日本における韓流ブームの立役者で韓流エンタメのスペシャリストである田代親世さんが、韓国ドラマの魅力をさまざまな角度からご紹介!

TEXT BY CHIKAYO TASHIRO

悪役の光る存在感

【1】『私の夫と結婚して』ヒロインの“夫”と“親友”の痛快な悪役ぶり

 夫と親友の裏切りの果て夫に殺された女性が、不思議なことに10年前に時間が戻り、新たな人生を歩むべく復讐と再生を図っていくドラマです。

 このドラマの面白いポイントは、過去に戻り、すでにこの先どうなるかということを知っているヒロインですが、単純にそれを避ければいいというものではなく、起こる出来事は必ず起こるので、それを誰かに転嫁しなくてはならないというところです。

画像: ヒロイン役のパク・ミョン(左)と夫役のイ・イギョン。© Studio Dragon by CJ ENM

ヒロイン役のパク・ミョン(左)と夫役のイ・イギョン。© Studio Dragon by CJ ENM

 ここで、なんて人たちなの!と視聴者すべてから憎まれるのがヒロインの夫と親友です。夫は、妻をいいようにこき使い、追い詰めて、病気になった妻を裏切って親友と不倫して、妻に掛けた保険金で金持ちになろうと画策しているようなひどいやつ。親友も長いあいだヒロインの良き友達を装いながら、裏ではヒロインを貶めることをやってきた根性悪の女性です。亡くなる前にその裏切りを知ったヒロインは、だからこそもう一度生きるチャンスを与えられたとき、自分の代わりにこの親友が夫と結婚するように計画を立て、相手がそう動くように心理を先読みしながら上手に立ち回っていくわけです。

画像: ヒロインを助ける御曹司役のナ・イヌ。© Studio Dragon by CJ ENM

ヒロインを助ける御曹司役のナ・イヌ。© Studio Dragon by CJ ENM

 韓国ドラマの悪人には、やるせない理由で悪人になっている人物も登場し、不憫に感じるケースもありますが、このドラマのようにここまでひどい人たちだと、視聴者も単純に、この人たちに天罰が下れ!と、その過程を痛快に楽しめます。

 で、つらい目にあって復讐するヒロインのそばには必ず王子が登場するのが韓国ドラマ。本作でも、ナ・イヌ演じるとっても素敵な御曹司がいつもヒロインを助けて復讐のサポートをするのが胸キュンポイントです。

■Prime Videoで独占配信中

【2】『夜を歩く士<ソンビ>』魔性の美しさで目を引く悪の存在

 美しきヴァンパイアたちが主人公のファンタジー・ロマンス時代劇。宮廷に君臨し、歴代の王をも意のままに操ってきたヴァンパイアと、望まざるうちに自らもヴァンパイアになってしまった男が王世孫(ワン セソン=孫の世継ぎ)と共に闘っていくドラマです。

 “架空の”朝鮮時代を背景に、世子の右腕として仕えていた男が、ヴァンパイアを倒せという使命を託され自分もヴァンパイアとなり、120年間生きる中で、男装しているヒロインに出会って惹かれ合っていきます。ドラマの前半はこの二人のキュンとくる様子が描かれファンタジー・ロマンスの雰囲気が強いですが、その後は悪のヴァンパイアを葬ることのできる秘策が記されている書物の中身が徐々に解き明かされて、王 世孫とタッグを組んだ戦いになっていく展開です。

