素材にこだわった、いつもとは違う“しゃれた朝食”を楽しむならこの2軒

BY YUKINO HIROSAWA, PHOTOGRAPHS BY MIDORI YAMASHITA

 出勤前の朝は、どこか慌ただしく忙しないもの。しかし近頃、欧米のようにその時間を有意義に過ごしたいという思いが強まり、“一歩先行く、しゃれた朝食”を味わえる店が増えつつある。

「15°C」は、気鋭のブーランジェリー「365日」の姉妹店として誕生。国産小麦で作るパンが主役の「クロックマダム」ほか、有精卵や無農薬野菜など、全国各地の厳選素材を軸に作る定食「365日」など大地の恵みを盛り込んだ、滋味あふれる一皿を提案。

画像: 「15°C」の自家製食パンを使った「クロックマダム」。スープ、サラダ、コーヒーつき。¥1,000

「15°C」の自家製食パンを使った「クロックマダム」。スープ、サラダ、コーヒーつき。¥1,000

画像: 定食「365日」は炊き込みご飯+みそ汁orトースト+スープ、サラダ、 目玉焼き、スモークサーモン。¥1,050

定食「365日」は炊き込みご飯+みそ汁orトースト+スープ、サラダ、 目玉焼き、スモークサーモン。¥1,050

15°C
住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-2-8
営業時間:7時〜22時(LO)
定休日:無休
TEL:03(6407)0942

 

This article is a sponsored article by
''.