世界中のあらゆる音楽をポケットの 中に収められるようになった今、彼は"失われたもの"に思いを馳せる

BY JODY ROSEN, PHOTOGRAPHS BY BEN SKLAR, TRANSLATED BY JUNKOHIGASHINO

画像: 永遠の工作マニア少年時代から即席で カセットデッキを制作していたトム・サックス。彼が作り出したサウンド・システムを集めた回顧展は、オースティン現代美術館で4月に開催された

永遠の工作マニア少年時代から即席で カセットデッキを制作していたトム・サックス。彼が作り出したサウンド・システムを集めた回顧展は、オースティン現代美術館で4月に開催された

 ひと昔前のテクノロジーに郷愁を抱くこと。これは21世紀の初めに特有の、あるいは少なくとも現代にひときわ目立つ現象だ。この現象を示す新語はないものだろうか。できれば12音節位あるドイツ語あたりで。カタカタと音を立てるボールヘッド式電動タイプライター、ピカピカの手動式エスプレッソマシン、コンパクトカーほど大きなミッドセンチュリーのテレビセットーーかつて廃棄され、見放され、道端に捨てられ、衰退の途をたどった機器たちが、今、立場を変え、マニア向けのオブジェやオークションサイト「eBay」における入札合戦の的となって再び姿を現している。これは、デジタル時代への明らかな反動だ。あらゆるものがビットとバイトに分解される今、過ぎ去った日々を彷彿させるだけでなく、文字どおり “実体と重み”をもったアナログ時代の機器を、センチメンタルな人々が愛し熱望するのは当然のことだろう。

 そんな中、アナログ時代のものへの情熱にうなされ、同時にその情熱を大いに満喫する人物がいる。その名はトム・サックス。48歳の彫刻家、画家、インスタレーション・アーティストだ。サックスはニューヨーク在住だが、つい先頃のとある午後、テキサス州オースティンの“家電量販店をサイケ風にしたような場所”で彼に会うことができた。何を隠そう、その場所とは、オースティン現代美術館2階の広大なギャラリー。サックスを囲むように並んでいたのは、彼がデザインし、制作した種々雑多なオーディオ機器の寄せ集めだった。

画像: 歴代のサックス製オーディオ台車にスピーカーを積み重ねた「グルズ・ヤードスタイル」は1999年の作品。サックスの “オート・ブリコラージュ”の一例だ COURTESY OF TOM SACHS

歴代のサックス製オーディオ台車にスピーカーを積み重ねた「グルズ・ヤードスタイル」は1999年の作品。サックスの “オート・ブリコラージュ”の一例だ
COURTESY OF TOM SACHS

 そこで彼はチームメンバーと、『トム・サックス:ブームボックス回顧展1999-2015』用のインスタレーションを大急ぎで仕上げていた。会場には、サックスが想像力を駆使し、ざっくりと作りあげたオーディオ機器が20台ほど集結。展示会のテーマは歴史的な発掘ーー70年代半ばから80年代後半、つまりディスコミュージックからヒップホップに至る黄金期にマスカルチャーの主役であったポータブル・ミュージック・プレイヤーへのオマージュだ。と同時に、かつて世界に爆音をとどろかせ、今では時代遅れになったこの機器と音楽への、数十年にわたるサックスの執着を物語る記録でもある。「ブームボックス(大型のラジカセ)には底知れないノスタルジーを感じている。まあ、見捨てたわけではないから正確にはノスタルジーとは言えないんだけれど。今も少しずつブームボックスを作り続けているし、いつも身近に置いているからね」とサックスは言う。

 

This article is a sponsored article by
''.