アートとワインのマリアージュを体感する、ワイン好きのための新名所が銀座に誕生

BY KIMIKO ANZAI

画像: ワインと深いつながりのある「アート」がギャラリーのように展示されたアプローチ

ワインと深いつながりのある「アート」がギャラリーのように展示されたアプローチ

 だが、驚くのは、実はここから。エントランスから店内に至るアプローチには、フランスのシャトー以外では世界初となる「ムートン・ギャラリー」が配され、訪れる人の目を楽しませてくれる。展示されているのは、ピカソ、アンディ・ウォーホル、キース・へリング、リー・ウーファンといったこれまで『シャトー・ムートン・ロスチャイルド』のラベルを飾ったアーティストのリトグラフで、バロン・フィリップ・ロスチャイルド社の特別な協力によって実現したものだという。

画像: 『シャトー・ムートン・ロスチャイルド』の芸術的なラベルが並ぶさまは、まさにワイン・ミュージアム

『シャトー・ムートン・ロスチャイルド』の芸術的なラベルが並ぶさまは、まさにワイン・ミュージアム

 “見る楽しみ”だけでなく、「実際に『シャトー・ムートン・ロスチャイルド』を購入したい」という人は、ぜひ奥のウォークイン・セラーの“ザ・ワイン・ライブラリー”へ。ここには、バルテュス、シャガールのボトルがずらりと並び、まさにワインファン垂涎の光景に出会える。『シャトー・ムートン・ロスチャイルド』を扱うショップは多いが、これだけの品揃えは「ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店だからこそ」といっても過言ではないだろう。

 

This article is a sponsored article by
''.