贈る人も、贈られる人も幸せになれるギフトの季節が到来。目利きが薦める良品美品やアイデアを、あなたの大切な人への贈り物に役立てて。<Vol.1>では、だれもに愛される優しい甘さのスイーツや、冬景色に映えるフラワーギフト、おしゃれなあの人に贈りたいコフレなどをご紹介

PHOTOGRAPHS BY SHINSAKU KATO, STYLED BY MAYU YAUCHI, EDITED BY YUKINO HIROSAWA(P1-2), MICHINO OGURA(P3)

花を素敵に贈る4つのアイデアとご指名フロリスト

画像5: ほかのギフトをみる

ほかのギフトをみる

男性が持っても気恥ずかしくない、相反する要素を閉じ込めたブーケ
「ダイナミックであり繊細、ワイルドなのにどこか色気がある……。相反する組み合わせが得意な芳賀規良さんのセンスも信頼しています。花が不思議と長もちするのもありがたい」と スタイリストの吉田佳世さん。カラーやグズマニアなどの生花、そして乾燥させたユーカリや大ぶりのクジャクヤシで包み込んで。

ブーケ ¥10,000 ※事前に要予約
chibi
TEL. 03(5722)0528

画像6: ほかのギフトをみる

ほかのギフトをみる

神様の森から分けていただく、オーガニックのリース
編集Wが薦めるのは「エネルギー体として気持ちのいい植物を用いた市村美佳子さんのアレンジメント」。伊勢神宮の式年遷宮で使うご用材を育てる神宮備林と呼ばれる“加子母(かしも)の森”からおすそ分けいただいたスギやヒノキの間伐材にユーカリやセージをからめて。

神様の森のクリスマスリース
<直径約37cm> ¥12,000(税込み)※なくなり次第終了
緑の居場所デザイン
www.midorinoibasho.jp

画像7: ほかのギフトをみる

ほかのギフトをみる

フラワーバッグには、多種多様な草花を盛り込んで
フリーランス・プレスの黒田朋子さんが今、最も注目するのが「THE MOTT HOUSE TOKYO」のインショップとして開店したここ。ファッションと関連性のあるアレンジとして誕生したフラワーバッグは、赤つるにバラやケイトウを加え、マニアックな草花を枠にとらわれず自由にからめたもの。ハンギングタイプゆえ、玄関などに飾っても。

フラワーバッグ ¥8,000
VEIN
TEL. 03(6325)2593

画像8: ほかのギフトをみる

ほかのギフトをみる

新春に縁起を呼び込む、寿の箸置き
「『TSUBAKI』の山下郁子さんが手がける、みずみずしくて見目麗しいフラワーアレンジメントのファンです」とライターの広沢幸乃さん。新春を迎える際に揃えたい“縁起もの”も「箸置き」なら気軽に華を添えられる。松葉や稲穂、南天の実を、紅白の水引で結わえて。

箸置きセット ¥10,000 ※なくなり次第終了
TSUBAKI
contact@tsubaki-tokyo.jp

 

This article is a sponsored article by
''.