画像: 主人公キム・ソンヨル役のイ・ジュンギ(右)と親友チョンヒョン世子役のイ・ヒョヌ(左)。©2015 MBC

主人公キム・ソンヨル役のイ・ジュンギ(右)と親友チョンヒョン世子役のイ・ヒョヌ(左)。©2015 MBC

 主人公を演じるイ・ジュンギが、流し目のような眼差し全開で、色っぽく艶っぽいんですが、このドラマにおける悪の存在がまた美しく妖しいのです。イ・スヒョク演じる宮廷を200年もの間牛耳ってきたヴァンパイア。この世のものとは思えない魅惑的な存在感。ちょっとくぐもった低い声も妖しさをかきたてていて、まさに魔性の美。イ・スヒョクは、モデル出身ということもあってか、どこかアンドロイドっぽくて、あまり人間味を感じさせない雰囲気がまさにこの役にぴったり。夜の帝王のカリスマ性が光っていて、彼の本来もっているであろうSっぽさが全開で、「その魔性の美しさに魅入られてください」という感じです。とても残酷な悪の存在なのに、これだけ魅力的だと毎回登場するのが楽しみで、憎み切れませんでした。

■U-NEXT配信中

【3】『リメンバー~記憶の彼方へ~』歴代最強⁉ 強権をふるう危険な御曹司

『リメンバー~記憶の彼方へ~』は、父の冤罪を晴らすため、史上最年少弁護士となる青年の戦いを描いたヒューマン・サスペンスドラマです。

 幼いころ母親と兄を事故で亡くし、父一人子一人でつつましく暮らしていた高校生。ところがある日、父親が殺人犯に仕立て上げられてしまいます。事件の背後には財閥の御曹司が絡んでいて、その権力のせいで、頼れると思った大人たちに次々に裏切られ世間の汚さを知った少年は、見たもの聞いたものをすべて記憶できるという特殊能力を生かして、自分が弁護士となって父親を救う孤独な戦いを始めるのでした。

画像: 主人公ジヌ役のユ・スンホ。©SBS

主人公ジヌ役のユ・スンホ。©SBS

 俳優ユ・スンホが、やさしい少年からクールな弁護士青年となって、寂しげな眼差し、愁いのある表情、涼しげなたたずまいを伴って、悔しさを秘めながら父のために闘う男を演じていく姿がなんとも魅力的です。またパク・ミニョンが、そんな彼に協力し、心の支えとなっていくしっかり者の女検事を演じていますが、そんな彼らの前に立ちはだかるのが、ナムグン・ミン演じる、歴代最強ともいえるキレキレの危険な御曹司です。父である財閥会長の前ではおどおどしているのに、強権力のもと、黒を強引に白にしてしまったり、気に入らないやつをとことん落としたりとやり口が恐ろしい。とにかく、もうサイコパスチックな目にゾッとさせられます。ナムグン・ミンは、今でこそ主人公俳優ですが、その前はクセの強い役が多かったのです。が、このドラマでは、そこからさらに振り切った演技を見せて強烈な印象を残しています。

画像: 御曹司ギュマン役のナムグン・ミン(左)と検事イ・イナ役のパク・ミニョン(右)。©SBS

御曹司ギュマン役のナムグン・ミン(左)と検事イ・イナ役のパク・ミニョン(右)。©SBS

 このドラマを見ると、韓国の財閥権力ってすごすぎる~と言いたくなる社会の不条理や人間関係の複雑な変化が描かれていきます。悪人たちを追い詰めていく過程の二転三転が非常に面白い法廷サスペンスになっています。

■アジアPremium、ひかりTV、FOD、Lemino、みるアジアで配信中

豪華スターの共演が魅力!

【1】『もうすぐ死にます』今が旬のトップスターたちが総出演!

