一作まるごと、PC画面だけの映画!?「単調で眠くなりそう…」なんて心配はご無用。新感覚の映像に引き込まれること間違いなしの注目作が、今週末公開に

BY REIKO KUBO

 昨年公開された『タンジェリン』や、デジタル配信されたスティーヴン・ソダーバーグの『アンセイン〜狂気の真実〜』など、このところ全編iPhoneで撮影された映画が次々と作られている。そんな中、『スター・トレック』シリーズのスールー役で知られる韓国系俳優ジョン・チョーが主演する『search/サーチ』は、なんと全編PC画面で展開する画期的なつくりで話題のサスペンス・スリラーだ。

画像: 監督は27歳のインド系米国人アニーシュ・チャガンティ © 2018 CTMG,INC.ALL RIGHTS RESERVED

監督は27歳のインド系米国人アニーシュ・チャガンティ
© 2018 CTMG,INC.ALL RIGHTS RESERVED

 主人公は、3年前に妻を亡くしたカリフォルニア在住のデビッド。ある日、16歳の娘マーゴットが忽然と姿を消す。家出か、誘拐かもわからないまま37時間が経過。いてもたってもいられないデビッドがマーゴットのPCにログインすると、そこには彼の知らなかった娘の姿があった。ショックを受けながらも、デヴィッドはマーゴットのInstagram 、Facebook、TwitterなどのSNSやオンラインでの銀行取引記録など、残された情報から愛娘の行方を探ろうとする。

 全編がPC映像なんて閉塞感たっぷりで単調なのでは? といった先入観は、デビットのファミリー・ストーリーを物語るオープニング早々に吹っ飛んでしまう。SNSのほか、YouTubeやSkype、監視カメラやニュース動画を駆使したダイナミックな展開に衝撃を受けるはずだ。愛娘を失う不安と恐怖を軸に、ミスリードを誘うストーリーテリングもじつに巧みでスリリング! 緊迫のドラマにハラハラしたあと、「もし自分がデビッドの立場に立たされたら、大切な命を守れるかのか!?」と考えると、いつまでもSNS音痴などとのんきなことは言っておられぬという焦りに駆られて、再び冷や汗が……。

画像: アニーシュ監督は、Google Glassで撮影した短編『Seeds』でセンセーションを巻き起こし、サンダンス映画祭観客賞を受賞した本作で劇場映画監督デビューを果たした © 2018 CTMG,INC.ALL RIGHTS RESERVED

アニーシュ監督は、Google Glassで撮影した短編『Seeds』でセンセーションを巻き起こし、サンダンス映画祭観客賞を受賞した本作で劇場映画監督デビューを果たした
© 2018 CTMG,INC.ALL RIGHTS RESERVED

 画期的な手法で衝撃作を放った新鋭は、1991年生まれ、弱冠27歳のインド系アメリカ人監督、アニーシュ・チャガンティ。23歳の時、Google Glassだけで撮影した2分半の短編映画『Seeds』がYouTubeで24時間で100万回以上再生され、ネット上で話題に。長編第1作となった本作で今年のサンダンス映画祭観客賞を受賞した注目株は、まさにSNS時代の申し子だ。

『search/サーチ』
10月26日(金)より全国公開
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.