2016年、制作中の草間彌生 。「何を描くかは、私の手に聞いて」。創作の神が宿っているのだろうか、湧き出ずる泉のごとく絵ができあがっていく。
©YAYOI KUSAMA

 「世界で最も人気のあるアーティスト」(アート・ニュースペーパー紙)に選出された2014年、草間彌生の個展は中南米6都市、アジア5都市を巡回開催中だった。この年だけで観客数は200万人を超え、サンパウロの美術館では36時間も入場を待つ人々の列をさばくため、24時間開館に踏みきるという前代未聞の事態となった。歴史的な名画を観るわけではない。同時代に生きる一人のアーティストの作品を観たいと、人々がこれほど熱狂するのは異例だ。しかもそれが女性の、日本人のアーティストであることに、アート界の専門家たちも驚きと称賛の声を上げたのだった。

 

 2016年にはTIME誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選出され、国内でも文化勲章を受章。今や歴史上、最も傑出した芸術家の一人であることは間違いないだろう。草間自身は、生涯をかけて芸術の道を極める姿勢を変えず、日々制作意欲を燃やして新作を描き続けている。驚異的なエネルギーだ。

 

写真下:10歳の頃に描いた
《無題(母の肖像)》(1939年作家蔵)。母が水玉で覆われているのは、実際にこのように幻視していたから。絵を描くことを禁じ、反対していた母に隠れて、草間は描き続けた。裏面には、花と花瓶、水玉と網目を描いた別の絵が。
©YAYOI KUSAMA

 1929年、長野県に生まれた草間彌生は、裕福ながら複雑で保守的な旧家に育つ中で、幼い頃から幻覚や幻聴に悩まされた。見るものすべてが水玉で覆われてしまう。犬や花が人間の言葉で話しかけてくる。恐怖から逃れるために、それらを絵に描いたという。必死で絵を描いている間だけ、恐れや悩みが消えていった。草間作品の代表的なモチーフである水玉は、草間にとって強迫であり、克服すべきものだった。

 

 

実家は長野県松本市で種苗を大きく扱う旧家。大輪の花に囲まれた肖像写真からも、そんな環境がうかがえる。不安げなまなざしに、母との確執や、幻覚・幻視、幻聴を伴う強迫神経症など、10歳の少女に課せられた過酷な人生を想う。戦争に向かう暗い時代でもあった。