春夏メンズ・コレクションの中核となるパリ・メンズ・コレクションが閉幕。そのハイライトをアレクサンダー・フューリーが総括する

BY ALEXANDER FURY, TRANSLATED BY CHIHARU ITAGAKI

LANVIN(ランバン)

画像29: 2018年春夏
パリ・メンズ・コレクションの
ハイライト

「超細分化する現代社会」ーー この、ファッションデザイナーのインスピレーション源らしからぬキーワードが、ランバンのメンズウェア部門アーティスティック・ディレクターであるルカ・オッセンドライバーが掲げた、今回のショーのテーマだ。「カジュアル・フライデー」スタイルやアスレジャースタイル、そして時代によって流行したり廃れたりするクラシックなテーラードスーツまで、このコレクションは、まるでメンズウェア界の異文化交流のよう。写真左のバイカラーカーディガンは、「2つのものの共存」というテーマが如実に表れた例といえるだろう。

画像30: 2018年春夏
パリ・メンズ・コレクションの
ハイライト

 ひとりの男性のワードローブの、異なる要素が融合し、ときに混在する。写真は、スポーティなムードのニットトップスとトラウザーパンツの組み合わせ。バックパックのストラップには、クラシックなトレンチコートがぶら下がっているかのようなあしらいが。

画像31: 2018年春夏
パリ・メンズ・コレクションの
ハイライト

 写真のレザーバッグは、まるで作業員の持つ昔ながらのツールボックスのようなデザインに、ランバンの「L」が。

画像5: PHOTOGRAPHS BY MOLLY SJ LOWE

PHOTOGRAPHS BY MOLLY SJ LOWE

 ミックス感とミスマッチ感は、メンズウェアにおいてはごく一般的なテーマだが、ルカは誰よりもそれを意識的に提唱してきたと言える。11年前にランバンを手がけ始めたばかりの頃から、フォーマルなスーツスタイルにスニーカーを合わせるスタイリングを提案していたのだから。以来、そのスタイリングはブランドを代表するものとなっただけでなく、ひとつのスタイルそのものとなった。ルカは言う、「最初にスーツとスニーカーを合わせたときはかなり衝撃的だったけれど、今ではもっと受け入れられる、好意的に迎えられるスタイルになった」。そう、そしてさらに言うなら、時代の求めるスタイルになったのだ。

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.