 韓国では、今見れば豪華なキャストだったよねというドラマは結構ありますが、『もうすぐ死にます』は、まさに今が旬の俳優たちが豪華出演しているのがすごいのです。

画像: 主人公チェ・イジェ役のソ・イングク。© 2023 TVING

主人公チェ・イジェ役のソ・イングク。© 2023 TVING

 ソ・イングク演じる主人公が、やることなすことうまくいかず、人生を悲観して自死してしまうのですが、死神の怒りを買って、簡単には死ねない罰を受けてしまいます。12回死ななければならず、そのために12人の人生を生きることを課せられるのです。毎回違う人生なので、生まれ変わるたびに俳優さんが変わるわけで、それらを演じているのがSUPER JUNIORのチェ・シウォン、『完璧な結婚のお手本』『じれったいロマンス』のソンフン、『還魂』のイ・ジェウク、『ザ・グローリー』のイ・ドヒョン、『還魂』『ムービング』のコ・ユンジョン、『模範刑事』のチャン・スンジョ、『彼女の私生活』『クレイジーラブ』のキム・ジェウク、『サイコだけど大丈夫』『ストーブリーグ』などのオ・ジョンセという豪華な面々です。そして、その全員にかかわってくる悪縁の男が『その恋、断固お断りします』『悪の花』のキム・ジフンと、これまた豪華。え、これっぽっちの出演なの?という人もいれば、がっつりまるっと一話分出演する人もいて、死が題材になっているドラマではありますが、多くのスターがこんな出方をするんだ~と、見る楽しみが膨らみます。

画像: チョ・テサン役を演じる、実力派俳優イ・ジェウク。© 2023 TVING

チョ・テサン役を演じる、実力派俳優イ・ジェウク。© 2023 TVING

 内容は、そもそもの主人公であるソ・イングク演じる人物の魂が、生き変わるごとにほかの体に入るのですが、どの人生の記憶も覚えているので、その記憶を次の人生で生かしていきます。最初はつながりがなさそうだった人物たちには実は関係があって、それぞれのパートで散りばめられていた伏線が最後にはきれいに結びついていくのがお見事。終盤では、なんと、その人物に生まれ変わるのか!という驚きもあり、そこで生きることへのメッセージが滾々と胸にしみいり、自死は決してしてはならないという強い思いに至るのです。入り口と出口では随分と鑑賞イメージが変わる作品です。

■Prime Videoで独占配信中

【2】『相続者たち』今や主役級のキラキラ若手俳優が大挙出演

 これは、韓国ドラマによく見られる「財閥の御曹司と貧しい庶民の娘の恋」を新たな視点から描いた、みずみずしい青春ラブストーリーです。 御曹司たちが集まる高校に貧乏なヒロインが入学するという設定は『花より男子』に似ていますが、この作品では、様々な業界のトップに立つ親を持つ“相続者たち” の側にも立って、「“王冠”を親から引き継ぐためにはそれなりの犠牲を覚悟しなくてはならない」という、相続者もそれぞれ辛いのだという青春を描いているのが新しいところです。

画像: ヒロインのパク・シネ(左)と主人公のイ・ミンホ(右)。©SBS

ヒロインのパク・シネ(左)と主人公のイ・ミンホ(右)。©SBS

 ストーリー展開としては、御曹司と庶民の娘が出会って惹かれ合い、身分が違うために大反対され、ライバルも現れ……と、非常にオーソドックスなのですが、そのありきたりともいえる設定を、面白くセンスよく見せるのが、『トッケビ』『シークレット・ガーデン』『太陽の末裔』などのヒット作を次々と生み出すロマンチック・ラブストーリーの名手、キム・ウンスク脚本家の力。セリフやキャラクターの作り方がうまく、このドラマでも話題となった決めゼリフが誕生しています。そして、とにかくキラキラした若手俳優たちが大挙出演しているのが大きな魅力。今では主役を張るパク・ヒョンシク、カン・ハヌル、キム・ジウォン、クリスタル、カン・ミニョクらが脇を固めているという豪華さ。

