防災への取り組みは後回しにせず、きちんと考え、賢く備える。“イザ”への備えは、日頃から手と目の届くところへ。しまい込まずに、暮らしのなかで楽しみながらなじんでおきたい。そこでキャンパー・防災士として活動する三沢真実さんの解説とともに、編集部厳選の防災にも役立つアイテムを紹介

BY EMI ARITA

 停電が起きたときに懐中電灯を慌てて探したり、防災バッグに入れていた缶詰の賞味期限が切れていたり…。“イザ”というときに「どこにあるかわからない」「使いこなせない」では、せっかくの備えも意味をなさない。日頃から、いつ、どこで、何が起きても対応できる状況を想定した暮らし方を前向きに考えることが、今、求められている。
 防災士の三沢真実さんは、キャンパーとしてアウトドア事業に取り組む傍ら、キャンプで培った知恵や道具を生かし、おしゃれで楽しく防災に取り組むコツを発信している。「防災は、備えておかないと困るとわかっていても、つい後回しになりがち。でもキャンプをしたり、住まいをおしゃれにしたり、日々の暮らしを彩るモノやコトで備えができれば、無理なく、無駄なく、楽しく取り組めると思います」と三沢さん。

インテリアを彩るLEDランタンで灯りの備えを

「懐中電灯やランタンはしまい込むのではなく、常日頃から手の届く場所にあることが大切です」。活用したいのがおしゃれなLEDランタン。三沢さんも愛用しているというモリモリの「LED ランタンスピーカー S1」は、インテリアとしても飾れるスマートなデザイン。日頃からリビングや寝室、玄関など住まいの至る所に置いておけば、イザというとき真っ暗な中でもすぐに手に取ることができる。いつもの暮しのなかでも、灯りの演出するムードをぜひ楽しんで。

画像: COURTESY OF MORIMORI 炎のシルエットを象ったガラスシェードが特徴の「LED ランタンスピーカー S1」。スマホとBluetooth接続で音楽を楽しむのにも重宝。生活防水(IPX4)設計のため、キッチンやアウトドアなど水回りでの使用も安心。カラーバリエーションは全7色とインテリアに合わせて選べる。ランタン「LED ランタンスピーカー S1」<ブラック/PANTERA>¥14,080/MoriMori(モリモリ) MoriMori(モリモリ) 公式サイトはこちら

COURTESY OF MORIMORI 

炎のシルエットを象ったガラスシェードが特徴の「LED ランタンスピーカー S1」。スマホとBluetooth接続で音楽を楽しむのにも重宝。生活防水(IPX4)設計のため、キッチンやアウトドアなど水回りでの使用も安心。カラーバリエーションは全7色とインテリアに合わせて選べる。ランタン「LED ランタンスピーカー S1」<ブラック/PANTERA>¥14,080/MoriMori(モリモリ)

MoriMori(モリモリ)
公式サイトはこちら

1台3役で頼れる多機能スマホ充電スタンド

 通信機器にとって欠かせないバッテリーや電源機器は「どんなものに充電や給電をしたいかを考えて選ぶことがポイントです」と三沢さん。理想はライフラインともなるスマホやタブレットを3日〜1週間充電できること。一般的なモバイルバッテリーの場合、蓄電不足に陥る可能性もあるが、杉田エースの「デンクル」は普段は小物入れと一体化した充電台、非常時にはモバイルバッテリー、さらに蓄電不足のときは手回し発電機と3役を担う。長引く停電時にも頼りになりそうだ。スマートなルックスはリビング、寝室、玄関などどこにおいてもサマになる。

画像: PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO 小物入れとバッテリーが一体化した充電スタンド。普段はスマホの充電器や小物入れとして使いながら中央のバッテリーに蓄電ができ、非常時にはバッテリー部分を持ち出すことができる。バッテリー部分は手回し発電機にもなるため、蓄電不足にも対応可能。nendo(佐藤オオキ)によるデザイン。手動発電式バッテリー「デンクル」<ブルー>¥11,000/杉田エース 杉田エース TEL0120-561-521 公式サイトはこちら

PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO

小物入れとバッテリーが一体化した充電スタンド。普段はスマホの充電器や小物入れとして使いながら中央のバッテリーに蓄電ができ、非常時にはバッテリー部分を持ち出すことができる。バッテリー部分は手回し発電機にもなるため、蓄電不足にも対応可能。nendo(佐藤オオキ)によるデザイン。手動発電式バッテリー「デンクル」<ブルー>¥11,000/杉田エース

杉田エース
TEL0120-561-521
公式サイトはこちら

スタイリッシュでコンパクトなソーラーパネル

 バッテリーやUSB充電器は、自分のライフスタイルの中で出番のあるものを選ぶとよい。海や山へレジャーに出かける機会が多いなら、ソーラーパネル「アンカー パワーソーラー フレックス 3 ポート24W」もおすすめだ。3枚のソーラーパネルと3つのUSB-Aポートを搭載し、スマホやタブレットを3台まで同時にチャージ可能。コンパクトに折りたためて、バッグに入れて持ち歩ける。同じくアンカーからモバイルバッテリーを買い足せば、蓄電してこともできる。

画像: PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO 超薄型CIGSが採用され、コンパクトに折りたためる「アンカー パワーソーラ フレックス 3 ポート24W」。自動再充電機能が搭載され、太陽光を感知すると自動で充給電が開始される。収納ケース付きでケーブルの持ち運びも便利。ソーラーパネル「アンカー パワーソーラー フレックス 3ポート24W」<W約985 ×H 307 ×D 4 mm (展開時) 、W約245 ×H 307 ×D 50 mm (格納時)>¥9,990/アンカー・ジャパン

PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO

超薄型CIGSが採用され、コンパクトに折りたためる「アンカー パワーソーラ フレックス 3 ポート24W」。自動再充電機能が搭載され、太陽光を感知すると自動で充給電が開始される。収納ケース付きでケーブルの持ち運びも便利。ソーラーパネル「アンカー パワーソーラー フレックス 3ポート24W」<W約985 ×H 307 ×D 4 mm (展開時) 、W約245 ×H 307 ×D 50 mm (格納時)>¥9,990/アンカー・ジャパン

画像: PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO ソーラーパネルは3枚。使用する環境や接続するデバイスにもよるが、最大出力は21W アンカー・ジャパン 公式サイトはこちら

PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO

ソーラーパネルは3枚。使用する環境や接続するデバイスにもよるが、最大出力は21W

アンカー・ジャパン
公式サイトはこちら

大容量の電力を確保するポータブル電源があれば安心

 イザというときもパソコンや家電も使えるように備えるならば、大容量のポータブル電源があると安心だ。ジャクリのポータブル電源1500とソーラーパネル100Wがセットになった「ジャクリ ソーラージェネレーター 1500 (100W2枚セット)」は、1534Whの大容量で、2~5人で2〜4日程度の電力を確保することが可能。災害時だけでなく、キャンプなどのレジャーシーンでも活躍してくれる。バッテリーや電源機器は、まずは“イザ”というときに稼働させたいものを精査し、その上で自分の日常生活でも役立つものは何かを考えて選ぶのがポイント。

画像: COURTESY OF JACKERY パソコンや電子レンジなどの調理器具、扇風機などの家電製品も使用可能な大容量。ソーラーパネル付きで、万が一の蓄電不足にも対応できる。ポータブル電源「ジャクリ ソーラージェネレーター 1500 (100W2枚セット)」<W355×H265 ×D253mm>¥242,600/ジャクリ ジャクリ・ジャパン TEL050-3198-9007 公式サイトはこちら

COURTESY OF JACKERY

パソコンや電子レンジなどの調理器具、扇風機などの家電製品も使用可能な大容量。ソーラーパネル付きで、万が一の蓄電不足にも対応できる。ポータブル電源「ジャクリ ソーラージェネレーター 1500 (100W2枚セット)」<W355×H265 ×D253mm>¥242,600/ジャクリ

ジャクリ・ジャパン
TEL050-3198-9007
公式サイトはこちら

フードロス削減にも役立つ、美味しくてヘルシーな長期保存食

 美味しいものを食べれば元気が出るし、体力も回復する。備蓄用の食料を選ぶ上で大切なのが、食べたいと思うものを選ぶこと。三沢さんもストックしているという長期保存食「IZAMESHI(イザメシ)」は、日々のおかずとしても活用できるメニューが豊富に揃い、美味しく食べやすいのが特徴だ。保存料不使用で添加物も最小限に抑えられた商品もあり、ヘルシーなのもうれしい。

