初めてのオペラ演出でも、

その才能を遺憾なく発揮したソフィア・コッポラ

PHOTOGRAPH BY DICK PAGE & JAMES GIBBS



 映画監督としてすでに高い評価を得ているソフィア・コッポラだが、初めてのオペラ演出作『椿姫』を見ると、彼女の才能の底知れぬ深さに驚くしかない。2016年にローマ歌劇場で初演されて大きな話題を呼び、ついにこの秋、日本に上陸するソフィア版『椿姫』。ヴェルディ作曲のこのオペラは「ラ・トラヴィアータ」という原題でも知られるが、これには“道を踏みはずした女”という意味もあるのだとか。それはヒロイン、ヴィオレッタの職業が“高級娼婦”であることに拠るのだろうが、ソフィアはむしろヴィオレッタを、“自分の運命を予感しながらも、人生の最後に手に入れた純粋な愛を全うしようとする女”として描く。だからこそ、愛してしまったアルフレードのために、自分を犠牲にしてまでも悲しい噓をつくのだ。


 ローマ歌劇場の公演だけあり、衣装を手がけたのはイタリアモード界の重鎮、ヴァレンティノ・ガラヴァーニ。“乾杯の歌”で始まるパーティの場面では、登場人物が華やかで洗練されたオートクチュールに身を包み、耳だけでなく目でも観客を魅了する。ヴィオレッタ役のフランチェスカ・ドット、アルフレードの父ジェルモン役のレオ・ヌッチの歌唱も絶品だ。「演出を引き受けたのは、『椿姫』が女性の物語であり、悲劇的で極上のラブ・ストーリーだから」と語るソフィア。この挑戦に彼女が込めた想いと情熱を、ここ東京でたっぷりと味わいたい。



ヴァレンティノ・ガラヴァーニが手がける舞台衣装も

見どころのひとつ

PHOTOGRAPH BY YASUKO KAGEYAMA



ローマ歌劇場 2018年日本公演 ヴェルディ作曲『椿姫』

(全3幕/ヤデル・ビニャミーニ指揮)

会場:東京文化会館

住所:東京都台東区上野公園5-45

会期:9月9日(日)、12日(水)、15日(土)、17日(月・祝)



問い合わせ先

NBSチケットセンター

TEL. 03(3791)8888(平日10:00~18:00、土曜10:00~13:00、日・祝休)
NBS WEBチケット※要事前の会員登録 

公式サイト






  • 1