画像: 主人公のイ・ミンホ。©SBS

主人公のイ・ミンホ。©SBS

 特に、主人公のイ・ミンホは、異母兄弟の前で捨てられた子犬のような表情を見せたかと思うと、好きな人を見つめる時は瞳が微熱を帯びたようで、切なげで不憫でなりません。そんなイ・ミンホとライバルになるキム・ウビンの屈折した感じがまたいいのです。いばりんぼうのいじめっ子で、ヒロインにちょっかい出しているうちに好きになり、でも、言い出せない。“小学生”と呼ばれるくらいガキで乱暴者だけどすごく繊細で、その切ない男心にぐっときます。ここに兄役のチェ・ジニョクが登場すると、3人とも長身で小顔で手足が長いので、そんな3人の造形美に惚れ惚れしてしまいます。18歳の主人公たちが、大人になるということの厳しさを感じながらも前進していこうとする姿に清々しさを感じるドラマです。

■Prime Videoチャンネル「アジアPremium」で配信中

【3】『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~ 』8人の皇子は今をときめく俳優ばかり

 このドラマは、現代にいた女性がひょんなはずみで高麗時代にタイムスリップして、王位争いを繰り広げる8人の皇子たちと関わっていくことになるファンタジーロマンス時代劇です。

画像: ヒロイン役のIU(イ・ジウン)と第8皇子を演じるカン・ハヌル。©2016 Universal Studios, Barami bunda. Inc., and YG Entertainment Inc.

ヒロイン役のIU(イ・ジウン)と第8皇子を演じるカン・ハヌル。©2016 Universal Studios, Barami bunda. Inc., and YG Entertainment Inc.

 ヒロインは初めは義理の兄の第8皇子に惹かれてゆくのですが、のちに歴史上「血の君主」と呼ばれる光宗が第4皇子のことだとわかり、恐れを抱きながらも愛してしまう──という波乱の展開になっていきます。
 美男大国韓国だけあって皇子たちがみんな麗しい花美男なのがたまりません。権力への欲望を隠さない狡猾な第3皇子を演じるホン・ジョンヒョン。お茶目でかわいい第10皇子のEXOのベクヒョン。芸事を愛する風雅な13皇子のナム・ジュヒョク。武骨だけど温かい情のある頼もしき弟的キャラクターの14皇子を演じたジス。そんな若手のイケメン花盛りの中にあって、やはり主人公、第4皇子を演じるイ・ジュンギと、恋でも政治でもライバルとなる第8皇子を演じるカン・ハヌルが光っています。

画像: 第4皇子を演じるイ・ジュンギ。©2016 Universal Studios, Barami bunda. Inc., and YG Entertainment Inc.

第4皇子を演じるイ・ジュンギ。©2016 Universal Studios, Barami bunda. Inc., and YG Entertainment Inc.

 中でもイ・ジュンギは孤高な感じがハンパありません。顔に傷があるがゆえに疎まれ、親の愛も受けられず、狼王子と呼ばれてしまうほどとげとげしく生きていた男。クールを装いながらも心は激しく傷ついていて、この悲壮感、孤独感、切実感がすごく良くて乙女心をかっさらいます。
 カン・ハヌル演じる第8皇子のほうは柔らかく紳士的な優しい男としてヒロインと愛を交わしていくのですが、穏やかな顔の内には研いだ爪を隠しているような部分もあって、そこがまた魅力です。
ミーハー的に、皇子たちの麗しさにキュンキュンしながらも、兄弟間で繰り広げられる血みどろの権力争いがもの悲しく胸に迫ります。 
 現代育ちのヒロインが熾烈な王座争いを目の当たりにして神経をすり減らし、それでも愛する男に寄り添おうとするのですが、男の想い方と女の想い方がすれ違ってしまう哀しさや、歴史を知っていたがゆえに起きてしまう悲劇など、全体にもののあわれを感じさせる余韻の残るドラマになっています。

