2018年6月に英国ロイヤル・オペラ・ハウスで上演された、ロイヤル・バレエ団の新作「コリュバンテスの遊戯」。緊張感漂うバックステージで、コスチュームの最終調整を行うデザイナー、アーデム・モラリオグルを追った

BY GRACE COOK, PHOTOGRAPHS BY JAMIE STOKER, TRANSLATED BY CHIHARU ITAGAKI

画像: 金曜日 9:30 「バックナンバー」 イースト・ロンドンにある自らのアトリエで、アーデムは保存用のコピーを取ろうとファッション誌『THE FACE』に手を伸ばした。アルファベット順に整理された書棚とブックカートには、アートブックや雑誌のバックナンバーがずらりと並ぶ。彼の右には母親の写真が飾られ、その手前には、エドワード8世と結婚したウォリス・シンプソンの磁器のティーセットが置かれている。

金曜日 9:30「バックナンバー」
イースト・ロンドンにある自らのアトリエで、アーデムは保存用のコピーを取ろうとファッション誌『THE FACE』に手を伸ばした。アルファベット順に整理された書棚とブックカートには、アートブックや雑誌のバックナンバーがずらりと並ぶ。彼の右には母親の写真が飾られ、その手前には、エドワード8世と結婚したウォリス・シンプソンの磁器のティーセットが置かれている。

画像: 金曜日 10:00「窓辺のアート」 アーデムのオフィスの窓辺には、ウィンザー公爵夫人であるウォリス・シンプソンを描いた油絵が飾られている。彼はこの肖像画を、公爵夫妻の遺品販売会で買い求めた。歴史上の女性からインスピレーションを得ることの多いアーデム。たとえば彼の2018年春夏コレクションでは、1958年にエリザベス女王とアメリカのジャズ・ミュージシャンであるデューク・エリントンがハーレムで出会ったときのことを思い描いたという。

金曜日 10:00「窓辺のアート」
アーデムのオフィスの窓辺には、ウィンザー公爵夫人であるウォリス・シンプソンを描いた油絵が飾られている。彼はこの肖像画を、公爵夫妻の遺品販売会で買い求めた。歴史上の女性からインスピレーションを得ることの多いアーデム。たとえば彼の2018年春夏コレクションでは、1958年にエリザベス女王とアメリカのジャズ・ミュージシャンであるデューク・エリントンがハーレムで出会ったときのことを思い描いたという。

画像: 金曜日 13:00「机上の計画」 アーデムは、彼のブランドのパターンカッティング・マネジャーであるハマザキアユミと話し合っている。彼らは間近に迫った5月のメットガラに向けて、ドレスのスケッチをチェックしているのだ。この後、午後遅くにアーデムはメットガラのための打ち合わせに出席した。

金曜日 13:00「机上の計画」
アーデムは、彼のブランドのパターンカッティング・マネジャーであるハマザキアユミと話し合っている。彼らは間近に迫った5月のメットガラに向けて、ドレスのスケッチをチェックしているのだ。この後、午後遅くにアーデムはメットガラのための打ち合わせに出席した。

画像: 金曜日 17:00「ひとりスケッチを」 ニーナ・シモンの曲をアトリエのスピーカーから流しながら、アーデムはデスクに向かい、2018年リゾート・コレクションのスケッチを始めた。多忙なスケジュールの中でやるべきことが多すぎるので、彼はつねにスケッチするための時間を無理やりひねり出さねばならないのだ。この日、パートナーであるインテリア・デザイナーのフィリップ・ジョセフとのディナーが午後8時に予定されていて、彼はその時間までスケッチを続けた。5日後には、彼のコスチュームが英国ロイヤル・オペラ・ハウスのステージでお披露目となる。そのときアーデムは舞台裏にいて、最後の瞬間までコスチュームに手を加え続けているに違いない。

金曜日 17:00「ひとりスケッチを」
ニーナ・シモンの曲をアトリエのスピーカーから流しながら、アーデムはデスクに向かい、2018年リゾート・コレクションのスケッチを始めた。多忙なスケジュールの中でやるべきことが多すぎるので、彼はつねにスケッチするための時間を無理やりひねり出さねばならないのだ。この日、パートナーであるインテリア・デザイナーのフィリップ・ジョセフとのディナーが午後8時に予定されていて、彼はその時間までスケッチを続けた。5日後には、彼のコスチュームが英国ロイヤル・オペラ・ハウスのステージでお披露目となる。そのときアーデムは舞台裏にいて、最後の瞬間までコスチュームに手を加え続けているに違いない。

 

This article is a sponsored article by
''.