32歳ながら、これまで出演した映画は数知れず。朴訥(ぼくとつ)な青年から狂気を纏った犯罪者まで、あらゆる役柄が彼にかかると驚くほどのリアリティを帯びる。俳優、柄本 佑が八着八様の“コートの男”を演じる

MODEL BY TASUKU EMOTO, PHOTOGRAPHS BY PHOTOMAKER, STYLED BY KEITA IZUKA, HAIR & MAKEUP BY KANAKO HOSHINO, EDITED BY KAI TOKUHARA

 最新のコートを着こなすのは、俳優の柄本 佑。まるで映画の役を演じるように、ひとつひとつのスタイリングからまったく異なるキャラクターが立ち上がる。スペシャルなファッションシューティングと、近況を語ったインタビューをお届けする。

画像1: 俳優、柄本 佑
“コートの男”を演じる

 上質なウールカシミアのチェスターフィールドコートは、端正な仕立てにハンティングのディテールを想起させる胸元のポケットで遊びを効かせた。レトロスポーティなハーフジップスウェットやフロントポケットが目を引くデニムパンツでストリートライクに。

コート¥444,000、スウェット¥152,000、パンツ¥152,000、靴¥119,000
ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)
フリーダイヤル:0120-00-1854

画像2: 俳優、柄本 佑
“コートの男”を演じる

 身体をすっぽり覆うボリュームシルエットが時代性にマッチしたダウンブルゾン。エポレットや4つのフラップポケットなど、アウトドアに寄りすぎないミリタリー調のデザインも都会での汎用性を高めている。スクエア型ポーチでウエストマークし、ユーモアのある大人像を体現。

ダウンブルゾン¥196,000、パンツ¥52,000、ウエストポーチ¥75,000、靴¥98,000
ドリス ヴァン ノッテン
TEL.03(6820)8104

画像3: 俳優、柄本 佑
“コートの男”を演じる

 はっとさせる印象深さがありつつも、どこか品性を備えたワインレッドがエルメスらしいステンカラーコート。シャイニーな素材は防水性のあるポリエステルで、レインコートとしても着用できる。シックなトーンに落ち着きがちな冬だからこそ、ワードローブの主軸であるコートに素材や色使いのニュアンスを。

コート¥532,000、パンツ¥147,000、靴¥164,000
エルメスジャポン(エルメス)
TEL.03(3569)3300

画像4: 俳優、柄本 佑
“コートの男”を演じる

 ダイヤモンドキルティングのダウンジャケットを同ファブリックのスカーフとともに。カジュアルだが、このブランドらしいミニマルなルックスが大人然としたムードを演出。ジャケットのフロントボタンが2列になっており、好みのフィッティングに調節することもできる。

ダウンジャケット¥198,000、ダウンスカーフ¥46,000、パンツ¥82,000
ジルサンダージャパン(ジル サンダー+)
フリーダイヤル:0120-919-256

 

This article is a sponsored article by
''.