著名人が自慢の「コレクション」を公開する本連載。第8回は、ファッションデザイナー、ポール・スミスが所有するヴィンテージのおもちゃ

BY JOHN WOGAN, ILLUSTRATIONS BY AURORE DE LA MORINERIE, TRANSLATED BY IZUMI SAITO

 伝統的なテーラリングと大胆な色やパターン使いで知られる、ファッションデザイナーのポール・スミス。今年6月公開の映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』では、主演のクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンの衣装を手がけている。

彼は80年代の東京で、中古品店に山と積まれた古き良き時代の玩具を発見し、たちまちそのおどけた姿に魅了される。初めて買ったのは、シェフの格好に蝶ネクタイ、手にはフライパンを持ったセラミック製のブタだった。彼はその日だけで10個もの玩具を購入することになる。

やがて彼の嗜好は知れ渡り、現在ロンドンのスタジオに飾られている200点以上のコレクションの多くは贈り物だ。彼とともに英国ナイトの称号を持つ親友、アップルの最高デザイン責任者ジョニー・アイブからのプレゼントも数点含まれている。「これらを眺めていると、映画『トイ・ストーリー』を思い出すんだ。夜になると、動き出すんじゃないかってさ」

「80年代のはじめに日本で買った最初のおもちゃ。おそらく食品関係の会社が広告用に作ったものだろう」

画像: セラミック製のブタ/1950年代

セラミック製のブタ/1950年代

「クレーンのところに美しい時計を吊り下げて、コヴェント・ガーデン店のウィンドウディスプレイに使ったことがある」

画像: 錫(すず)製のレッカー車/1970年代

錫(すず)製のレッカー車/1970年代

 

This article is a sponsored article by
''.