写真、建築、舞台美術と、杉本博司の創作の領域は幅広い。人々をつねに驚かせる、多岐にわたる活動の背景には 「時間」をどうとらえるかという追求があった

BY YOSHIO SUZUKI, EDITED BY JUN ISHIDA

画像: 尾形光琳《紅白梅図屛風》(国宝、MOA美術館)を撮影し、杉本がアレンジを加えプラチナプリントで表現した《月下紅白梅図》を背景に PHOTOGRAPH BY YASUYUKI

尾形光琳《紅白梅図屛風》(国宝、MOA美術館)を撮影し、杉本がアレンジを加えプラチナプリントで表現した《月下紅白梅図》を背景に
PHOTOGRAPH BY YASUYUKI

 杉本博司の美術家としてのキャリアは写真作品から始まった。写真という光学と化学変化を利用するメディア。記録、伝達、報道のための道具だったそれを、現代美術の表現手段に高めたアーティストのひとり―美術史ではそう語られる。

 画面の上半分は空、下半分は海という〈海景〉シリーズが代表作と語られることもあるが、多彩な杉本の仕事や思考をもっとも象徴的に反映しているのは、50年にわたって取り組んでいる〈劇場〉シリーズだろう。モノクロームの写真は、画面中央に真っ白な発光体のような長方形をもつ。その周囲に描き出される歴史ある映画館や劇場のインテリアは、中央の光を放つ物体によって照らしだされているようだ。

 発光体に見える長方形は、じつは中央の客席側とまっすぐに相対する映画のスクリーンである。それは、映画一本分の光すべてを受け止め、光り輝いている。

 人々の人生、ある国や地域の、ある時代を収めるのが映画だ。映画なら簡単に旅することができない場所に行けるし、身近にあってほしくない戦争や暴力を生々しく感じられる。ときに性的欲求を満たす道具にもなるかもしれない。

画像: 〈ジオラマ〉撮影時のノート。撮影データ、 プリントデータともに克明に記録されている PHOTOGRAPH BY YASUYUKI

〈ジオラマ〉撮影時のノート。撮影データ、 プリントデータともに克明に記録されている
PHOTOGRAPH BY YASUYUKI

 映画館内全体を見渡せる客席に大判カメラを設置する。真っ暗な室内。映画が始まる直前にレリーズを握る。シャッターが開く。映画は上映される。エンドロールが流れ、終了するとシャッターを閉じる。数十万コマの映画フィルムを透過してスクリーンに到達した光のすべては、8×10インチのフィルムがすべて拾う。かくして映画一本はたった一枚の写真に収められた。

 

This article is a sponsored article by
''.