大阪を拠点とする「神姫バス」が展開する、ワンランク上のもてなしをテーマとする高級バスツアー「旅学人(たびがくと)」が、関東でもサービスを開始。旅慣れた成熟世代をターゲットとしたこのツアーの一部に同行し、魅力を探った

BY KAORI EZAWA, PHOTOGRAPHS BY SHIGERU OTSUKI

 去る6月初旬に開催されたのは、大阪発で福井、富山、新潟、群馬、長野をめぐる3泊4日のツアーである。初日は福井藩の迎賓館である「養浩館庭園」を経て、前衛的フランス料理が評判の「リバーリトリート雅樂倶」に宿泊。2日目は、日本海の断崖絶壁、親不知海岸や、日本最古の映画館である「高田世界館」など富山の名所旧跡を巡り、温泉露天風呂の絶景が人気の山岳リゾートホテル「赤倉観光ホテル」へ。

画像: エントランスのつつじの植栽が彩りを添える「つつじ亭」。部屋には香が薫きしめられ、ふわりと漂う優しい香りに癒される。若女将が日々手入れしているという、部屋や廊下を飾る可憐な花にも目を奪われる

エントランスのつつじの植栽が彩りを添える「つつじ亭」。部屋には香が薫きしめられ、ふわりと漂う優しい香りに癒される。若女将が日々手入れしているという、部屋や廊下を飾る可憐な花にも目を奪われる

 そして3日目、葛飾北斎による天井絵で名高い小布施町の「岩松院」を見学し、小布施の街と名物“寄り付き料理”を堪能したあとは、ツアー最後の宿泊地、草津温泉の名宿「つつじ亭」へというコースだ。いずれも選りすぐりの見どころ、食、宿が続き、柏井氏によるセレクトは期待を裏切らない。

「つつじ亭」は、草津の中心地である湯畑から少し離れた静かなエリアに、ひっそりと佇む瀟洒な宿だ。五千坪の敷地に客室はわずか十室のみ。通常は団体客を受け付けていないが、旅学人のコンセプトに賛同し、今回特別に実現したという。本館に泊まった宿泊客は、湯畑源泉の湯を独り占めできる貸切風呂「玉の湯」、万代鉱の湯の源泉掛け流し大浴場「うららの湯」という2種の温泉を楽しむことができる。

画像: 大浴場「うららの湯」には檜造りの露天風呂があり、緑に囲まれ清々しい気持ちよさ

大浴場「うららの湯」には檜造りの露天風呂があり、緑に囲まれ清々しい気持ちよさ

 旬をふんだんに取り入れた料理は、各地から上質な素材を取り寄せて丁寧に作られた、この宿独自の創作和食。奇をてらわずに素材そのものの風味を引き立て、やさしく滋味深い味わいだ。なによりも、ご主人や女将さん、スタッフの肩肘張らずほのぼのとした親しみやすさと心の通った気配りが、この宿の居心地のよさを生んでいる。

画像: 木の質感が心地よい「つつじ亭」の談話室。夕暮れや食後のひとときにはジャスミン茶がサービスされる。冬は暖炉に火が灯され、いっそう風情ある空間に つつじ亭 住所:群馬県吾妻郡草津町639-1 電話:0279(88)9321 tsutsujitei.co.jp

木の質感が心地よい「つつじ亭」の談話室。夕暮れや食後のひとときにはジャスミン茶がサービスされる。冬は暖炉に火が灯され、いっそう風情ある空間に

つつじ亭
住所:群馬県吾妻郡草津町639-1
電話:0279(88)9321
tsutsujitei.co.jp

 

This article is a sponsored article by
''.