世界的に知られる芸術家、クリストとジャンヌ=クロード。昨年、実現した《包まれた凱旋門》の制作背景とふたりの芸術哲学を紹介するエキシビションが開催中だ

BY MASANOBU MATSUMOTO

『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』|21_21 DESIGN SIGHT

 2021年9月18日から16日間、フランス・パリのエトワール凱旋門が布で包まれた。風が吹くと、縦に落ちたドレープがさらさらと揺れ、銀色にコーティングされた布は陽の光を反射して、朝日から夕焼けへとその色を徐々に変化させていく。凱旋門が呼吸し、生きているかのように見える。製作者はクリストとジャンヌ=クロード夫婦。布を使って景観を変える大規模なアートプロジェクトで知られる世界的美術家だ。

 クリストはブルガリア生まれ。1958年、移り住んだパリでジャンヌ=クロードと出会い、パートナーとして、コラボレーターとしてともに創作活動を展開してきた。この凱旋門を梱包するというアイデアは、1961年、クリストが制作したフォトモンタージュ作品のなかで提示されていたものだ。当時、特に現実化を想定したものではなかったというが、2016年から17年にかけて転機が訪れる。ポンピドゥー・センターでの回顧展(2020年に開催)の準備中、「美術館の外で、新たに作品をつくるならば……」という議題のなかでそのフォトモンタージュの現実化が推し進められることになったのだ。構想から約60年たって実際に姿を現した《包まれた凱旋門》。ジャンヌ=クロードは2009年に死去、クリストもその製作中の2020年に他界したが、多くの賛同者がその意思を引き継ぎ、ふたりが夢見た光景が現実のものとなった。

画像: クリストとジャンヌ=クロード《包まれた凱旋門 、パリ、1961–2021》 PHOTOGRAPH BY BENJAMIN LOYSEAU © 2021CHRISTO AND JEANNE-CLAUDE FOUNDATION

クリストとジャンヌ=クロード《包まれた凱旋門 、パリ、1961–2021》
PHOTOGRAPH BY BENJAMIN LOYSEAU © 2021CHRISTO AND JEANNE-CLAUDE FOUNDATION

画像: スタジオで《包まれた凱旋門》のドローイングを描くクリスト。2019年9月21日、ニューヨークにて撮影。 PHOTOGRAPH BY WOLFGANG VOLZ © 2021CHRISTO AND JEANNE-CLAUDE FOUNDATION

スタジオで《包まれた凱旋門》のドローイングを描くクリスト。2019年9月21日、ニューヨークにて撮影。
PHOTOGRAPH BY WOLFGANG VOLZ © 2021CHRISTO AND JEANNE-CLAUDE FOUNDATION

 21_21 DESIGN SIGHTで開かれている『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』は、このプロジェクトの制作背景と現実になるまで長い道のりに焦点をあてながら、ふたりの人生、芸術観を紐解く。主な展示物は《包まれた凱旋門》ためのドローイング(レプリカ)や設計図、完成後の写真や映像、さらに一部過去のプロジェクト作品のスライド映像など。また会場空間を、現場を疑似体験できるように今回のプロジェクトのために製作した布と赤いロープがインスタレーション的に彩られている。

 クリストとジャンヌ=クロードはなぜ、アート界で注目されてきたのか。その理由はたくさんある。作品のコンセプトやスケール、アイデアを実現するためのプレゼンテーション能力、そして人を巻き込む力。本展では14人の関係者のインタビュー映像が上映されているが、すべての語り口から溢れ出るのはふたりへの親愛だ。

 また、周辺環境への配慮も彼らの創作活動から学ぶべきポイントだ。かつてアメリカ・カリフォルニア州から布のフェンスをたてた《ランニング・フェンス》は、作品を設置することによる動植物への影響などをふたりが自費でリサーチし、分厚いレポートを用意して、住民たちへの説明会も丁寧に行なった。《包まれた凱旋門》でも、幾度となく専門家たちとシミュレーションを行い、また使用されている布も、サステナブルな素材を採用。布に施した銀色のコーティングも新しい技術が試されている。ちなみに、当初このプロジェクトは2020年4月に行う予定だったが、凱旋門に野鳥が巣を作っており、雛が巣立つ秋まで会期を延ばしたという経緯もある。

画像: 凱旋門の柱前面の彫刻を守るために、鉄の枠を設置している様子 PHOTOGRAPH BY WOLFGANG VOLZ © 2021CHRISTO AND JEANNE-CLAUDE FOUNDATION

凱旋門の柱前面の彫刻を守るために、鉄の枠を設置している様子
PHOTOGRAPH BY WOLFGANG VOLZ © 2021CHRISTO AND JEANNE-CLAUDE FOUNDATION

画像: 凱旋門の外壁の前面に布を広げている様子。布はおよそ2万5000平方メートル、固定するためのロープは約3000メートルに及んだ PHOTOGRAPH BY BENJAMIN LOYSEAU © 2021CHRISTO AND JEANNE-CLAUDE FOUNDATION

凱旋門の外壁の前面に布を広げている様子。布はおよそ2万5000平方メートル、固定するためのロープは約3000メートルに及んだ
PHOTOGRAPH BY BENJAMIN LOYSEAU © 2021CHRISTO AND JEANNE-CLAUDE FOUNDATION

 加えて言えば、費用に関する点。企業からの献金や公的機関からの助成金を一切受けず、自身のドローイングや模型などを販売して得た資金を大規模なプロジェクトに充てていた。ある意味、企業よりもしっかりとしたビジネスのストラクチャーとポリシーがあった。

 あなたの作品は何ですか?ーーそう問われたとき、ジャンヌ=クロードは必ず「ビューティ・アンド・ジョイ(美しさと喜び)」と答えていたという(そして作品が完成すると、決まってふたりはその前で記念写真を撮影していた)。《包まれた凱旋門》では、パンデミックが完全に収束していない時期にも関わらず、16日間で約600万の人が現地に足を運び、その「美しさと喜び」の瞬間を共有した。それが、どれほどの社会的なインパクトと価値の創出に繋がったのかーー近年、流行しているアート思考に関心がある人にも必見の展覧会だ。

画像: パリの街並みに溶け込む《包まれた凱旋門、パリ、1961–2021》。布の表面は白く輝く銀、裏面はブルー、ロープは赤。フランス国旗を思わせるトリコロールを採用した PHOTOGRAPH BY WOLFGANG VOLZ © 2021CHRISTO AND JEANNE-CLAUDE FOUNDATION

パリの街並みに溶け込む《包まれた凱旋門、パリ、1961–2021》。布の表面は白く輝く銀、裏面はブルー、ロープは赤。フランス国旗を思わせるトリコロールを採用した
PHOTOGRAPH BY WOLFGANG VOLZ © 2021CHRISTO AND JEANNE-CLAUDE FOUNDATION

『クリストとジャンヌ= クロード “包まれた凱旋門”』
会期:~2023年2月12日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT
住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
開館時間:10:00~19:00
※入場は閉館時間の30分前まで
休館日:火曜、年末年始(12月27日〜1月3日)
料金:一般 ¥1,200、大学生 ¥800、高校生 ¥500、中学生以下無料
※施設内「ギャラリー3」は入場無料
電話:03-3475-2121
公式サイトはこちら

※新型コロナウイルス感染予防に関する来館時の注意、最新情報は各施設の公式サイトを確認ください

T JAPAN webメルマガ会員限定!
Amazonギフト券1万円分プレゼント

応募する
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.