海外旅行が夢だった時代から世界の文化や暮らしを伝え続けた紀行番組の金字塔「兼高かおる世界の旅」。自身の視点で世界に切り込み、自身の言葉で優雅に語った兼高の存在が、私たちに与えた影響は計り知れない。一昨年、天国という未知の国に旅立った彼女が撒いた種が、今、さまざまな場所で芽吹きの時を迎えている

BY NAOKO ANDO, PHOTOGRAPHS BY YUJI ONO(OBJECTS), STYLED BY YUKARI KOMAKI(OBJECTS)

 兼高かおるの名前を目にすると、鈴を転がすような美しい声の山の手言葉や、「兼高かおる世界の旅」(TBS系)のテーマソング「Aroundthe World in 80 days(80日間世界一周)」が自然に浮かぶという人も多いことだろう。同番組は、日本における海外旅行自由化以前の1959年から1990年まで放送された。兼高が、自身の視点、自身の言葉で伝えたのは、未知の世界を旅する喜びと、他国の文化を知ることの愉しさ、大切さだ。それらは31年にわたって無数の人々の人生に影響を与え続けた。

 兼高かおる(本名 兼高ローズ)は、2019年1月、90歳で惜しまれながらこの世を去った。パンデミックにより世界が閉ざされた今こそ、彼女の声を聞き、彼女の意見を仰ぎたい。実際に会うことはかなわないが、著書をひもとき、生前の兼高を知る人々に話を聞いた。

画像: オーストラリアの小島ミカエルマス・ケイにて COURTESY OF KAORUKANETAKA FUND

オーストラリアの小島ミカエルマス・ケイにて
COURTESY OF KAORUKANETAKA FUND

 兼高は、自著『わたくしが旅から学んだこと』(小学館)で、こう書いている。“人生。最初の3分の1は、あとで世の中の役に立つようなことを習う。次の3分の1 は、世のため、人のために尽くす。残りの3分の1は、自分で好きなように使う”。

 彼女の人生における“最初の3分の1”は、1928年に神戸で誕生してからロサンジェルス市立大学留学後までだろう。自由な気質の母のもとでのびのびと育つも、学んだ女学校にはなじめなかったという。明るく前向きな雰囲気の留学先では一転、水を得た魚のように勉学に打ち込めたが、度がすぎて体を壊し、卒業前に帰国。東京でジャーナリストとして歩み始めた。ラジオ東京(現TBS)の番組出演をきっかけに、のちに「世界の旅」に発展する日本初の海外取材番組の話が舞い込んだ。

画像: 少女時代の兼高。新井に「3歳の頃、家の近所の知らない場所を初めて一人で歩いたときのワクワクした気持ちが私の原点」と語ったという。それが世界150カ国への旅につながった。“広く世界を知るとは、「他者」というものを理解することにつながります。世界にはさまざまな人がいることを知れば、簡単に人を見下すこともなくなります” ――『わたくしたちの旅のかたち』より COURTESY OF KAORUKANETAKA FUND

少女時代の兼高。新井に「3歳の頃、家の近所の知らない場所を初めて一人で歩いたときのワクワクした気持ちが私の原点」と語ったという。それが世界150カ国への旅につながった。“広く世界を知るとは、「他者」というものを理解することにつながります。世界にはさまざまな人がいることを知れば、簡単に人を見下すこともなくなります” ――『わたくしたちの旅のかたち』より
COURTESY OF KAORUKANETAKA FUND

 そこから“次の3分の1”が始まる。31歳のことだ。その後の31年間は「世界の旅」の番組作りに捧げられた。兼高は、プロデューサー、ディレクター、ナレーターなどを兼任。取材交渉から予算の管理までこなし、多くの場合、カメラマンとスタッフを加えた3名で海外取材を行なった。前例がないため、仕事の仕方を教えてくれる人は誰もいなかったという。当時のTBSの担当者で取材にも同行した多賀敬二は、彼女の様子を「まるで龍のように強く、天に飛んで行きそうな勢いだった」と振り返る。「それでいてエレガントな物腰と聡明なマナーを備え、見聞きしたことをそのまま受け入れる大きな器があった」とも。

画像: 1959年9月、スペイン・バルセロナ取材では、サルバドール・ダリの自宅へ。ワインをごちそうになった。初期の取材時は、日本文化の広報も兼ねて着物で臨んだ COURTESY OF KAORUKANETAKA FUND

1959年9月、スペイン・バルセロナ取材では、サルバドール・ダリの自宅へ。ワインをごちそうになった。初期の取材時は、日本文化の広報も兼ねて着物で臨んだ
COURTESY OF KAORUKANETAKA FUND

画像: 1962年10月、アメリカ取材ではジョン・F・ケネディと対談。弟のロバート・F・ケネディとも挨拶を交わした COURTESY OF KAORUKANETAKA FUND

1962年10月、アメリカ取材ではジョン・F・ケネディと対談。弟のロバート・F・ケネディとも挨拶を交わした
COURTESY OF KAORUKANETAKA FUND

多賀は、番組が500回を数え、軌道に乗った折に兼高とともに制作会社「教育文化制作」を設立し、独立。続く1,000回分は、同社で完成させた番組をTBSに納品する形をとった。負う責任は増大したが、前もってストーリーを決めず、現地で取材を進めつつ番組の方向性を決めていくスタイルの兼高にとって、自身の判断でテーマをより深く掘り下げられる体制を整えたのだ。兼高の口癖「“これしかない”、と考えない」を旨としてあらゆる可能性を追求して徹底的に取材し、練り上げた30分番組の濃密さ、上質さは、色褪せることがない。

画像: 兼高の愛用品。旅行の荷物は驚くほどコンパクトだった。アクセサリートレイ上段中央のアクアマリンの指輪は母から贈られたもの。海外取材時には、日本が誇るパールをよく身につけていた。グリーンの布地は、ウンガロのセットアップ

兼高の愛用品。旅行の荷物は驚くほどコンパクトだった。アクセサリートレイ上段中央のアクアマリンの指輪は母から贈られたもの。海外取材時には、日本が誇るパールをよく身につけていた。グリーンの布地は、ウンガロのセットアップ

“旅と映画が好きな人募集”。新聞の求人広告に惹かれ「教育文化制作」に入社した新井明徳は、初出張のペルー往復の機内を一張羅の礼服で過ごした。「正装のパーティ取材などの際に着用するため必ず持ってくるように言われた礼服をスーツケースに入れ、ジーンズで空港に向かったところ、飛行機に乗る前に兼高さんから“着替えなさい”と言われたのです」。「世界の旅」の取材は、協賛の航空会社の計らいでスタッフもビジネスクラスでの移動だったため、兼高は機内でもきちんとした服装でいることを求めたのだった。

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.