれた。父の影響で8歳からゴルフを始め、14歳の時にフィリピン女子ツアーで優勝。18年「アジア大会」ゴルフ競技の女子個人で金メダルを獲得。18、19年「フィリピン女子オープン」を連覇。19年、日本女子プロゴルフ協会のプロテストに合格。20年「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」でツアー初優勝。21年「全米女子オープン」では、畑岡奈紗とのプレーオフを制して、同大会史上最年少の19歳351日でメジャー初制覇。同年東京オリンピックではフィリピン代表として9位。両国の国籍を持っていたが、オリンピック後に日本国籍を選択。

PHOTOGRAPH BY MASANORI AKAO
記事本文に戻る

FEATURE

人気記事

手しごと案内人・樺澤貴子の日本のローカルトレジャーを探す旅 生き方がスタイルになる。素敵を更新しつづけるひと 我、装う。ゆえに我あり。栗山愛以、モードの告白 京都人・天野準子の「これ、おいしいから食べよし」 パリのパティシエ 長江桂子さんにお菓子を習う 男たちのおやつ事情「おやじのおやつ」
LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Design&Luxury

June 1, 2024

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.