コルセットのようにフェイスラインを引き上げながらつけることで高い満足感が得られると評判の美容液「クレ・ド・ポー ボーテ セラムラフェルミサンS」を、各界で活躍する女性たちが体験レポート!

BY TERUNO TAIRA, PHOTOGRAPHS BY YASUYUKI TAKAGI, HAIR & MAKEUP BY MIKI ISHIDA, YOSHIYUKI TAKAHASHI(SHISEIDO)

 今、写真を撮るうえでモットーにしているのは、仕事の中にもパーソナルな視点をどこかに盛り込むことだという。「個人的な作品を撮るときには特に、“考える脳”はいらない。頭のスイッチをいかにオフにして、感じるままに写真を撮るか。その部分はアスリートのコンディショニングを参考にしています。必要なのは、あっと思った瞬間に正確に動ける筋力や瞬発力。そのためには日々、技術を磨いて、考えなくても動けるくらいにしておかないと」

 ワーキングマザーでもある多忙な中川さんにとって、日々のスキンケアはじつは難題。「本当にずぼら美容なんです。カリフォルニアにいたときから30歳ぐらいまでは、日焼け礼賛の時代もあってUVケアすらしていませんでした。仕事中はメイクの崩れを気にするのも嫌なので、ウォータープルーフのマスカラぐらい(笑)。でも40代になって、もうそろそろちゃんとしたほうがいいよとメイクアップ・アーティストの友人から言われて、気になっていたところでした」

画像: 岡山のご自宅で、中川さんが撮影したクレ・ド・ポー ボーテのスキンケア。(写真左から)エマルションアンタンシヴ(夜用乳液)、エマルションプロテクトゥリス(日中用乳液)、ローションイドロC(化粧水)、そして初体験の感触に驚いたという「セラムラフェルミサンS」 PHOTOGRAPH BY MASAKO NAKAGAWA

岡山のご自宅で、中川さんが撮影したクレ・ド・ポー ボーテのスキンケア。(写真左から)エマルションアンタンシヴ(夜用乳液)、エマルションプロテクトゥリス(日中用乳液)、ローションイドロC(化粧水)、そして初体験の感触に驚いたという「セラムラフェルミサンS」
PHOTOGRAPH BY MASAKO NAKAGAWA

 そんな中川さんが今回、初めてトライしたのがクレ・ド・ポー ボーテのローションと乳液、そして話題の美容液「セラムラフェルミサンS」だ。「砂漠のような私の肌に、化粧水がどんどんなじんでいくのにびっくり。どれだけ乾いていたのかという驚きと同時に、クレ・ド・ポー ボーテのローションや乳液の使い心地のよさをものすごく実感しました。そしてこの“はり”美容液。化粧品って、信じて使うことでさらにいい結果になると思うんですが、この美容液はつけたときに『おっ、これは!?』という手ごたえがあって」。心と肌を癒すような香りやテクスチャーも含めて「すべてが未体験のすばらしさ」と、その使い心地には感動しきり。

 シュッと締まったフェイスラインで、たるみとは無縁に思える中川さんだが、エイジングの悩みは?と尋ねると「あります、あります!」という答え。「痩せているだけに、年齢とともに顔がきつくなってきた気がするんです。顔がたるんで下がってきたせいでしょうか…。友人がよく『顔や体形はその人の資産』だと言うんですが、なるほどそのとおり。今さら私が色白ふっくらにはなれないですから、これからは、この“資産”をうまく運用してベストな状態に持っていけたらいいなと思っています。

 顔って生き方が出るもの。今回、クレ・ド・ポー ボーテの基礎化粧品や美容液でケアをしてみてスキンケアの大切さを実感しましたし、こんな短期間でも前向きな意識に変わることができるんだ、と知ることができました。こんなふうに自分にちゃんと手をかけてあげることで、いい50代に向かっていけるのかなと感じています」

画像: 引き締まった細身の体に、ショートカットのヘアスタイルがどこかアスリートのような趣の中川さん。ご自身の撮る写真のように、クリスタルのような透明感と強さを感じさせる人だ

