アレクシィ・ファブリ(左)とシャルロット・マコー・ペレルマン

10代からの友人のふたりは、2014年にエルメスに加わり、メゾン部門を管轄している。去年のミラノサローネ国際家具見本市では、モロッコ製のタイルで色分けされた7つの展示室を製作。イラストレーター、ジャンパオロ・パニによるタングラム風デザインの漆塗りの箱のほか、多彩なオブジェを展示した。彼らのアトリエはパンタンにあるが、ベトナムや日本をはじめ世界各地へよく旅に出る。
「エルメスには機能性を重視する伝統がある。でも同時にとことんデコラティブだ。両者の間にある緊張感が美しい。このメゾンの研ぎ澄まされた技術と温かい雰囲気についても同様だね」とファブリ。「私たちの夢? バーキンみたいなアイコンを生みだすことね」とマコー・ペレルマン
PHOTOGRAPH BY OLIVER METZGER
記事本文に戻る

T JAPAN webメルマガ会員限定!
Amazonギフト券1万円分プレゼント

応募する

人気記事

FEATURE

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Design&Luxury

June 1, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.