現代の日本に生きる人々が抱える深淵を描いて世界から注目を集める3人の映画監督たち

BY REIKO KUBO, PHOTOGRAPHS BY KATSUMI OMORI

画像: 李 相日 監督 演出にも妥協がないことで恐れられている

李 相日 監督
演出にも妥協がないことで恐れられている

 日本映画学校(現・日本映画大学)の卒業制作『青 chong』で2000年の〈ぴあフィルムフェスティバル〉グランプリ等を独占した李 相日(り さんいる)。語るべきものを持った気鋭は、村上龍原作『69 sixty nine』(’04)で堂々メジャー監督デビューを果たし、’06年『フラガール』、’10年『悪人』で映画賞を総なめにしてきた。公開中の最新作『怒り』は、『悪人』と同じく吉田修一原作の映画化だ。「吉田さん原作の2本は、大きな意味で僕が撮ってみたいと思う流れの中にある作品。映画化の過程で、吉田さんの世界を見る目線が好きなんだと改めて思いました。社会問題が背景にありながら、決してそれが物語のための装置にならない。キャラクターにとってあるべき世界として描かれているから、逆に切実に迫ってきます。そのうえで、どこかで間違い、だからこそ正しくありたいと願う弱い人間が描かれる。今回は、それぞれが発露できない怒りを抱えていて、怒りにとらわれる者もいれば、愛情や理性によって怒りを浄化する人もいる。原作を読んだとき、目に見えない〝怒り〞の感情をどう映し出すのか、非常に難しいハードルだと感じました。でも怒りそのものを追求するより、裏側にある不安や恐れ、自分や他者を疑ってしまう心の闇を丹念に描いていくことのほうが重要だと気づいたんです」

 凶悪殺人犯が整形して逃亡するなか、東京、千葉、沖縄に現れる3人の男と、男と出会う人間たちの三様のドラマがスリリングに展開する『怒り』。3人の男のうち誰が逃亡犯なのか―。犯人捜しのサスペンスと、怒りと闇、内に向かう苦しみ、哀しみが拮抗する圧巻の群像劇は、白か黒かに割りきれない余白を観客に委ねる。

 また脚本同様、演出にも妥協がないことで恐れられる李映画。『悪人』で妻夫木聡や深津絵里から新たな顔を引き出したように、『怒り』でも渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮﨑あおい、妻夫木聡ら、ずらりと並んだトップスターたちの皮を一枚も二枚もそぎ落とし、近作では見たことのない彼らの生々しい表情をスクリーンに刻みつけている。「過去に組んだ謙さんや妻夫木くんは、この組での危険を察知する能力が高い(笑)。どうせ李がこう言うだろうからと先回りして、共演者を巻き込んで進んでいってくれます。撮影初日から完璧な空気感をまとっていた妻夫木くんだからこそ、綾野くんを“開く”ことができたんだと思う」

 映画の中でゲイのカップルを演じる妻夫木と綾野は、撮影が始まると自主的に二人暮らしを実践し、関係性をつくり上げて日々撮影に臨んだ。李の自他ともに求める高い要求が、俳優たちの闘志に火をつけるのだろう。「どんなに過酷な物語でも、映画には華が必要だと思います。観客が夢や希望を見いだす余地というか。でもそれだけでいいのか。夢としての映画と、現実を生きる僕が語りたいこととの境目で、果たして描かれる人物やその人生に忠実であるか、現場で腑に落ちるまで諦めずに闘うというか、踏みとどまることが今の自分のあり方だと思っています」

李 相日 『怒り』より
© 2016映画「怒り」製作委員会

千葉の漁港で働く父親とその娘、東京の大手企業で働くゲイの会社員、沖縄に越してきた少女と男友達の前に、それぞれ素性の知れない男が流れ着く。折しも、夫婦を惨殺後、「怒」の血文字を残して逃走中の犯人の、整形手術後の情報が公開される。果たして3人の男の中に犯人がいるのか?

「怒り」
東宝系にて全国ロードショー公開中

 

This article is a sponsored article by
''.