文学、美学、IT、舞台芸術。それぞれの分野で羽ばたく4人の女性がまとうのは、飛翔の力となるジャケット。彼女たちの活躍は、進むべき道を描き出し、その先へと力強く導く

BY AKANE WATANUKI, PHOTOGRAPHS BY WAKABA NODA(TRON), STYLED BY MIHOKO SAKAI

作家・川上未映子

画像: 柔らかいフラワープリントドレスに合わせたのは、かっちりとしたスタンダードなテーラードジャケット。ベージュベースのチェックにミドル丈がモダンな薫りを醸し出す。硬軟を織り交ぜたジャケットスタイル ジャケット¥324,500、ドレス¥445,500、イヤリング¥95,700、ブーツ¥258,500/セリーヌ バイ エディ・スリマン セリーヌジャパン TEL. 03(5414)1401

柔らかいフラワープリントドレスに合わせたのは、かっちりとしたスタンダードなテーラードジャケット。ベージュベースのチェックにミドル丈がモダンな薫りを醸し出す。硬軟を織り交ぜたジャケットスタイル

ジャケット¥324,500、ドレス¥445,500、イヤリング¥95,700、ブーツ¥258,500/セリーヌ バイ エディ・スリマン
セリーヌジャパン
TEL. 03(5414)1401

 2019年に川上未映子さんが上梓した『夏物語』。この世に生命を生み、生まれる意味を問う衝撃的なこの長編小説は、たくさんの言語に訳され、25カ国以上で刊行されることが決まっている。「これほど読まれているのは訳者の力も大きい。英訳をデビッド・ボイドとサム・ベットに頼んだ際、翻訳力だけではなく、彼らがどんなものを見聞きし感じてきたかも大事にしました。訳者とはできるだけ話し合って信頼関係を築きたい」。

 近年の欧米でのアジア女性作家ブームは喜ばしい半面、翻訳の質の問題が横たわり、日本語というマイノリティ言語のある種の限界も感じる。そのなかでヘブライ語やネパール語など、読めない言語でSNSに感想が寄せられたのは新鮮な驚きだった。「他国でも『自分と同じだ』『私たちの物語』という反応が多く、そこは日本と変わらないと興味深く思った点です」。

 今後も同じ訳者チームによる英訳『ヘヴン』『すべて真夜中の恋人たち』など長編小説の海外展開が続く。フィールドを世界に広げている今、文学にできることは何だと考えるのか。「多くの人が思う希望や幸せに同調を求められますが、その希望や幸せという概念を揺らし、疑い破る力のきっかけとなる。それが文学や芸術にできることではないかと思います」

川上未映子(MIEKO KAWAKAMI)
大阪府生まれ。2007年『わたくし率 イン 歯ー、または世界』で早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞、2008年『乳と卵』で芥川賞など受賞歴多数。2020年にはニューヨーク・タイムズの“The Big Ideas”寄稿者に選出。『夏物語』の英訳版『Breasts and Eggs』が同紙の「今年の100冊」など、各国のベスト作品に選ばれている

HAIR BY MASATOSHI TAKEDA(ELME), MAKEUP BY MIEKO YOSHIOKA

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.