今、ヘリテージブランドが注目を集めている。過去を振り返ることはファッションの未来につながるのだろうか

BY ALEXANDER FURY, PHOTOGRAPHS BY ANNABEL ELSTON, STYLED BY ENRICO POMPILI, VALENTINA CAMERANESI, TRANSLATED BY JUNKO HIGASHINO

 たとえ同一メゾン内での出来事にしても、既存のデザインをここまで模倣することに、倫理的な問題はないのだろうか。最近の“リバイバル・スタイル”を見ると、過去のデザインは着想源というより、そっくり復刻するための見本のようだ。確かに一般的に、ファッションブランドは、自身のアーカイブを自由に使えるものとみなされている。そして、その使用権をブランドから与えられたデザイナーは、アーカイブから特徴的なデザインを学び、創作に結びつけると考えられている。「ブランドについて知るには、歴史を学ばなければならないわ」とディオールのキウリは明言する。「1年前、ディオールに就任したとき、私はこのメゾンがもつ歴史的遺産のキュレーターのようだって感じたわ。そして、自分らしい感性も加えていかなければって」

 実際のところ、そのさじ加減は難しい。皮肉なことに、アーカイブはデザイナーの腕次第で、魅力や価値をもたらしたり、もたらさなかったりする。キウリが使った「キュレーター」という、デザイナーがよく引き合いに出すこの言葉は、創作における「現在」と「過去」の複雑な関係を連想させる。ヘリテージブランドのデザイナーの役目のひとつは、すでに確立された美学を新しく解釈すること。すでに出来上がった完璧なデザインを、どうにかもっと新しく、せめて現代風に表現することなのだ。すでに見慣れきったようなものを、プレスや消費者をあっと言わしめるものに変えるのが彼らの任務なのである。

画像: クリスチャン・ディオールがモード界にデビューしたのは1947年。その春夏ショーの主役となったのは、今や不朽の名作として知られた、デイタイム用の「バー」スーツだった(左)。2017-’18年秋冬コレクションで、アーティスティック・ディレクターのマリア・グラツィア・キウリが発表したのは、この「バー」スーツを新解釈したベストとプリーツパンツ(右)。今回の撮影はモンテーニュ通りのはずれにあるアーカイブ、「ディオール ヘリテージ」で行われた。1987年、メゾン創設40周年記念展の開催に合わせて設けられたアーカイブには、約19,000点の服や小物が収蔵されている (右)ベスト¥390,000、プリーツパンツ¥640,000 クリスチャン ディオール(ディオール)/ フリーダイヤル: 0120-02-1947

クリスチャン・ディオールがモード界にデビューしたのは1947年。その春夏ショーの主役となったのは、今や不朽の名作として知られた、デイタイム用の「バー」スーツだった(左)。2017-’18年秋冬コレクションで、アーティスティック・ディレクターのマリア・グラツィア・キウリが発表したのは、この「バー」スーツを新解釈したベストとプリーツパンツ(右)。今回の撮影はモンテーニュ通りのはずれにあるアーカイブ、「ディオール ヘリテージ」で行われた。1987年、メゾン創設40周年記念展の開催に合わせて設けられたアーカイブには、約19,000点の服や小物が収蔵されている
(右)ベスト¥390,000、プリーツパンツ¥640,000
クリスチャン ディオール(ディオール)/ フリーダイヤル: 0120-02-1947

 しかし、過去をよみがえらせるだけで、“新しいものを作る”というデザイナー本来の芸術的願望は満たされるのだろうか。アンソニー・ヴァカレロは「イヴ・サンローランについてあれこれ考え出すと、プレッシャーで何にも手がつけられなくなるんだ」とつぶやく。「ただのオマージュになってしまったり、古めかしくなりすぎたりして」。こう話す彼は、サンローランの多様な要素をコラージュしたような服作りをしている。たとえば、サンローランが1992年に発表した先述のベルベットドレスは、ヴァカレロが丈を短くして“60年代のサンローラン的な”ミニドレスにした。彼は過去のデザインをそのまま再現せず、ミキシングし直し、新バージョンに作り替える。

一方、ディオールのキウリはこう語る。「ローマ生まれの私にとって、偉大な歴史に囲まれるのはごく自然なことよ」。「アーカイブも歴史も、そして記憶もかけがえのないものだわ。でも私はノスタルジックじゃないの。過去や歴史を今っぽく表現したいから」。確かに彼女のコレクションは、ディオールの象徴的なスタイルが下敷きになっている。2017ー’18年の秋冬クチュールショーでは、メゾン創設の1947年から、クリスチャン・ディオールが逝去した1957年までの各年に発表されたドレスを彷彿させるスタイルが次々と登場した。

 

This article is a sponsored article by
''.