■U-NEXT配信中

恋の相手は人じゃない⁉

【1】『マイ・デーモン』本当の悪魔と悪魔のような女性の恋

 このドラマはなんと悪魔が主人公。ある理由から、人間の欲望を叶える代わりに10年後、その人物の命を奪うという取リ引きを繰り返しながら200年以上生きています。一方、両親を亡くすも、両親のビジネスパートナーだった財閥会長に溺愛され、若くして女性経営者になっているヒロイン。彼女は見た目はかわいいけれど、エルメスを着た悪魔と異名をとるほど、恐れられている存在です。そんな悪魔のような女性と本当の悪魔が繰り広げていくファンタジーラブストーリー。悪魔が出てくるとなると一見不気味ですが、ラブコメの王道設定がいくつも出てくる見目麗しい作品になっています。

画像: 悪魔だが200年以上に渡り、名前を変えながら生きているチョン・グウォン役のソン・ガン。Netflixシリーズ「マイ・デーモン」独占配信中

悪魔だが200年以上に渡り、名前を変えながら生きているチョン・グウォン役のソン・ガン。Netflixシリーズ「マイ・デーモン」独占配信中

 ある出来事がきっかけで悪魔の能力の源となるタトゥーがヒロインの手首に移ってしまい、能力が失われてしまったことから、とにかくヒロインの手首をつかんで充電が必要となり、だからこそ財閥家の相続問題で命を狙われている彼女を守るためにボディーガードをする羽目になり、さらには契約結婚にまで至っていきます。

画像: ヒロインのト・ドヒ役のキム・ユジョン。Netflixシリーズ「マイ・デーモン」独占配信中

ヒロインのト・ドヒ役のキム・ユジョン。Netflixシリーズ「マイ・デーモン」独占配信中

 『トッケビ』へのオマージュなのか、『トッケビ』を思わせるシーンがあちこちに出てくるのですが、なんといっても悪魔を演じるソン・ガンの人間離れした超絶な美しさやスタイルの良さと、ヒロイン役のキム・ユジョンの硬質な愛らしさというビジュアルの魅力がこのドラマの真骨頂。二人の丁々発止のやり取りがテンポが良くて愉快だし、背景が財閥と財団なのでゴージャスだし、ファンタジードラマにふさわしくキラッキラな画面演出で、とにかく目の保養になります。そんな風に楽しく見ていくと、朝鮮時代に端を発する二人の悲しい因縁がわかってきて、そこから切ない展開になるのが韓国ドラマチックですね。美男美女の現代劇と時代劇のそれぞれの美しさが堪能できるドラマです。

■Netflixシリーズ「マイ・デーモン」独占配信中

【2】『星から来たあなた』異星人とトップ女優の極上のおとぎ話

 こちらは宇宙からやってきた異星人がトップ女優と繰り広げていくロマンチック・ラブコメディーです。朝鮮王朝実録に書かれていた400年前の未確認飛行物体に関する記述を基に脚本家がイメージを膨らませて書いたお話。異色の題材でありながら、荒唐無稽と思うまもなく、すっとドラマの世界に引きこまれてしまう、極上のおとぎ話です。

画像: 異星人のト・ミンジュン役のキム・スヒョン(左)とトップ女優チョン・ソンイ役のチョン・ジヒョン(右)。© HB ENTERTAINMENT

異星人のト・ミンジュン役のキム・スヒョン(左)とトップ女優チョン・ソンイ役のチョン・ジヒョン(右)。© HB ENTERTAINMENT

 元いた星に帰る日を3ヶ月後に控えた期間限定の恋愛がどうなっていくのか、という、切なさを伴った、胸キュンの笑えるラブコメディですが、そこにサイコな殺人者が絡んでくることによって、サスペンスの緊張感も加わります。宇宙人らしくスーパーな能力を持つ男が、その能力でヒロインを守っていくところも女子目線としては魅力です。宇宙人を演じるキム・スヒョンは、400年生きてきて、達観して浮世離れした感じが、まるで高尚な両班のよう。目元のアップが何度も出てきて、かすかな眼差しの変化で微妙な心情を表現。ヒロインに向けるちょっとあきれた顔や彼女が気になってしかたがない顔など、普段は無機質な彼の見せる、ふとした表情の変化に持っていかれます。

