2016年からマルニのクリエイティブ・ディレクターを務めるフランチェスコ・リッソ。その美意識を形づくるものたちを自身のコメントとともに紹介

BY LINDSAY TALBOT, TRANSLATED BY CHIHARU ITAGAKI

 マルニのクリエイティブ・ディレクター、フランチェスコ・リッソ。現在35歳だが、その幼少期はフェリーニの映画さながらだ。サルデーニャ島の近くで生まれ、4歳まで両親と帆船で地中海を回遊して過ごした。その後、ジェノヴァの16世紀に建てられた豪奢な邸宅に住む。そこには3人の祖父母もいて、国外からの華やかなゲストがしょっちゅう訪れた。

「家族には実に多彩な顔ぶれが揃っていました」。16歳でフィレンツェのポリモーダにてファッションを学ぶ。安定を求めての “エスケープ”のはずだった。その後、NYのファッション工科大学とロンドンのセントラル・セント・マーチンズへ。「くらくらするような毎日で、常に自分の安全地帯の圏外にいました。おかげで私は大胆でオープンマインドになりました」

画像: 「ヒュー・フィンドルター撮影のポートレート(2016)」 PHOTOGRAPH BY HUGH FINDLETAR, COURTESY OF FRANCESCO RISSO

「ヒュー・フィンドルター撮影のポートレート(2016)」
PHOTOGRAPH BY HUGH FINDLETAR, COURTESY OF FRANCESCO RISSO

 彼は2008年から8年間、プラダのウィメンズ・デザインとスペシャルプロジェクト部門で活躍した。2016年、マルニを1994年に立ち上げたコンスエロ・カスティリオーニに代わり、同ブランドの舵取りを任された。インパクトのあるフラワープリントや上品だがどこか違和感のあるシルエットといった、このミラノ発のブランドらしさと名声を守りつつも、彼はそこに自身の美意識を加えることも忘れていない。

その美意識は多様で、ディズニー・アニメから18世紀のタータンチェック柄ハンティングジャケットまで、あらゆるものに内包されている。「私を突き動かしているのは、“retrovolution”(革命的回帰)と私が名付けたコンセプトです。伝統について今まで学んだことを総動員して、それを超えていくという意味です」

 

This article is a sponsored article by
''.