歌舞伎ワールドへようこそ。劇場の扉、時空の扉、そして心の扉を開いて、絢爛たる異世界へと誘う連載。第十回は、片岡孝太郎さん・千之助さんによる、連載初の親子インタビューが実現

BY MARI SHIMIZU

 まもなく二十歳の誕生日を迎える若き歌舞伎俳優が、歌舞伎座の「二月大歌舞伎」で大役に挑んでいる。片岡千之助さんだ。演じるのは十三世片岡仁左衛門二十七回忌追善狂言として上演される『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』の苅屋姫である。

「びっくりしました。まさに十代最後の試練です」
本人だけでなく驚いたのは父・片岡孝太郎さんも同じだった。「父、つまりこの子の祖父にとっても思いがけないことだったようです」孝太郎さんの父、そして千之助さんの祖父とは、この連載初回にご登場いただいた、人間国宝の片岡仁左衛門さんのことだ。

画像: PHOTOGRAPH BY KEIKO HARADA

PHOTOGRAPH BY KEIKO HARADA

 仁左衛門さんはこの演目で、物語の要である菅丞相を演じる。歌舞伎俳優の家にはそれぞれ大切にしている作品や役があるが、仁左衛門さんがその父である十三代目から受け継いだもののなかでも、菅丞相は“別格”なのだそうだ。孝太郎さんはこんなエピソードを語る。
「この役を勤めるとき、父は稽古に入ってから千穐楽を迎えるまで牛の肉を口にせず、外出も控えます。楽屋には天神様のお軸を祀り、手厚く礼拝。普段の生活から少しでも役に近づこうと日々、勤めているのです」

 菅丞相とは学問の神、天神様として崇められる菅原道真のこと。『菅原伝授手習鑑』でも、人智を超えた特別な存在として描かれる。その養女が苅屋姫だ。道真公が九州大宰府に左遷されたという史実をもとにした物語は、苅屋姫と帝の弟を相思相愛の仲に設定した。その恋が政敵に利用され、菅丞相は謀反の濡れ衣を着せられてしまうのである。

 何度も苅屋姫を演じた経験のある孝太郎さんは、「非常に辛い役」だと語る。
「物語の発端となる大切な役で、自分のせいで菅丞相は無実の罪を着せられてしまうのですから、毎日毎日本当にいたたまれないんです。苅屋姫は養女。実の親でないからこそ、よけいに申し訳ないという気持ちが強くなります。役が決まってから千之助にはプレッシャーをかけているんです。きみ(苅屋姫)がデートにいってしまったせいで、さまざまな不幸が起こるんだからね、と」

画像: 片岡孝太郎(KATAOKA TAKATARO) 歌舞伎俳優。1968年京都府生まれ。十五代目片岡仁左衛門の長男。1973年7月、歌舞伎座『夏祭浪花鑑』の市松で片岡孝太郎を名乗り初舞台。近年、女方の大役を勤める機会が増え充実した舞台が続く。上方歌舞伎の継承にも力をいれている。映画やドラマなどでも幅広く活躍 PHOTOGRAPH BY KEIKO HARADA

片岡孝太郎(KATAOKA TAKATARO)
歌舞伎俳優。1968年京都府生まれ。十五代目片岡仁左衛門の長男。1973年7月、歌舞伎座『夏祭浪花鑑』の市松で片岡孝太郎を名乗り初舞台。近年、女方の大役を勤める機会が増え充実した舞台が続く。上方歌舞伎の継承にも力をいれている。映画やドラマなどでも幅広く活躍
PHOTOGRAPH BY KEIKO HARADA

 千之助さんはつい最近、ある役を通して同じような感情に苛まれた。
「やはり自分の行動を悔やむ役でした。日を重ねるにつれてせりふがどんどん重く響くようになっていったんです。本当に苦しくて辛くて」。千穐楽では裏で泣いてしまったと語る千之助さんの言葉に、孝太郎さんが優しく微笑んで、こう続ける。
「私自身、祖父や父から厳しく言われてきたのは『役になりきる』ということです。ですが、ひとつひとつのせりふやしぐさの意味を理解して気持ちが連動していないとそれは難しい。歌舞伎は様式的な演劇ですが、大切なのは心です」
 舞台のうえで役の人物を生きる。その生きている実感が人物造形を深くする。稽古だけでは得られない境地だ。だからこそ、千之助さんは抜擢された大役を真正面から受け止めることにした。

 

This article is a sponsored article by
''.