独自の美意識から生み出されるこだわりのアイテムが揃う

BY JUN ISHIDA

画像: 2016年10月のオープン時には「CHABAKO」をテーマに赤木明登らが制作したお茶にまつわる品々が展示された

2016年10月のオープン時には「CHABAKO」をテーマに赤木明登らが制作したお茶にまつわる品々が展示された

 パリ左岸にあるパリ日本文化会館。グランドフロアの一角に三越伊勢丹グループが「ART DE VIVRE AU JAPON(日本の芸術的生活)」をテーマにしたスペシャリティストア「The Japan Store ISETAN MITSUKOSHI Paris」をオープンした。

画像: 1997年開館のパリ日本文化会館 PHOTOGRAPHS: COURTESY OF ISETAN MITSUKOSHI

1997年開館のパリ日本文化会館
PHOTOGRAPHS: COURTESY OF ISETAN MITSUKOSHI

 日本独自の美意識に基づいた手仕事や物作りへのこだわりから生み出されるアイテムが並ぶストア内には、伝統工芸品からコンテンポラリーな品まで厳選された品々が揃う。またパリ日本文化会館の企画展と連動したイベントも行い、2016年11月は、同館で開催中の森口邦彦の展覧会に合わせ、森口氏デザインの三越のショッピングバッグ「実り」の関連商品を展開した。パリ在住の建築家・田根剛によるストアデザインもお見逃しなく。

「The Japan Store ISETAN MITSUKOSHI Paris」
住所:101 bis, Quai Branly 75015 Paris France
営業時間:12:00〜20:00
定休日:日・月曜

 

This article is a sponsored article by
''.