柔らかな曲線、花びらや羽根の軽やかさ、宝石の輝きを最大限引き出す精緻なセッティング。熟練の手業でしか成しえない、究極の美がここにある

PHOTOGRAPHS BY MASANORI AKAO, STYLED BY MINAKO KOGURE, EDITED BY HIROKO NARUSE

舞踏会のドレスのように

メゾンの祖であるムッシュディオールの、色彩への飽くなき情熱。その斬新な色調の組み合わせを、シルクから色石に置き換えて表現したリング。4.32ctのクッションカットのエメラルドを中心に、ペアシェイプ、マーキーズ、オーバルなどさまざまなカットの計6.91ctのダイヤモンドと、計2.81ctのパライバタイプトルマリン、計5.29ctのサファイア、計1.55ctのエメラルドが立体的にセットされている。この美しさを支えるのは、多様なカットの宝石を、六角形のなめらかなドーム型に収めた見事なセッティング技術。台座の裏側にはゴールドでレース模様を描き出した。まるでドレスのライニングのように、見えない部分にまで職人の手による繊細な技を惜しまない姿勢が、この途方もなく華麗なリングを生み出した。

画像1: その美には、匠の技が宿る

「シェール ディオール」
リング<WG、ダイヤモンド、エメラルド、サファイア、パライバタイプトルマリン>
¥58,000,000
クリスチャン ディオール(ディオール ファイン ジュエリー)
フリーダイヤル: 0120-02-1947

シルバーボウル ¥1,090,000
髙會堂六本木(フェデリーコ・ブチェラッティ)
TEL. 03(3405)7131
シルバーポット¥45,000
ザ・ペニーワイズ
TEL. 03(3441)1351

 

This article is a sponsored article by
''.