画像: © HB ENTERTAINMENT

© HB ENTERTAINMENT

 そして、チョン・ジヒョン演じるヒロインが、子役時代から人気者という設定で、傍若無人で、言いたい放題の、少々はすっぱな女性なんですが、本当にかわいい!コメディエンヌぶりを存分に発揮していて、恋に落ちずにはいられないキュートさを見せています。壊れた姿もすごく笑えますし、クルクルと動く表情を見ているだけで幸せで、女性でもそのキュートさにメロメロになってしまいます。
 とにかく、主人公ふたりのやりとりを見ているだけで眼福で、顔がニマニマしてしまいます!ドラマを見ているあいだじゅう、夢を見せてくれて、終わった後もしばらく、ふんわりと包み込まれたような幸せな後味が残ります。

■U-NEXT配信中

【3】『キミはロボット』人口知能ロボットと人間の女性の愛

 こちらは人工知能ロボットが主人公で、ロボットと人間の女性との愛を描いたファンタジー・ラブストーリーです。ロボット研究の博士が引き離された幼い息子恋しさに作り上げた、息子そっくりの人工知能ロボット。息子の成長に合わせるように改良を重ねて、どこから見ても人間そっくりの青年ロボットなんです。そんな時、本当の息子が事故に会い重傷を負ってしまうので、御曹司である息子の居場所を維持するために、母親と息子の側近は一致団結して、ロボットを息子の代わりに会社に送り込むことに。そこに息子のボディーガードをしていた女性が絡んでくるのです。最初は傍若無人な息子を嫌っていたボディーガードの女性が、ロボット相手に心を痛め、どんどん惹かれていくのですが、果たしてこの恋はどうなってしまうのかというのが大きな見所です。

画像: 財閥三世の主人公ナム・シン役とロボット役の二役を演じるソ・ガンジュン(左)とヒロインのカン・ソボン役コン・スンヨン。Licensed by KBS Media Ltd. ©2018 KBS. All rights reserved

財閥三世の主人公ナム・シン役とロボット役の二役を演じるソ・ガンジュン(左)とヒロインのカン・ソボン役コン・スンヨン。Licensed by KBS Media Ltd. ©2018 KBS. All rights reserved

 このドラマはソ・ガンジュンが、ひねくれて育ってしまった人間の息子と素直で純真なロボットの一人二役を演じているのですが、このロボットがとっても魅力的。人間が泣いていたら抱きしめるのが原則で、手を握れば嘘を見抜けて、災害時には災害モードが働いてスーパーマンのように助けてしまう。優しくてかっこよくて無邪気で可愛くて。それでいて人間の身代わりだということを知っているからどこか不憫なんですね。さわやかで邪気のない、口角をきゅっと上げた微笑みはあどけなくて、とっても愛おしく思えます。またソ・ガンジュンのロボット演技が素晴らしくて、人間そっくりなんだけど、細かいところでもうロボットにしか見えません。

画像: Licensed by KBS Media Ltd. ©2018 KBS. All rights reserved

Licensed by KBS Media Ltd. ©2018 KBS. All rights reserved

 一方人間の息子は母親の愛を知らずに育っているので生意気で傲慢で屈折していますので、この本物の息子が目覚めてから事体は複雑になっていきます。自分そっくりのロボットが自分よりも優秀で人々から愛されていたらどうなるのか?その複雑な感情から、まるで善と悪の対決のようになっていくので、そんな二役演技をお楽しみください。

■U-NEXT配信中

“音楽”が奏でる物語

【1】『マエストラ』天才女性指揮者が抱える秘密とは……

 世界にたったの5%しかいないとされる女性指揮者が主人公のドラマです。
 このヒロイン、世界で活躍してきて20 年ぶりに母国の韓国に戻り、ちょっと落ちぶれているオーケストラの指揮者に就任するところから始まります。有名人だし、天才なのでカリスマがあふれていて態度も大きいというか性格もきつくて、強烈です。

画像: ヒロインの指揮者チャ・セウム役のイ・ヨンエ。© 2024 STUDIO DRAGON CORPORATION & CJ ENM Co., Ltd. All Rights Reserved.

