効率よりも品質重視。目の届くなかで手塩にかけてよいものを――。東京の地で、周囲と手を携え、日々の糧を生み出す5人の農業生産者へのインタビューを前・後編でお届けする

BY MIKA KITAMURA, PHOTOGRAPHS BY YUKO CHIBA

都心の住宅地で、無農薬無肥料で
バラや果実を育て、蜂蜜を作る「宍戸園」

 世田谷の成城近くにある「宍戸園」の宍戸健晃は、12代目の園主だ。機械工学を専攻し、産業ロボットの設計エンジニアだったが激務がたたり体を壊し、農家を継いだのは20年ほど前。古くは米や野菜の農家で、家畜も飼っていたが、近隣からの苦情もあり方向転換を余儀なくされた。宍戸は自然農法を勉強してブルーベリー栽培を手がけ、受粉率を上げるために蜜蜂を飼い始めた。ダマスクローズ栽培も始め、今や農園の主要農産物に成長した。

画像: 高貴な香りのダマスクローズ

高貴な香りのダマスクローズ

 5月になると、農園は甘やかな香りに包まれる。可憐なピンク色の花の合間を蜂が飛び、蝶が舞い、さながら桃源郷のよう。朝摘みのバラを求めて、全国から問い合わせがくるという。「みなさん、ジャムやポプリにして楽しんでいらっしゃいます」

画像: 実に洗練された味わいの自家製ジャム (左から時計回りに)ブルーベリージャム、バラのジャム、自家製の非加熱の蜂蜜、バラ入り蜂蜜各¥1,512~

実に洗練された味わいの自家製ジャム
(左から時計回りに)ブルーベリージャム、バラのジャム、自家製の非加熱の蜂蜜、バラ入り蜂蜜各¥1,512~

画像: ナチュラルな素材で作る焼き菓子¥350~、コーヒー¥390~

ナチュラルな素材で作る焼き菓子¥350~、コーヒー¥390~

 昨年は農園の向かいにトレーラーを据え、カフェをオープン。バリスタ修業を終えた息子が淹れるコーヒーや、妻が焼くスコーン、マフィンが好評だ。四季折々の花が咲き乱れ、その香りに包まれてゆったり過ごせるカフェは近隣の人々の憩いの場になっている。宍戸は都市型農業を持続させるには「健康志向」「心豊かな暮らし」「持続可能性」そして「素敵であること」が必要と言う。「エンジニア時代と比べて収入面は不安定ですが、自然とともに生きる悦びや幸せには代えられません。生産量は少ないですが、うちならではの付加価値を加え、喜んでもらえるものを作りたい」

画像: ブルーベリーの世話をする宍戸健晃

ブルーベリーの世話をする宍戸健晃

宍戸園
東京都世田谷区上祖師谷4-7-1
TEL. 03(3307)5154
Facebookページ

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.