バルト海に面したロシア領の州都、カリーニングラードの青少年地域文化センターに、青白い顔をしたティーンのモデルたちが集まっている。ここでファッションショーが催されるのだ。エディターやバイヤーは150人前後揃い、40脚ほどのベルベット張りのくたびれた椅子に座っている人以外、大半は立ち見席にいる。32歳のメンズウェアデザイナー、ゴーシャ・ラブチンスキーの2017-’18年秋冬のショーを見ようと、彼らは世界各地からやってきたのだ。


若いメンズモデルたちはキュッキュッというスニーカーの音を立てながら、シンプルな白いカーテンの奥から現れ、錆びかけた鏡が脇に一列に並んだ、細長い寄木張りの床を歩いていく。ミリタリー調の肩章つきシャツ、ネービー風ピーコート、ボックスシルエットのシャツとタイピンで留めたネクタイ、キリル文字で飾った複数のスポーツウェアが登場したこのコレクションは、街の印象と同じくらいに簡素だ。


ちなみに、観客のほとんどは、2017年1月のメンズ・コレクションが開催されたばかりのロンドンから9時間のフライトを経てここに来ていた。そしてその大半は、ミラノ・メンズ・コレクションの皮切りとなる「エルメネジルド・ゼニア」のショーを見るために、翌日にはカリーニングラードの小さな空港を発つ。その後モスクワを経由して、ようやくミラノにたどり着く予定だ。




東欧から吹く風
イラストレーター、ピエール・ル・タンが描く、

さまざまな表情のロシアン・ファッション。

このスタイルの先駆けとなった、

1909年のエキゾティックなバレエ・リュスのコスチュームは、

現在もなお、ジャンバティスタ・ヴァリ、

ヴァレンティノといったヨーロッパのメゾンを魅了してやまない



 冬のただ中に、彼らがここまでしてショーにやってきたのはなぜか。理由は明白だ。ラブチンスキーが今モード界で最も注目されるデザイナーのひとりだから。そして、ロシアが与えるモード界へのインパクトが、20世期初頭の芸術プロデューサー、セルゲイ・ディアギレフによるバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)が巻き起こした旋風に匹敵するほど強大だからだ。バレエ・リュスは、バレエの振り付けや構成に、長きにわたり影響を及ぼしただけでなく、戦前のモードにも空前のインパクトを与え、そのコスチュームはクチュール界にそのまま現れた。どんなファッション史の本であれ、ざっと目を通せばその影響力の大きさがよくわかるだろう。





 1909年にパリで旗揚げしたディアギレフの一団は、パステルカラーや、エドワード王時代のアールヌーヴォーの流麗なライン、大胆な色使いが特徴の衣装をまとって舞台に現れた。バレエ・リュスの舞台装置と衣装を手がけた人物として有名な、ベラルーシ生まれのレオン・バクストは、20世紀初期を代表するデザイナー、ポール・ポワレに影響を与え、ポワレはバクストに触発されたテーマや装飾モチーフの服をデザインした。


バクストが、ロシアの伝統刺しゅうを鮮やかな配色で彩り、民族衣装「サラファン(肩紐つきワンピース)」をチュニックに替えてパンツと組み合わせたなら、ポワレはさらに手を加え、1912年に裾にワイヤを入れた「ランプシェード」や「ミナレット(寺院の尖塔)」というスカートを編み出した。原色使い、ハーレムパンツ、ホブルスカート(裾幅が極端に狭いスカート)、オリエンタルなターバン、ファーやフォークロア調の刺しゅうで縁取りしたコサックコートなどが特徴的なポワレのデザイン革命は、実際のところバレエ・リュスに由来した“表層的な革命”にすぎなかったが、多くの追従者にインスピレーションを与えた。