釜炒り後、麻布に包んだ茶葉をまるめ、台の上で力をかけて転がしながら揉んでいく「手揉み」作業。揉んだあとは、茶葉の色がさらに鮮やかな緑に変わります。釜炒りと手揉みを何度か繰り返すと、私たちが日常で見るお茶の姿に変化していきます
記事本文に戻る

FEATURE

人気記事

手しごと案内人・樺澤貴子の日本のローカルトレジャーを探す旅 生き方がスタイルになる。素敵を更新しつづけるひと 我、装う。ゆえに我あり。栗山愛以、モードの告白 京都人・天野準子の「これ、おいしいから食べよし」 パリのパティシエ 長江桂子さんにお菓子を習う 男たちのおやつ事情「おやじのおやつ」
LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Design&Luxury

June 1, 2024

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.