今回のリストは、村上隆の“ドラえもん絵画”の新作展。AIやロボット、バイオテクノロジーをテーマに人間の未来の生き方を問う企画展。そして、世界的なメディアアート集団ダムタイプの活動をつまびらかにするエキシビション

BY MASANOBU MATSUMOTO

『ダムタイプ|アクション+リフレクション』|東京都現代美術館

「ダムタイプ」は、1984年、京都で結成された複数のアーティストによるグループ。デジタル制御された照明装置やプロジェクター、大型の映像スクリーン、電子音楽など、当時の最新技術と身体表現を融合させたパフォーマンスやインスタレーションで、世界を唸らせた。

 大型映像プロジェクションによる空間表現や、映像とダンスを組み合わせたパフォーマンス――“テクノロジーを使った新しい表現”と言われるものの多くは、このダムタイプの影響を受けているように思える。

画像: Dumb Type《S/N》 PHOTOGRAPH BY YOKO TAKATANI

Dumb Type《S/N》
PHOTOGRAPH BY YOKO TAKATANI

画像: Dumb Type《LOVE/SEX/DEATH/MONEY/LIFE》 © CENTRE POMPIDOU-METZ / PHOTO JACQUELINE TRICHARD / 2018 / EXPOSITION DUMB TYPE

Dumb Type《LOVE/SEX/DEATH/MONEY/LIFE》
© CENTRE POMPIDOU-METZ / PHOTO JACQUELINE TRICHARD / 2018 / EXPOSITION DUMB TYPE

 東京都現代美術館で開催中の『ダムタイプ|アクション+リフレクション』展は、今年、結成35周年を迎えた彼らの活動を総括的に見せるもの。昨年フランスのポンピドゥー・センター・メッス分館で開かれた同名の回顧展に、新たな作品を加えた、6つのインスタレーション作品を展示する。

 キュレーションを担当した長谷川祐子は、ダムタイプの活動をいま改めて振り返るべき理由があると話す。そのひとつは、卓越した表現性はもちろん、彼らの作品の背後にある批評性が、現代においてもなおアクチュアルであることだという。

 創設期から、テクノロジーと身体、加速する資本主義経済など、ポストモダンの思想と呼応していたダムタイプの作品。メンバーの中心的存在だった古橋悌二が、エイズウイルスに感染すると、とりわけ性差や国籍、人種によるマイノリティへの差別、生と死、愛といったテーマを直接的に作品に取り込んでいく。本展には、古橋の遺作となったソロ作品《LOVERS》(2020年1月19日まで展示)、また、これまでの象徴的な映像素材や舞台装置を再編集したインスタレーションも並び、作品に託されてきた彼らのメッセージをふたたび現代社会に突きつける。

画像: Teiji Furuhashi《LOVERS》1994/2001年 所蔵:国立国際美術館 PHOTOGRAPH BY NOBUTADA OMOTE

Teiji Furuhashi《LOVERS》1994/2001年 所蔵:国立国際美術館
PHOTOGRAPH BY NOBUTADA OMOTE

画像: DUMB TYPE《Playback》 © CENTRE POMPIDOU-METZ / PHOTO JACQUELINE TRICHARD / 2018 / EXPOSITION DUMB TYPE

DUMB TYPE《Playback》
© CENTRE POMPIDOU-METZ / PHOTO JACQUELINE TRICHARD / 2018 / EXPOSITION DUMB TYPE

 また16台のレコードプレイヤーを並べた《PLAYBACK》は、「ひとつのプレイヤーが音を発すると、それに耳を傾けるように隣のプレイヤーが静止したり、各々が自律しているかのようにプログラムされている」と長谷川は解説する。「ネットワーク社会に対する現代的なビジョンが、この作品の背後に感じられます」

 なお、会場に設置された作品は、鑑賞者の動きを想定し、それぞれ音量や映像が始まるタイミングがコントロールされているという。作品どうしが同期する――展示空間そのものが、ダムタイプの変わらぬ先駆的な実験性を物語る。

ダムタイプ|アクション+リフレクション
会期:〜2020年2月16日(日)
会場:東京都現代美術館
住所:東京都江東区三好4-1-1
開館時間:10:00〜18:00(展示室入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜(2020年1月13日は開館)、12月28日〜2020年1月1日、1月14日
入場料:一般 ¥1,400、65 歳以上、大学・専門学校 ¥1,000、中・高生 ¥500、以下無料
公式サイト

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.