植物由来のスキンケアブランド「レッドフラワー」の創設者ヤエル・アルカレーは年に一度、マサチューセッツ州の南岸に向かう。そこで彼女が手を泥だらけにしながら探すのは、新たなスキンケアの素材となる薬効の高い植物だ

BY KARI MOLVAR, PHOTOGRAPHS BY GABRIELA HERMAN, TRANSLATED BY FUJIKO OKAMOTO

 植物が最盛期を迎える春から夏にかけて、アルカレーはボーンという町にあるベイエンドファームを度々訪れては最高の状態の植物を探し回る。そして、小さなカフェに立ち寄ってアイスコーヒーで喉を潤してから、この35エーカー(約43,000坪)もあるオーガニックファームの三代目オーナーであるコフィ・インガソルとおしゃべりを楽しむ。ベイエンドファームでは肌を活性化する効果のあるビートやキュウリ、ラベンダーを「The 10,000」コレクションに提供している。インガソルがアルカレーに是非見てもらいたいというキュウリ畑には、夏に雨が多かったおかげでキュウリがたわわに実っていた。アルカレーは太陽に顔を向け、鮮やかな濃い緑色のキュウリを味わった。「最高の出来だわ」。

画像: レッドフラワーは創設当初から多くの原料供給業者と連携しながら製品づくりに取り組んできた。マサチューセッツ州ボーンにある35エーカーのオーガニックファーム「ベイエンドファーム」は35品種の植物を栽培しており、「The 10,000」コレクションにビートを、ボディウォッシュやローションなどを展開する「Flowers Hold Life」コレクションにはラベンダーやキュウリを提供している

レッドフラワーは創設当初から多くの原料供給業者と連携しながら製品づくりに取り組んできた。マサチューセッツ州ボーンにある35エーカーのオーガニックファーム「ベイエンドファーム」は35品種の植物を栽培しており、「The 10,000」コレクションにビートを、ボディウォッシュやローションなどを展開する「Flowers Hold Life」コレクションにはラベンダーやキュウリを提供している

 アルカレーは採れたての収穫物を抱えて、ニューベッドフォードのダウンタウンにあるスタジオに向かう。そこは夏の間だけ借りている、かつての織物工場を利用したシェアスペースだ。天井が約4.6mもあり、ペンキがはがれた窓から港が一望できる。彼女はそこにポータブルの水蒸気蒸留装置と手動のハンドプレス機を持ち込み、自ら収穫した植物から有効成分の抽出を試みる。「素材にじっくり向き合って、どんな可能性を秘めているのか見極めたい」と言う。様々な植物をいじりながら、今後のフォーミュラ開発の参考にするために小さなメモ帳に気づいたこと――ヤマモモ:ワックス成分を分離するコツをまだ習得していない、など――を書きとめる。

画像: 織物工場にあるアルカレーのスタジオ。画家のジュディス・クラインとスペースを共有している。ハリケーンで壊れた障壁を再利用して作られたデスク。壁にはクラインの作品が飾られている

織物工場にあるアルカレーのスタジオ。画家のジュディス・クラインとスペースを共有している。ハリケーンで壊れた障壁を再利用して作られたデスク。壁にはクラインの作品が飾られている

画像: アルカレーが実現可能性のあるフォーミュラを書きとめたメモは、書籍や旅の思い出の品とともにデスクに置かれている。レッドフラワーを設立する前に、日本で資生堂のプロジェクトコンサルタントとして働いた5年間の経験が、彼女の化粧品開発における美学を作り上げたという。「普通なら気づかないような微細なディテールも、目に見えるものと同じように重要だということを学びました」

アルカレーが実現可能性のあるフォーミュラを書きとめたメモは、書籍や旅の思い出の品とともにデスクに置かれている。レッドフラワーを設立する前に、日本で資生堂のプロジェクトコンサルタントとして働いた5年間の経験が、彼女の化粧品開発における美学を作り上げたという。「普通なら気づかないような微細なディテールも、目に見えるものと同じように重要だということを学びました」

 ハリケーンで壊された障壁の木片で作ったアルカレーのデスクには、「The 10,000」コレクションのボトルが並んでいる。貼っていないように思われたラベルは、ちゃんとボトルの底に目立たないように貼られていた。「容器はシンプルなほうがラグジュアリーに感じられる」というのがアルカレーの持論なのだ。圧搾作業に戻ろうとしたアルカレーは、奇妙な形に押しつぶされたラズベリーの枝を見つけた。「あらまあ。あなたが踏みつけてしまったのね」と、彼女の足元で脚を伸ばしてぐっすり眠っているソルティーに微笑みかけた。

画像: 「イルミネイティング ローズ コラーゲン リニューアル フェイス セラム」。100kgのバラの花びらから抽出した高濃度のローズエッセンシャルオイルを配合。毛穴を引き締めてふっくらとした肌に導いてくれる美容オイル。本製品をはじめ、「The 10,000」が展開する製品はすべてボトルの底にラベルが貼られている

「イルミネイティング ローズ コラーゲン リニューアル フェイス セラム」。100kgのバラの花びらから抽出した高濃度のローズエッセンシャルオイルを配合。毛穴を引き締めてふっくらとした肌に導いてくれる美容オイル。本製品をはじめ、「The 10,000」が展開する製品はすべてボトルの底にラベルが貼られている

Kari Molver:フリーランスのライター。専門はビューティ、健康、ライフスタイル。シンプルな美の習慣の素晴らしさを伝えるウェブサイト「Routine Matters」の創設者

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.