ラグジュアリーメゾンで人気が再燃。タロットカードなどのスピリチュアル・モチーフ


BY CHARLOTTE DI CARCACI, TRANSLATED BY CHIHARU ITAGAKI

 往年の名ファッション・デザイナーたちは、その迷信深さでもまた知られている。たとえばココ・シャネル。今も当時のまま残るパリ・カンボン通りの彼女のアパルトマンには、ラッキーシンボルとして知られる口を開けたカエルや水晶など、お守り代わりのアイテムがところ狭しと置かれている。四つ葉のクローバーをデザインに採り入れたのは、ムッシュ・ディオール。彼はランウェイショーの前にはいつもタロット占いをしていたとか。こういったスピリチュアル・モチーフへの傾倒は、現代のデザイナーたちにも見られる。アレキサンダー・マックイーンの最新コレクションでデザイナーのサラ・バートンがインスピレーション源に選んだのは、英国の魔法図鑑にあるようなイラストや図像だ。

画像: アレキサンダー・ マックイーン COURTESY OF ALEXANDER McQUEEN

アレキサンダー・ マックイーン
COURTESY OF ALEXANDER McQUEEN

 

This article is a sponsored article by
''.