「ほかにも輸入品の缶詰とか、ちょっと贅沢できそうなものを買ってみるのもおすすめです。賞味期限が近くなったら食べてみて、美味しかったらまた買い足す。そうやって、日常的に食べたいと思えるものを備蓄すれば、賞味期限切れによるフードロスも防げて、日々の楽しみにもつながります」。

画像: PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO 温めなくても食べられる商品もあるIZAMESHI (イザメシ)。「ヘルシーセット」は五目ご飯や豚汁、ぶり大根など、和食メニュー3食分(賞味期限:製造より3年)がセットに。長期保存食「ヘルシーセット」¥3,240/IZAMESHI (イザメシ)

PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO

温めなくても食べられる商品もあるIZAMESHI (イザメシ)。「ヘルシーセット」は五目ご飯や豚汁、ぶり大根など、和食メニュー3食分(賞味期限:製造より3年)がセットに。長期保存食「ヘルシーセット」¥3,240/IZAMESHI (イザメシ)

 飲料水はひとりあたり1日3リトッル、それを最低3日分用意することが推奨されているが、三沢さん曰く「すべてが水である必要はないのです」。ジュースやお茶など、好みの飲料を用意してもよい。トマトジュースや豆乳飲料であれば、賞味期限が近づいたらスープなどの調理に使って消費することもできる。水や食料の備蓄は、日常的に楽しむ機会があるものもストックしておこう。

画像: PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO (左3点)「ゆかり®」でお馴染みの三島食品とコラボレーションしたおかゆのセットは食欲がないときの助けにも。長期保存食「ゆかり®とおかゆ」、「あかり®とおかゆ」、「かおり®とおかゆ」各¥454 (右)ひじき、しいたけ、しめじ、れんこんなどが入った具沢山みぞれソースのハンバーグは普段のおかずにもおすすめ。長期保存食「ひじきときのこのみぞれハンバーグ」¥594/すべてIZAMESHI 杉田エース TEL0120-561-521 公式サイトはこちら

PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO

(左3点)「ゆかり®」でお馴染みの三島食品とコラボレーションしたおかゆのセットは食欲がないときの助けにも。長期保存食「ゆかり®とおかゆ」、「あかり®とおかゆ」、「かおり®とおかゆ」各¥454 (右)ひじき、しいたけ、しめじ、れんこんなどが入った具沢山みぞれソースのハンバーグは普段のおかずにもおすすめ。長期保存食「ひじきときのこのみぞれハンバーグ」¥594/すべてIZAMESHI

杉田エース
TEL0120-561-521
公式サイトはこちら

防災用品は納戸の奥ではなく、おしゃれな収納スツールにイン!

「クローゼットや納戸の奥に防災用品をしまい込みがちですが、水や非常用トイレなど災害が起きた時にすぐに使うものは、リビングなどすぐに手に取れる場所にあると安心です」。発泡素材のスツール「ソナエア」は防災用品の収納具という用途を持ちながら、リビングや寝室などインテリアにも馴染むスタイリッシュなデザインが特徴。

画像: PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO 防災用品をインテリアの一部として常に身近に置き、必要なときにはすぐに取り出せることを目指した発泡素材のスツール「ソナエア」。2Lのペットボトルを4本収納できるほか、保冷機能により、停電時には冷蔵庫の食材の保管庫にもなる。さらに水害時には浮遊具として避難の助けにも。スツール「ソナエア」<W340×H430×D310mm>各¥5,980/石山

PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO

防災用品をインテリアの一部として常に身近に置き、必要なときにはすぐに取り出せることを目指した発泡素材のスツール「ソナエア」。2Lのペットボトルを4本収納できるほか、保冷機能により、停電時には冷蔵庫の食材の保管庫にもなる。さらに水害時には浮遊具として避難の助けにも。スツール「ソナエア」<W340×H430×D310mm>各¥5,980/石山

画像: PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO 仕切り用のトレーが付いており、収納するものによって自由にカスタマイズできる 株式会社石山 TEL03-3632-8500 公式サイトはこちら

PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO

仕切り用のトレーが付いており、収納するものによって自由にカスタマイズできる

株式会社石山
TEL03-3632-8500
公式サイトはこちら

イザというときの移動手段「エマージェンシーバイク」

災害時は、交通手段も道路状況もふだんとは異なる。そんなときに役立つのが、ノーパンクタイヤを用いた折りたたみ自転車「エマージェンシーバイク」。スマートなスタイルは日々の通勤や通学にも活躍。コンパクトに折りたたんで持ち出せるのでレジャーシーンでも重宝。大量の荷物の運搬ができるように設計されており、あらゆるシーンで頼れる1台。

画像: COURTESY OF CYCLE BASE ASAHI 災害時の悪路にも耐性のあるノーパンクタイヤを採用。前後のキャリアには最大7㎏までの荷物の積載が可能。折りたたみ自転車「エマージェンシーバイク」¥42,900/サイクルベースあさひ

COURTESY OF CYCLE BASE ASAHI

災害時の悪路にも耐性のあるノーパンクタイヤを採用。前後のキャリアには最大7㎏までの荷物の積載が可能。折りたたみ自転車「エマージェンシーバイク」¥42,900/サイクルベースあさひ

画像: COURTESY OF CYCLE BASE ASAHI さらに、別売りのトレーラーを接続すればこの通り、大量の荷物を運ぶことも可能に。トレーラーのタイヤもノーパンクタイヤを採用。災害時だけでなく、アウトドアシーンでも大活躍間違いなし サイクルベースあさひ 公式サイトはこちら

COURTESY OF CYCLE BASE ASAHI

さらに、別売りのトレーラーを接続すればこの通り、大量の荷物を運ぶことも可能に。トレーラーのタイヤもノーパンクタイヤを採用。災害時だけでなく、アウトドアシーンでも大活躍間違いなし

サイクルベースあさひ
公式サイトはこちら

日常使いにも重宝するおしゃれなシュラフ

「キャンプ用品には、機能性、デザイン性ともに優れも、災害時にも日常使いにも役立つアイテムがたくさんあります」と三沢さん。ノルディスクのシュラフ「アーモンド」シリーズもそのひとつ。全側面にジッパーが用いられ、広げればブランケットやひざ掛けとして日常使いもしやすい仕立て。アウトドアでも愛用できるデザインと機能を備えたものを、いつものリビングに。

画像: COURTESY OF NORDISK 100%オーガニックコットン製、3シーズン対応のシュラフ。裏地はフランネル素材でやわらかく、心地よさも抜群。シュラフ「アーモンド -2」<Sサイズ:長さ175 cm×幅 70 cm>¥20,900/ノルディスク

COURTESY OF NORDISK

100%オーガニックコットン製、3シーズン対応のシュラフ。裏地はフランネル素材でやわらかく、心地よさも抜群。シュラフ「アーモンド -2」<Sサイズ:長さ175 cm×幅 70 cm>¥20,900/ノルディスク

画像: COURTESY OF NORDISK 収納すればスクエア型のクッションに変身。リビングや車に常備しておくにも便利 ノルディスク・ジャパン 公式サイトはこちら

COURTESY OF NORDISK

収納すればスクエア型のクッションに変身。リビングや車に常備しておくにも便利

ノルディスク・ジャパン
公式サイトはこちら

画像: 三沢真実 アウトドア事業「CAMMOC」共同代表・防災士。キャンプ生活で自然と身につく知恵や、揃えられる道具で無理なく無駄なく楽しくできる防災を「SDGs防災キャンプ」と名付けて防災啓蒙活動をするほか、防災キャンプ講座の講師やイベント監修も手掛ける。公式サイトはこちら COURTESY OF MAMI MISAWA

三沢真実
アウトドア事業「CAMMOC」共同代表・防災士。キャンプ生活で自然と身につく知恵や、揃えられる道具で無理なく無駄なく楽しくできる防災を「SDGs防災キャンプ」と名付けて防災啓蒙活動をするほか、防災キャンプ講座の講師やイベント監修も手掛ける。公式サイトはこちら

COURTESY OF MAMI MISAWA

関連記事
機能も見映えも秀逸な防災グッズ>>

T JAPAN webの
編集デスク・WEBエディター募集

応募する
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.