星と植物を軸に、隠し味に音楽もイメージソースに加えた濱 美奈子オリジナルの占星術連載。各星座ごとに、その月の運気の流れをサポートするアロマを紹介。星の動きや植物のエネルギーを活用して、あなたの運勢をチューニング!

BY MINAKO HAMA, ILLUSTRATIONS BY HIROSHI KATO

画像1: 濱 美奈子
ハーモニー占星術
2020年7月

ハーモニー占星術とは

「As Above, So Below」。天地照応――宇宙の星々に起こっているのと同様のことが地球上の自然や植物、そして人間にも起こるという考え方です。この考えがベースとなり、古代ギリシャでは星と呼応する薬草を用いた占星医学が発展しました。
 この世のすべてのものは、宇宙の天体の影響を受けて個々のバイブレーションをもっています。植物のバイブレーションや植物から抽出される香りのバイブレーションをまとうことでエネルギーをチューニングし、周囲と調和しながら、本来その人が持っている豊かな音色を奏でられるように整える。それが「ハーモニー占星術」の考え方です。
 各星座に呼応する植物、フレンドリー・プランツは、あなた自身を象徴する植物です。自分自身の軸を確かめたいとき、触れたり眺めたりしてみてください。毎月、天体の動きによる流れのなかであなたをサポートする香りをご紹介します。星々の光は羅針盤、軽やかにまとう香りは追い風。人生の航路を幸福に進むヒントに役立ててください。

7月の空の動き

 今月、天空では活発に動く性質の星座のエリアに太陽、水星、火星、土星が滞在し、互いを主張し合うアングルを形成します。この影響はあらゆる分野における「ウィズコロナ」の良い面、悪い面を浮き彫りにし、緊張や葛藤を生みだしそう。5日に山羊座で起こる満月は、今回の危機が社会全体をよい方向へ向かわせるかどうかの分岐点となりそう。蓄積されていた不満が爆発しやすいときでもあるので、この前後は、自分の生活のリズムや考え方などを心の中心に置き、ストレスをためないように心がけましょう。波乱気味の中で救いとなるのは双子座に滞在中の金星です。こまめに気分転換をすることが功を奏します。疲れたな、と感じたら近所の散策、友人との他愛ないおしゃべり、オンライン学習など隙間時間を利用してできる気分転換が運気を良い方向へ向けるでしょう。

 21日に迎える新月は6月の新月同様、蟹座で起こります。一年の中で同じ星座内で新月が二回続くのは珍しいケース。「安心できる暮らしとは?」「どこで誰とどんなふうに生きていくのか?」など、自身の生活の根本をもう一度、徹底的に見つめ直し、あなたが心地よい方向へシフトしていくまたとないタイミングです。これまで仕事中心で家族との時間が取れなかった、家での楽しみ方が見つからなかった、自分の気持ちを無視するような生き方を送ってきた、そんな思いがある方は自分の基盤となるコトやモノについて向き合うことで、今後、手にする幸せの形も変わっていくでしょう。

今月のハーモニー・ヒント

火の星座(牡羊座、獅子座、射手座)
押してだめなら引いてみる。相手の立場で考えることは自分への気づきにつながる。

風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)
見て見ぬふりをしてきた不安と向き合う。弱点を強みに変えるなら今がチャンス。

土の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)
厳しい批判を並べるより、優しく手を差し伸べることであなたの価値があがる。

水の星座(蟹座、蠍座、魚座)
髪型やメイクを変えて気分一新、心の迷いに別れを告げて新たなスタートを切って。

各星座の運勢、サポート・アロマをチェック

牡羊座( 3/21~ 4/19生まれ)

牡牛座( 4/20~ 5/20生まれ)

双子座( 5/21~ 6/21生まれ)

 蟹座( 6/22~ 7/22生まれ)

獅子座( 7/23~ 8/22生まれ)

乙女座( 8/23~ 9/22生まれ)

天秤座( 9/23~10/23生まれ)

 蠍座(10/24~11/22生まれ)

射手座(11/23~12/21生まれ)

山羊座(12/22~ 1/19生まれ)

水瓶座( 1/20~ 2/18生まれ)

 魚座( 2/19~ 3/20生まれ)

濱 美奈子(MINAKO HAMA)
カウリ・ホリスティック・ヒーリング主宰。香りを様々なニーズに合わせて幅広い視点から選択し、癒しを提供するセラピストとして企業やスクールのほか、病院の精神科でアロマテラピーデイケアを担当するなど多方面で活躍中。多種のライセンスを所持し、アロマテラピー、占星術アロマテラピー®、サトルアロマテラピー、ニュージーランドフラワーエッセンスなどのメソッドによって「癒し」と「気づき」のカウンセリングと、それらに特化したスクールでスペシャリストの指導育成も行っている
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.