緑したたる庭に
ロジータ・ミッソーニを訪ねて

At Home (and in the Garden) With Rosita Missoni
世界的ニットウエア・ブランドの共同創設者は、85歳のいまも現役だ。ファクトリーに隣接する住まいと庭を、ミッソーニ本人が案内してくれた

BY LAURA RYSMAN, PHOTOGRAPHS BY FEDERICO CIAMEI, TRANSLATED BY AKANE MOCHIZUKI(RANDEZ-VOUS)

画像: つい先ごろのある朝、85歳にして働き者の女家長、ミッソーニの共同創設者であるロジータ・ミッソーニは、ミラノの北に位置するスミラーゴの自宅の庭園にTの取材チームを迎え入れてくれた。彼女の家は、ミッソーニのファクトリーの目と鼻の先にある

つい先ごろのある朝、85歳にして働き者の女家長、ミッソーニの共同創設者であるロジータ・ミッソーニは、ミラノの北に位置するスミラーゴの自宅の庭園にTの取材チームを迎え入れてくれた。彼女の家は、ミッソーニのファクトリーの目と鼻の先にある

 85歳にして働き盛りのロジータ・ミッソーニは、今日名だたるラグジュアリー・ファッション・ブランドのひとつとなったミッソーニの共同創設者であり、女主人でもある。彼女は野菜畑の湿った土の上に屈みこんで、夏の収穫物を披露してくれた。野菜の育ち具合をチェックしながら、「これはうちのキッチンで作る料理に、いくらかは貢献しているのよ」と言う。彼女の邸宅はミラノの北、スミラーゴにある森に覆われた丘にあり、私たちはその敷地を探検しているところだ。ミッソーニのファクトリーは、ハナミズキの茂みと松の木並木のすぐ向こうにある。

画像: ミッソーニは、その年齢とは思えないほどエネルギッシュで活発だ。スキューバ・ダイビングを愛好する彼女は、延々と広がる庭園を2時間ものあいだ散策しても疲れを見せない。写真は、キッチンに持っていくズッキーニを収穫しているところ

ミッソーニは、その年齢とは思えないほどエネルギッシュで活発だ。スキューバ・ダイビングを愛好する彼女は、延々と広がる庭園を2時間ものあいだ散策しても疲れを見せない。写真は、キッチンに持っていくズッキーニを収穫しているところ

画像: 広大な敷地には2つの菜園があり、ミッソーニのキッチンで使われるズッキーニ、トマト、キュウリ、ルッコラなどの新鮮な野菜が育てられている。朝の散策のあいだ、ニンニクやバジル、ローズマリー、ミントの花などの いい香りが空気に満ちていた

広大な敷地には2つの菜園があり、ミッソーニのキッチンで使われるズッキーニ、トマト、キュウリ、ルッコラなどの新鮮な野菜が育てられている。朝の散策のあいだ、ニンニクやバジル、ローズマリー、ミントの花などの
いい香りが空気に満ちていた

 野菜を作る小さな区画を囲む木のゲートの内側に入ると、ミッソーニは並んだニンニクの芽や熟れる前のトマト、いくつも垂れ下がったキュウリ、背が伸びて花が咲いたキャベツなどを指し示した。強い匂いを放つ黄色いマリーゴールドが、虫除けのために一列に植えられている。彼女が続けて案内してくれた広大な翡翠色の草地は、樫の木とセイヨウトリネコの並木に囲まれ、あまり元気のなさそうな2匹の犬がだれたように横たわっている。「この2匹は私たちの守護者なのよ」と、彼女は愛情を込めて言う。その髪の毛はアヒルの尾のように編まれて片方の肩にかかっている。ミッソーニのリボンで結ばれた三つ編みは実用的なショートヘアに風変わりなアクセントを添えているが、ニットにジグザグや点描やストライプを自在に取り込み、めくるめく万華鏡に変える方法を見つけ出した女性がする髪型としては、驚くにはあたらない。

画像: アヒルの尾のように三つ編みにされ、ミッソーニのリボンで結ばれた髪は、彼女の個性的なトレードマークとなっている。でもそれは、ニットをジグザグや点描や縞模様を用いて万華鏡のような柄に変えてしまう彼女にとっては、とりわけ驚くべきことではない

アヒルの尾のように三つ編みにされ、ミッソーニのリボンで結ばれた髪は、彼女の個性的なトレードマークとなっている。でもそれは、ニットをジグザグや点描や縞模様を用いて万華鏡のような柄に変えてしまう彼女にとっては、とりわけ驚くべきことではない

 

This article is a sponsored article by
''.