稀代の“おしゃれ食いしん坊”で名を鳴らす、ライター・桂まり。趣味は世界各地に出向き、料理教室に行くこと。気ままな旅がままならぬ昨今も万全の配慮をしつつ、おいしいものの追求には余念なし。そんな彼女の「食いしん坊部」活動のご報告の第一回は、“中華部”レポート。「幅広く奥深い味わいのチャイニーズが好き。最近出会ったお気に入りのお店はこちら」

BY MARI KATSURA

「春ちゃんの手作り餃子」でもちもちの水餃子つるん!

画像: 上右は、中身の種類も豊富な水餃子¥800~,左はゴールデンパイ¥300

上右は、中身の種類も豊富な水餃子¥800~,左はゴールデンパイ¥300

 小さな店だが、目移りしてしまうほど美味しそうなものがずらり。ここはどこなの?と魅惑のメニュー表に見入ってしまう「春ちゃんの手作り餃子」。まずは、何はともあれ水餃子。灼熱の台湾で水餃子専門店を食べ比べしていた頃を思い出す。そしてふわりと空気をまとったゴールデンパイは、台湾で行列して食べる葱餅を彷彿とさせる! セロリの蒸し餃子も最高。中華揚げパンと手打ち豆乳にも惹かれる! 店内には中国語が飛び交い、リトルチャイナという趣。”春ちゃん”は店主に親戚からつけてもらったあだ名だそう。「この名で呼ばれたりするたびに故郷に思いを寄せることができるので、店名のなかに入れました」。店主は中国の東北地方の瀋陽出身。いつか行ってみたい餃子の有名な街だ。さらには店の近所の小野田豆腐屋も理想形。このエリアに住む人々がすこぶる羨ましい。

画像: 黒米入り。もちの焼売(5個)¥800

黒米入り。もちの焼売(5個)¥800

画像: シンプルで美味しい。セロリの蒸し餃子(8個)¥700

シンプルで美味しい。セロリの蒸し餃子(8個)¥700

画像: テーブルが4卓。食券を買うシステム。テイクアウトも人気

テーブルが4卓。食券を買うシステム。テイクアウトも人気

春ちゃんの手作り餃子
住所:東京都新宿区百人町4-8-2
営業時間:[月・水~金]9:00~21:30(L.O.)、[土・日曜]7:00~21:30(L.O.

定休日:火曜
TEL.03(6304)0768

桂まり
雑誌「SPUR」「eclat」などで、フード&トラベル、インタビュー記事を担当するライター。趣味は世界各国で料理教室に行くこと。温泉保養士。Instagramはこちら

桂まりの偏愛!食いしん坊部 一覧へ

T JAPAN web限定!
Amazonギフト券1万円プレゼント

応募する
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.