引き締まった細身の体に、ショートカットのヘアスタイルがどこかアスリートのような趣の中川さん。ご自身の撮る写真のように、クリスタルのような透明感と強さを感じさせる人だ

 身体を壊すほど多忙な仕事に振り回された20代、30代を経て、今の自分らしい働き方、岡山での穏やかな生活を手に入れた中川さんに、自らの人生をデザインするために必要なものとは何か、と聞いてみた。「私の場合は、出産だったり震災だったり、思いがけずやってきたことが人生の節目節目になってきました。一見、ネガティブにも思えるできごとを好機に変えるには、体力がいります。大事なのは精神力だけじゃなく、足腰の強さ。

 あとは、いっぺんにどうにかしようとしないことですね。私は生来せっかちで、一気に何でもしようとしていたけれど、『今、このときに最善の選択をするしかない』、今、今、今の連続だった8年間の子育てで、かなり修正されました(笑)。目の前のことに粛々と取り組んで、ベストな1カ月先を目指し続けられたら、きっといい10年後になる。そんな日々の先に、ベストな未来があるんじゃないかと思っています」 

 中川さんが考えるDesign My Lifeのフィロソフィー、いっぺんにどうにかしようとしないこと――。それはスキンケアもきっと同じ。毎日、ていねいにケアをする先に、自分なりに年齢を重ねたベストな肌、いいなと思える自分があるはずだ。

中川正子(MASAKO NAKAGAWA)
1973年神奈川県生まれ。大学時代に留学したカリフォルニアで写真と出会う。美しい光を生かしたポートレートやランドスケープ写真を得意とし、雑誌、広告、アーティスト写真や書籍など多ジャンルで活動中。なにげない日常で出合うシーンを独自の感性で切り取ったインスタグラム(@masakonakagawa)も人気。写真集に『新世界』『IMMIGRANTS』『ダレオド』がある

クレ・ド・ポー ボーテ セラムラフェルミサンS
(医薬部外品)<40g>¥30,000、レフィル<40g>¥29,500
エイジングサインの出やすい目の下、口もと、フェイスラインの肌にいきいきとしたはりを与え、すっきりと引き締まった印象の肌に導く「はり」のスペシャリスト。

※ 応募期間は終了いたしました

「Design My Life」by クレ・ド・ポー ボーテ
スペシャル サンプリング キャンペーン

クレ・ド・ポー ボーテとT JAPAN webのコラボレート企画「Design My Life」をご覧のみなさまに、素敵なチャンス! 美容に関するWEBアンケートにお答えいただいた方のなかから抽選で30名さまに、この記事でもご紹介した人気の美容液「クレ・ド・ポー ボーテ セラムラフェルミサンS」の特製サイズ<10g>と、化粧水・日中用乳液・夜用乳液(各特製サイズ)・化粧用コットンをセットでさしあげます。

ご応募はこちらから

クレ・ド・ポー ボーテの"輝き"をあなたに――
9月21日(金)、クレ・ド・ポー ボーテの洗顔フォーム、化粧水、日中用乳液・夜用乳液にコットンがセットになった2週間サイズの限定セット「コフレ エクラ エサンシエル」(2種)各¥12,000が限定発売。すっきりと澄んだ明るい素肌に導く「Ⅰ」、つややかでうるおいに満ちた素肌に導く「Ⅱ」の2種は、「セラムラフェルミサンS」との併用もおすすめ。

問い合わせ先
クレ・ド・ポー ボーテ
フリーダイヤル: 0120-81-4710(9:00 ~ 17:00/土・日・祝日を除く)
公式サイト


「Design My Life」インタビューVol.2
教育経済学者・中室牧子さんが語る「やりたいことを追求して初めて見つかった、 自分に合った生き方」とは

「Deign My Life」体験レポート Vol.1
美容家ジャーナリスト 鵜飼香子さんが体験する“フェイスライン・コルセット美容”へ

「Deign My Life」体験レポート Vol.3
スタイリスト 一ツ山佳子さんが体験する“フェイスライン・コルセット美容”へ

 

This article is a sponsored article by
''.