正統派デザートの殿堂

菓子舗「デメル」

COURTESY OF DEMEL



 このようなコーヒーハウスは、市内のほぼすべての通りにあるようだ。ユネスコはウィーンのカフェ文化をオーストリアの「無形文化遺産」に指定しており、どの店にも大理石のテーブルトップと曲げ木で作られたトーネットチェアがあることを特筆している。ユネスコの資料には「時間と空間を味わい尽くしても、請求されるのはコーヒー代のみ」と書かれている。静かで薄暗いコーヒーハウスの天井はアーチ型で、椅子のファブリックは古ぼけていて、床は寄木張りだ。訪問者はここを自宅以外のリビングとして使える。ただで読める何種類もの新聞は、木製のホルダーで1紙ずつ綴じられている。犬連れでも入れるので、コーヒー1杯で終日、罪悪感なしで居座れる。サービスが行き届かないのは意図的であり、客を嫌っているのではないかと思えるほどだ。


トーマス・ベルンハルトは著書『ヴィトゲンシュタインの甥』の中で、いかにウィーンのコーヒーハウスに“嫌悪感”をおぼえようとも、「どうしてもいりびたってしまう」と、怒りの感情を(例によって)ぶちまけている。ベルンハルトは、彼のような客には媚びるコーヒーハウスの流儀が気に食わないのだが、嫌いだと言いながらも、こう書いている。「自宅よりも、ウィーンのコーヒーハウスのほうが、やはりくつろげる」



 古く立派なコーヒーハウスは文化を伝える場所であり、ダークな色調の木製インテリア、伝統的なレシピ、すでに没した有名なパトロンたち―彼らはこういう店が大好きだった―を誇り、人々に愛されている。1786年創業、ホーフブルク宮殿に隣接する老舗「デメル」は“皇帝・宮廷御用達の菓子舗”の称号を帝政崩壊後も掲げていた。同店の伝説によると、エリザベート皇后(愛称シシィ)にスミレの砂糖漬けを供していたそうで、彼女はそれをソルベにのせて食べたという。


「エリザベートはお菓子とアイスクリームをたいそう好んでいたことが、さまざまな菓子店の領収証からわかります」と、ホーフブルク宮殿の音声ガイドは説明するが、彼女は重度の拒食症だったというのが、歴史家の一致した見解だ。だが宮殿側は皇后の病気をなかったことにしたいのだろう。