ヒロインの指揮者チャ・セウム役のイ・ヨンエ。© 2024 STUDIO DRAGON CORPORATION & CJ ENM Co., Ltd. All Rights Reserved.

 しょっぱなから、コンサートマスターを変えたり大胆な提案をするので楽団員たちは文句たらたら。でも一回演奏を指揮しただけで音の外れ方とか細かいところまで指摘して団員達を黙らせるずば抜けた能力を持っています。ここまでの流れは『ベートーベン・ウィルス ~愛と情熱のシンフォニー』や『ストーブリーグ』的な、落ちこぼれ集団にエッジのきいた存在が入ってきて紆余曲折を経ながら立て直していくドラマかなと思わせるのですが、この作品はそういうヒューマンドラマではないんですね。主人公には抱えている秘密があって、そこに関するミステリーや、夫や昔の恋人との愛憎などが複雑に絡み合い、さらに楽団員の殺人事件なども入ってきて、このドラマはどの方向に向かうんだろうと目が離せなくなります。

画像: ヒロインの元恋人で投資家ユ・ジョンジェ役のイ・ムセン。© 2024 STUDIO DRAGON CORPORATION & CJ ENM Co., Ltd. All Rights Reserved.

ヒロインの元恋人で投資家ユ・ジョンジェ役のイ・ムセン。© 2024 STUDIO DRAGON CORPORATION & CJ ENM Co., Ltd. All Rights Reserved.

 その中で、ヒロインが若いころに出会った元恋人で投資会社代表の自由気ままに生きている男が、ヒロインに向ける屈折した愛情がツボです。彼女を意のままにしたくてオーケストラまで買い取ってしまったり、彼女を離婚させようとしたり、飄々とした顔でネチネチと彼女に執着していくんですが、その一途さがいい。なんだかんだ言ってヒロインへの純情を貫き通している姿にホロリときます。

■ディズニープラス スターにて全話独占配信中

【2】『密会』20歳のピアノ青年と年上女性の情愛

 40代の女性と20歳の天才ピアニストの愛を描いた、情感あふれるラブストーリーです。ヒロインは、芸術財団の企画室長として、財団のオーナー一族のお世話をしたり、不正の手伝いにも手を染めたりしながら、したたかに優雅に暮らしています。彼女の周りはみんな高尚ぶっているけれど、仮面の下では出世欲、おべっか、嫉妬、不正と汚いものが渦巻いています。そんな世界で生きてきたヒロインが、ある日、純粋で、きらめくピアノの才能を持つ青年に出会ってしまうんですね。20歳も年が離れているのに、一緒にピアノの連弾をした時から感性が触れあい、魂が共鳴しあっていくのです。

画像: 芸術財団の企画室長オ・ヘウォン役のキム・ヒエ(右)とピアノの才能を持つ青年イ・ソンジェ役のユ・アイン(右)。©JTBC co.,Ltd all rights reserved 原案 東京タワー ⓒKaori Ekuni

芸術財団の企画室長オ・ヘウォン役のキム・ヒエ(右)とピアノの才能を持つ青年イ・ソンジェ役のユ・アイン(右)。©JTBC co.,Ltd all rights reserved 原案 東京タワー ⓒKaori Ekuni

 一見すると、堂々たる女神と野性味のある子犬のようなカップルなのですが、年下男子が何も恐れずにまっすぐにヒロインに向かっていく切実な姿が、ズシンと胸に響きます。ヒロインも、そんな彼を最初は毅然と制しているものの、感性豊かな年下男の熱い気持ちに理性がどんどん崩され、彼女の生き方そのものまでもが大きく揺さぶられていきます。

