ソフィア・ローレン、
約10年ぶりに映画に復帰
――「私は完璧主義者」

Sophia Loren Makes Her Return to Film: ‘I’m a Perfectionist’
86歳になったスターは、脚本との心からのつながりを求めていた。そんなとき、映画監督である彼女の息子とNetflix映画『これからの人生』に期せずしてめぐり合った

BY SIMON ABRAMS, TRANSLATED BY NAOKI MATSUYAMA

 ソフィア・ローレンは、いったいどうしていたのだろうか?

 かつて世界的に「魅惑」の在り方を方向付けたと言っても過言ではない、イタリアの偉大な女優ソフィア・ローレン。そのローレンが主演し、11月6日に公開された(註:アメリカでの公開日。日本でも現在公開中)、Netflixの映画『これからの人生(The Life Ahead)』を見ると、冒頭の疑問が浮かんでくる。10年前のテレビ映画以来初となるこの作品は、彼女の映画への情熱と、彼女の人生においてもう一つの大きな情熱である家族を結びつけるものだ。現在86歳のローレンは、女優としてのキャリアよりも家族を優先してきたが、今回の新作では、その両方に対する愛が重なり合っている。この映画の共同脚本家・監督は、二人の息子のうちの次男、エドアルド・ポンティなのだ。

画像: 新作映画の監督を務めた息子のエドアルド・ポンティが自宅で撮影したソフィア・ローレン PHOTOGRAPH BY EDOARDO PONTI

新作映画の監督を務めた息子のエドアルド・ポンティが自宅で撮影したソフィア・ローレン
PHOTOGRAPH BY EDOARDO PONTI

 ローレンはポンティとの3度目のコラボレーションとなる『これからの人生』で、イタリアのホロコースト生存者、マダム・ローザを演じ、セネガルの孤児モモ(イブラヒマ・ゲイェ)を引き取り、やがて絆を深めていく。

 この映画の「寛容」というメッセージに惹かれて女優業に戻ったローレンだが、今回のように作品に対して個人的なつながりを求めていたために、プロジェクトの選択に関しても慎重になっていたと、彼女は錆びついた英語で語った。また、アカデミー賞の受賞者でもあるローレンは、現代のポップカルチャーにも影響を与え続けているが(ポップソング「Zou Bisou」のローレン版「Zoo Be Zoo Be Zoo」は、自分では見たことがないというアメリカの人気テレビドラマ『マッドメン』でカバーされた)、彼女自身はあらゆるトレンドを追いかけるプレッシャーは感じていないと言う。

画像: Netflix映画『これからの人生』独占配信中 www.youtube.com

Netflix映画『これからの人生』独占配信中

www.youtube.com

 ジュネーブの自宅からの電話インタビューで、ローレンは、優雅に年を重ねること、息子から演技指導を受けること、気に入っている役について語った。ここでは、その会話の一部を抜粋して紹介する。

ーー 1980年から映画の出演数が少なくなりました。エドアルドが生まれて7年、長男のカルロJr.が生まれて12年後の年ですが、なぜ仕事を減らされたのですか?

 当時、私は 「ソフィア、あなたは人生に何を求めているの?」と自問自答していました。自分から返ってきた答えは、「素敵な家族が欲しい」そして「子供がふたり欲しい」というものでしたが、それは私が既に持っているもので、にもかかわらず会う時間がなかった。そういう状況だったので、「これからは少しペースを落とそう」と自分に言い聞かせたんです。でも、「少しペースを落とす」どころか、単純に仕事をしなくなりました。仕事が好きではなかったからではありません。スタジオに住んでいることが多かったので、家族のことをもっと知りたくなったんです。「ソフィア、今は演技を控えて、後から巻き返せばいいわ」と思った時は、自分でも驚きました。長い間、映画への出演を控えていましたが、子どもたちが成長し、結婚し、自分たちの子どもを持つ姿を見ることができたので、とても幸せでした(50年連れ添った夫カルロ・ポンティは2007年に他界した)。

ーー 今はどんな台本が送られてきますか?

 今でもたくさんの台本が送られてきますが、『これからの人生』のように心に響いたものはありませんでした。それが10年近く演技の仕事をしてこなかった理由です。自分にとってインスピレーションとなり、かつ演じる上で新たな挑戦になるような役を求めていたんです。マダム・ローザは、時に相反するような異なる感情を持つ、まさにそのような役柄でした。そして、映画が表現する「寛容と愛を持って受け入れる」というメッセージにも共感しました。

画像: ホロコーストの生存者役のローレンが、イブラヒマ・ゲイェ演じるセネガルの孤児を引き取る。Netflix映画『これからの人生』独占配信中 REGINE DE LAZZARIS AKA GRETA / NETFLIX

ホロコーストの生存者役のローレンが、イブラヒマ・ゲイェ演じるセネガルの孤児を引き取る。Netflix映画『これからの人生』独占配信中
REGINE DE LAZZARIS AKA GRETA / NETFLIX

ーー ご自身のことを「完璧主義者」と表現されることもありますが、『これからの人生』はエドアルドさんとの3度目のコラボレーションということで、息子さんからの演技指導を、より受けやすくなりましたか?

 私は完璧主義者ですが、エドアルドも同じです。エドアルドは私に安心感を与えてくれます。それに、私が最高の演技をするまで、彼は決して諦めません。妥協は絶対せず、私から何かを引き出すためのスイッチの入れ方を知っています。だからシーンの撮影後、エドアルドが「これだ」と言えば、彼が期待する演技ができたと安心できるわけです。それは、女優にとっては素晴らしい感覚です。やっていることに迷わなくてすみますから。

ーー ヴィットリオ・デ・シーカのような監督からは、何を教わりましたか?

 デ・シーカ監督が教えてくれたのは、流行などではなく、自分の直感に従うということです。口で言うほど簡単ではありませんが、大切なことです。デ・シーカ監督に出会ったのは17歳の時でした(その後、1954年に複数のコラボレーションの最初の作品となる『ナポリの黄金』に出演)。彼は、私にとって聖人のような人、世界最高の監督でした。その彼が私に会いたがって、「ナポリから来たのか。じゃあ、君にぴったりの役がある」と言ってくれたんです。それが私の映画人生の始まりです。ヴィットリオ・デ・シーカとの出会いから始まったんです。

 

This article is a sponsored article by
''.