あまたのセレブリティを虜にする90歳の名物パーソナルショッパー、ベティ・ホールブライシュ。全米ベストセラーとなった自伝が日本で刊行された

BY TERUYO MORI

画像: PHOTOGRAPH BY MICHIKA MOCHIZUKI

PHOTOGRAPH BY MICHIKA MOCHIZUKI

 NYの高級デパート、バーグドルフ・グッドマンには一人の有名なパーソナルショッパーがいる。90歳にして今なお現役のベティ・ホールブライシュだ。シカゴの裕福な家庭に生まれたベティは、生まれながらの名スタイリストというだけでなく、歯に衣着せぬウィットに富んだ会話で大統領夫人やハリウッドスターらの心をつかんで次々と顧客にしてきた。

11月に日本語版が出版されたベティの回想録(原題『I'll Drink To That』)では、華やかなキャリアの陰の波瀾万丈の人生が細かに綴られている。子ども時代には実父が蒸発。19歳で裕福な男性と結婚するも、酒と女に溺れる夫のために精神衰弱に陥り自殺未遂に至って離婚。40歳を目前に社会に出て働きはじめ、現職に就いたのは49歳のときだった。その後も乳がんを患い、恋人とは死別─と、降りかかる火の粉を払いのけながらのたくましい人生録は、出版されるやいなや全米の女性の共感を呼んでベストセラーとなった。

「私は人生のファイターでサバイバー」と明言するベティ。その90年の人生で学んだことは、「息切れすることなく人生を歩む忍耐力」だそうだ。

画像: 顧客の心を豊かにすることを信条とする伝説のパーソナルショッパーが、その波瀾に満ちた人生とファッションを語った自伝 『人生を変えるクローゼットの作り方』¥1,600(集英社)

顧客の心を豊かにすることを信条とする伝説のパーソナルショッパーが、その波瀾に満ちた人生とファッションを語った自伝
『人生を変えるクローゼットの作り方』¥1,600(集英社)

 

This article is a sponsored article by
''.