威風堂々としたオーラをまとい、異彩を放つ女優、シガニー・ウィーバー。約半世紀にわたるそのキャリアにおいて、彼女はイメージを決めつけられることも定義されることも拒んできた。現在71歳になるが、ともすればこれまで以上に意欲的に、彼女らしく、“遊び心も携えて”、前へ突き進んでいく

BY FRANK BRUNI, PHOTOGRAPHS BY CRAIG MCDEAN, STYLED BY JASON RIDER, TRANSLATED BY JUNKO HIGASHINO

 数多の出演作のうち、シガニー・ウィーバーという女優をもっとも端的に表した作品は何だろう。奇妙な髪型をした、アンドロジナスなユニフォーム姿の彼女が宇宙を駆け巡り、凶暴な異星生物と戦う例の映画か。ゴリラと心を通わせるためにゴリラと同じ生活をした女性の伝記、それともメラニー・グリフィス扮する部下に慕われる上司の物語だろうか。刑務所に送り込まれたり、幽霊に取りつかれたりする話、あるいは、こともあろうに公共トイレでハリー・コニックJr.に絞殺されそうになるストーリーか。いや、どれも違う。

画像: シガニー・ウィーバー。2020年8月7日、ニューヨークにて撮影 コート¥365,000/セリーヌ バイ エディ・スリマン セリーヌ ジャパン TEL. 03( 5414)1401 ボウタイブラウス ¥184,000/ロロ・ピアーナ ロロ・ピアーナ ジャパン TEL. 03(5579)5182 パンツ(参考商品)/ Eftychia ssense.com

シガニー・ウィーバー。2020年8月7日、ニューヨークにて撮影

コート¥365,000/セリーヌ バイ エディ・スリマン
セリーヌ ジャパン
TEL. 03( 5414)1401
ボウタイブラウス ¥184,000/ロロ・ピアーナ
ロロ・ピアーナ ジャパン
TEL. 03(5579)5182
パンツ(参考商品)/ Eftychia
ssense.com

 何よりウィーバーの魅力を凝縮しているのは、2017年4月、深夜トーク番組「The Late Show」で彼女がスティーヴン・コルベアと演じたコントだ。舞台は、遥かかなたにある宇宙ステーションの診療室。人気コメディアンのコルベアは、ふてぶてしい受付係を演じている。そこに『エイリアン』でおなじみのユニフォーム姿のウィーバーが駆け込んでくる。

「エイリアンのしわざだわ!」
ウィーバーが叫ぶ。
「格納施設から飛びだしてきたエイリアンの寄生体が、私の体内に植えつけられたのよ」

コルベアが答える。
「ここは産婦人科じゃないんですがね」

しびれを切らしたウィーバーは説明しはじめる。
「私はエレン・リプリーよ。この30年間、たったひとりで人類を救ってきたのよ。5年か8年おきにね!」
そして再び訴える。
「じきに成長したエイリアンが、私の胸元を突き破って外へ出てくるのよ」

コルベアが平然と切り返す。
「私はランチに食べたブリトーが、体のどこから出てくるかなんて言いたくありませんが」

 コントの間じゅう、真顔を保っていたウィーバーの忍耐力は超人的だ。コルベアのテンポに引っ張られることも、観客と一緒に笑うこともなく、彼女は分身とも呼べる『エイリアン』の主人公になりきっていた。映画で見るような緊迫感と恐怖感を醸しだしていたウィーバーは、戦う女性ヒーローの原型、リプリーそのものだった。1997年公開の『エイリアン4』はいまだ完結しておらず、この安っぽいセットと間抜けな小道具で作ったショートコントがじつは『エイリアン5』なのではと、思わず見まがうほどに。

 彼女がこの番組に出たのは、新作映画のプロモーションのためではない。特別な目的があったわけでも、売名行為でもない。単にこの“風変わりなアドベンチャー”に参加したかっただけだ。これこそウィーバーの特筆すべき、素晴らしい本質だ。彼女は次から次へと型破りな挑戦をし、そのつど全力投球をする。

“全力投球”とは陳腐な表現ながら、彼女にぴったり合う言葉だ。『アバター2』(撮影は大方完了、公開は2022年12月に延期。続編も制作されている)で、ウィーバーは何度も水中撮影に挑んだ。当時、70歳も間近だったがそんなことなど問題ではない(現在は71歳である)。撮影前の準備として、彼女はフロリダ州のキーウエストとハワイにダイビングに行き、マンタを頭上に眺めながら海底に寝そべった。ベテランのミリタリーダイバーを指導するプロのコーチについて、大きな深呼吸をしたあと6分以上の息止めができるようになる訓練も受けた。ウィーバーは、こうした困難があってこそ面白いと思う。「この広い宇宙には私が想像したこともない素晴らしいものがまだまだあるんじゃないかって期待しているから。だからこれもできない、あれもできないって決めつけず、まずは試してみるの」

 同世代の女優では、メランコリーが似合うシシー・スペイセク、情熱的な役柄に長けたサリー・フィールド、名悪役のグレン・クローズなどが、ウィーバーとは違った個性を発揮している。より多分野で伝説的な役をこなす、ジェシカ・ラングやメリル・ストリープなどもいる。だが、ウィーバーほどエネルギッシュで不撓不屈のチャレンジ精神を備えた女優はほかにいないだろう。1970年代半ばにイェール大学の演劇大学院で学んだ強みと(ストリープは同級生だ)、毅然とした美しさを武器に、彼女は驚くほど多様なジャンルで圧倒的な存在感を放っている。

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.