画像: ©JTBC co.,Ltd all rights reserved 原案 東京タワー ⓒKaori Ekuni

©JTBC co.,Ltd all rights reserved 原案 東京タワー ⓒKaori Ekuni

 そして音楽が大きなポイント。ドラマで終始流れるクラシカルなピアノの調べが官能の響きとなってふたりを激しい恋に導いていきますが、ピアノを連弾するシーンはそのへんのベッドシーンよりも官能的で、見ていて照れてしまうほど。上流階級の表の優雅さと、その裏側に内在しているドロドロとした醜さと、純粋な愛という3つの局面をこっそりと覗き見しているような、人物たちの秘め事を見ている気分にさせられます。
 肌にまとわりつくような独特な質感を持っているドラマで、そのなんとも言えない雰囲気に絡み取られるように引きこまれるでしょう。不思議な余韻に満ちたドラマです。

■U-NEXTにて配信中

【3】『ブラームスは好きですか?』天才ピアニストと学生バイオリニストの青春

 音楽大学を舞台にした、孤高の天才ピアニストとバイオリン専攻の女子学生が繰り広げる青春ラブストーリーです。
 タイトルのブラームスは、ブラームスが、恩師であるシューマンの妻クララを愛していたという三角関係をモチーフにしているところから来ています。

画像: 天才ピアニスト、パク・ジュニョン役のキム・ミンジェ。©SBS

天才ピアニスト、パク・ジュニョン役のキム・ミンジェ。©SBS

 このドラマのヒロインは、バイオリンの魅力に遅まきながら気が付いて、4回のチャレンジの末、26歳でようやく音大に入学したという女性。一方の、ピアノの天才として知られる青年はピアノを弾いていてもちっとも幸せを感じなくなっている孤独な心の持ち主です。音楽の才能という点で対照的なふたりは、それぞれに片思いの相手がいながら、一緒に時間を過ごすうちに少しづつ心を通わせていくようになります。

画像: ヒロインのヴァイオリニスト、チェ・ソンア役のパク・ウンビン(右)とキム・ミンジェ(左)。©SBS

ヒロインのヴァイオリニスト、チェ・ソンア役のパク・ウンビン(右)とキム・ミンジェ(左)。©SBS

 天才ピアニストを演じるキム・ミンジェの端正な顔立ちが孤高の芸術家の雰囲気にぴったりでとっても素敵。パク・ウンビン扮する女子学生との、距離感を保ちながらのふたりのやり取りがこそばゆいくらいですが、微笑ましくて、このふたりの丁寧な気持ちの通い合いがとってもいいんです。でも想いが高まるにつれ、抑えきれない想いがあふれてきて激情に駆られる場面もあって、お似合いのふたりのしっとりした恋のはぐくみにじんわり来ます。いくら好きなことでも自分の才能とどう折り合いをつけるのか、美しいメロディーを背景に、若き音楽家たちが才能と残酷な現実のはざまで傷ついていく姿や、音楽の世界に生きる者同士の繊細で情感あふれた気持ちの紡ぎあいが見どころのドラマです。

■Amazon Prime Videoにて配信中

田代親世 韓流ナビゲーター 
韓流解説、韓流イベント司会の第一人者。公式サイト「田代親世の韓国エンタメナビゲート」やYoutube「ちかちゃんねる☆韓流本舗」「韓ドラ・マスター親世と尚子の感想語り」などで韓流情報を発信しているほか、会員制のコミュニティ【韓流ライフナビ】を主宰。ツアーやイベントを企画・開催している。


韓流ナビゲーター・田代親世の記事一覧へ

▼あわせて読みたいおすすめ記事

T JAPAN LINE@友だち募集中!
おすすめ情報をお届け

友だち追加
 

LATEST

This article is a sponsored article by
''.