重たいものは、もう手放す。春風が吹いたら、毎日のバッグをキャンバスかデニムにチェンジ

PHOTOGRAPHS BY KENICHI YOSHIDA, STYLED BY MAYU YAUCHI, EDITED BY ANNA KOBAYASHI

 身も心も、自分の意思で、できるだけ軽やかに。さっぱりとしたキャンバスやアクティブなデニムのバッグをチョイスしたい。

画像1: T JAPAN’s Choice
軽やかに、颯爽と。春のバッグは
キャンバス&デニム主義

熟練の職人の手で丁寧に施された、プレイフルなフラワーモチーフの刺しゅう。竹製のワンハンドルで、手もとの印象がいっそう軽やかに。

ハンドバッグ<H14×W22×D8cm>¥250,000/ミュウミュウ
ミュウミュウ クライアントサービス
フリーダイヤル:0120-451-993

画像2: T JAPAN’s Choice
軽やかに、颯爽と。春のバッグは
キャンバス&デニム主義

シャネルのアイコンバッグ「2.55」のデザインやディテールを現代風に解釈した「シャネル19」。エレガントかつアクティブなデニム素材が永遠に色あせない魅力を放つ。

<H16×W26×D9cm>¥445,000/シャネル
シャネル カスタマーケア
フリーダイヤル:0120-525-519

画像3: T JAPAN’s Choice
軽やかに、颯爽と。春のバッグは
キャンバス&デニム主義

両面がホワイト、サイドはブラウンとタンバリンを思わせるアイキャンディな2WAYバッグ。フロントにアイコンのガンチーニクロージャーが輝く。

<H23×W21×D10.5cm>¥220,000/サルヴァトーレ フェラガモ
フェラガモ・ジャパン
フリーダイヤル:0120-202-170

画像4: T JAPAN’s Choice
軽やかに、颯爽と。春のバッグは
キャンバス&デニム主義

1955年の誕生当初と同じスタイルで蘇ったバッグ「グッチ 1955 ホースビット」。優れたデザインは時を経ても常に最前線に。

<H18×W25×D8cm>¥258,000/グッチ
グッチ ジャパン クライアントサービス
フリーダイヤル:0120-99-2177

 

This article is a sponsored article by
''.