モードの第一線で天才の名を欲しいままにしながら、2008年に突然の引退で表舞台から去ったデザイナー、マルタン・マルジェラ。今もなおファッションシーンに大きな影響をもつ彼が、ついに沈黙を破る

BY CHIHARU ITAGAKI

 撮影や取材を徹底して拒み、公の場に姿を現さなかったファッションデザイナーのマルタン・マルジェラ。2008年に引退してからも存在感を示す彼本人が、ついに自らの半生について語った。

 ドキュメンタリー映画『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』では、初公開の貴重な資料とともに、人気の「タビ」シューズが生まれた背景や匿名性を貫いたことへの思いが、彼自身の言葉で語られる。刺激的な作風で知られる彼だが、その口調は驚くほど穏やかで、布地に触れる指先は繊細でやさしい。かつてショーに出演したモデルたちが口を揃えて「女性に対する敬意が感じられた」と言う彼の人となりが、画面の端々から垣間見える。

画像: 一貫して自身の顔を出さないマルジェラだが、映画ではドローイングやメモ、子ども時代の作品などが多数公表される © 2019 REINER HOLZEMER FILM – RTBF – AMINATA PRODUCTIONS

一貫して自身の顔を出さないマルジェラだが、映画ではドローイングやメモ、子ども時代の作品などが多数公表される
© 2019 REINER HOLZEMER FILM – RTBF – AMINATA PRODUCTIONS

 マルジェラの作品は今も決して古びず、新しくさえ見える。バレンシアガを率いるデムナ・ヴァザリアの名を出すまでもなく、現代の若いデザイナーたちの多くが彼から強い影響を受けている。「たくさんのランウェイにまだ彼がいる」と語るのは、著名なファッションエディターのカリーヌ・ロワトフェルドだ。この映画は、偉大なひとりの天才を回顧するだけでなく、未来のファッション・シーンを考えるヒントも与えてくれそうだ。

画像: 映画『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』予告編 © 2019 REINER HOLZEMER FILM – RTBF – AMINATA PRODUCTIONS www.youtube.com

映画『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』予告編
© 2019 REINER HOLZEMER FILM – RTBF – AMINATA PRODUCTIONS

www.youtube.com

『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』
2021年9月17日(金)よりホワイトシネクイントほか、全国順次公開
公式サイト

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.