国内外で注目を集めるライゾマティクスの個展『ライゾマティクス_マルティプレックス』、写真家・川内倫子の新作シリーズを見せるソロエキシビション。そして、ファッションブランド、アンリアレイジの活動を総覧する企画展。開催中の3つのアート展の見どころを紹介する

BY MASANOBU MATSUMOTO

アンリアレイジ展覧会『AとZ』|三菱地所アルティアム

 アンリアレイジは、森永邦彦が手がけるファッションブランド。2003年にブランドを創設し、2014年、パリコレクションにデビュー。球体や三角錐など人体ではない形をベースにしたウエア、また紫外線に反応して色が変わる衣服など、独創的なクリエイションで世界を驚かせてきた。

 福岡・三菱地所アルティアムで開かれているアンリアレイジ展『AとZ』は、同ブランドのこれまでの歩みを総覧するエキシビションだ。初期の仕事から、“服=移動が可能な家”と捉えた「HOME」('21年春夏コレクション)、天地が逆転するようなトリック仕掛けの映像で発表された「GROUND」('21-22秋冬コレクション)など最新コレクションまでを網羅してみせる。

画像: '21-22秋冬コレクション「GROUND」2021年 © ANREALAGE

'21-22秋冬コレクション「GROUND」2021年
© ANREALAGE

画像: '21年春夏コレクション「HOME」2021年 © ANREALAGE

'21年春夏コレクション「HOME」2021年
© ANREALAGE

 タイトルの『AとZ』は、対極にあるものを交わらせ、新しいものを作ろうとするブランドの姿勢を示したもの。2020年に刊行された森永の書籍にもこのタイトルが使われている。

 本展では、この書籍に記された森永の「言葉」にもフォーカス。実際、アンリアレイジの服づくりの根幹はテーマとコンセプトにあり、その制作の多くを言葉を決めることに費やすという。衣服やコレクション映像の展示に加え、会場では壁一面を森永の言葉で埋め尽くし、服に対する思考やデザイナーを志した際のエピソード、また制作秘話など紹介する。アンリアレイジの本質とは何か、森永邦彦とは何者か―― そのエッセンスをじっくり味わえる。

画像: '19年春夏コレクション「CLEAR」2019年 © ANREALAGE

'19年春夏コレクション「CLEAR」2019年
© ANREALAGE

アンリアレイジ展覧会『AとZ』
会期:~ 7月4日(日)
会場:三菱地所アルティアム
住所:福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
開館時間:10:00~20:00
休館日:6月15日(火)
料金:一般¥400、学生¥300、高校生以下無料
電話:092-733-2050
公式サイト

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.