スーツやジャケットの装いは働く男のセンスの見せどころ。過剰な装飾はいらない。欲しいのは、“胸元”のさりげないアレンジとほんの少しのユーモア

PHOTOGRAPHS BY TAKEMI YABUKI(W), STYLED BY NAOKI IKEDA, MODEL BY SIMON, EDITED BY KAI TOKUHARA

画像3: T JAPAN's Choice
胸元のさりげないテクニックが
男のオンタイムの決め手

両端の形状が「CD」のイニシャルになった安全ピンに、ボトルの栓のようなチャームがあしらわれた遊び心あふれるブローチ。タキシード調のドレッシーなピークドラペルスーツにさらりと合わせれば、艶やかなパーティスタイルにほどよい抜け感を演出できる。

ブローチ¥56,000、ジャケット¥650,000、カットソー¥135,000
クリスチャン ディオール(ディオール)
フリーダイヤル:0120-02-1947

画像4: T JAPAN's Choice
胸元のさりげないテクニックが
男のオンタイムの決め手

日本製シルクでポピーの花が表現された「アマポーラブローチ」は、あの「オープンハート」も手がけたエルサ・ペレッティによるデザイン。端正なチェックスーツに大人の可愛げを。

ブローチ¥86,000
ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)
フリーダイヤル:0120-488-712
スーツ¥105,000、ニット¥22,000
ビームス 六本木ヒルズ(ビームス F)
TEL.03(5775)1620

 

This article is a sponsored article by
''.